ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

呂布の身長はどれくらい??三国志の豪傑たちと比較してみた

呂布


赤兎馬にまたがる呂布

 

呂布は愛馬・赤兎にまたがって戦場を疾駆し、三国志演義では劉備関羽張飛の三人と一騎打ちを行い、三国志最強の武勇を誇った豪傑です。

 

呂布のラストウォー 呂布

 

武勇に優れた呂布(りょふ)の身長はどれくらいあったのでしょうか。今回は呂布の身長について紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「呂布 身長」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【呂布の娘】呂玲綺は貂蝉の娘なの?

関連記事:方天画戟とはどんな武器?呂布が使ったものは12キロもあった!

 


 

正史三国志を調べてみると・・・・

陳寿(晋)

 

陳寿(ちんじゅ)が書いた正史三国志から呂布の身長を調べてみたいと思います。正史三国志呂布伝は呂布の出身地が并州(へいしゅう
)
の五原郡九原県出身だったこと。

 

晋蜀の産まれ 陳寿

 

また呂布が弓術と馬術が巧く、膂力に優れた人物であり、「飛将」と呼ばれていた事などが記載してありますが、彼の身長などについて記載されていませんでした。

 


 

三国志演義の呂布は高身長!?

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

正史三国志では呂布の身長は不明でした。では三国志演義ならば呂布の身長が記載されているかもしれないので、調べてみました。すると呂布の身長が判明。呂布の身長はなんと一丈もあるそうです。一丈を現在の単位に直すと大体・24.2cmほどです。と言う事は呂布の身長は2m42cm以上ある長身の武将でした。

 

ついでに三国志演義の関羽(かんう)の身長は約・9尺で現代の単位に直すと2m17cmらい。あの長ーい髭を蓄え、青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう
)
を持っている関羽を想像するとちょっと小さいような気がしませんか。

 

関羽の青銅像

 

また関羽の義弟・張飛(ちょうひ)は8尺で大体1m93cmでした。このように各武将の身長を見ると呂布の身長が結構高かったことがお分かりになると思います。さてここからはおまけ編です。

 

ぜひご覧ください!!

 


 

「おまけ編」赤兎の子孫は今もいる!?

呂布

 

「人中の呂布」と称えられていた三国志最強の武将・呂布。呂布は愛馬・赤兎(せきとば)に乗って戦場を縦横無尽に駆け巡り、活躍していましたが、呂布の愛馬・赤兎の子孫と呼ばれる馬が現存しているのを知っていますか。

 

アハルテケ

 

その馬の名前はアハルテケ。アハルテケと赤兎。名前が違う馬同士ですが、どこが赤兎の子孫なのでしょうか。


  

 

赤兎と同じくらい持久力もつアハルテケ

 

赤兎馬は一日に千里を走る名馬として知られています。千里を現在の距離に換算すると大体・3900キロで、赤兎馬がチョー持久力のある馬でした。アハルテケも赤兎と同じくらい持久力があり、この点が赤兎の子孫だと言われている理由の一つです。

 

アハルテケはどのくらい持久力があったかを示すエピソードが残っていますので紹介しましょう。アハルテケはトルクメン人の騎手団がアシガバートからモスクワまでアハルテケに乗って2500マイル(4000キロ)を84日で走破。

 

このようにアハルテケは赤兎と同じように長距離を移動できる持久力を持っている事から、赤兎に近い馬だと言われているそうです。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

アハルテケは赤兎の子孫だと上記で紹介しましたが、もう一つ赤兎の子孫である理由があるので、最後に紹介したいと思います。

 

アハルテケの原産国はトルクメニスタンと言われる中央アジアにある国です。この国は古代パルティアと呼ばれる国の領土になっていました。このパルティアはシルクロード上に領土があり、各国と交易を行い、力を蓄えていたそうです。

 

赤兎馬を可愛がる董卓

 

そのためもしかしたら赤兎は古代パルティアから輸出され、シルクロードを通って中国へ輸入されたのかもしれません。その後赤兎は後漢王朝の皇帝の手に渡り、洛陽(らくよう)を制圧した董卓が赤兎を入手。

 

三国志ライター黒田レン

 

そして董卓と親子の契りをした呂布の手に渡ったと考えるとロマンがあっていいなと思うのですが、皆様はどのように思いますか。今月の中旬頃から「はじめての三国志」の記事にコメント欄ができるそうです。

 

もしよかったらレンの記事にコメントを下さい。

 

 

■参考文献 正史三国志魏書 呂布伝など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布の凄さをいろんな角度から考察!彼が「やらかした」その時歴史が動いた!

関連記事:呂布はどんな人柄をしていたの?実は臆病で優柔不断な将軍だった?

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 魏の曹操孟徳 【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた
  2. 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法…
  3. 関羽に惚れる曹操 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?
  4. 木牛流馬 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?
  5. 徐庶 徐庶は正史三国志ではヒーローだった?剣術に長けていた軍師を徹底紹…
  6. 于吉と張角 太平道だけじゃない!『三国志』の時代に人々の心を支えた思想や宗教…
  7. 曹植 曹植も詠んだ詠史詩の魅力とは?
  8. 袁術と曹操と黄巾賊 三国志はなぜ日本で人気なの?中国人も驚く日本国民のヒーロー論に迫…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 袁紹と曹操
  3. 劉備 呂布 肉取り合い
  4. 担がれる劉邦
  5. スーパーDr華佗
  6. 悪い顔をしている諸葛亮孔明

おすすめ記事

  1. 史実の嬴政(秦始皇帝)は漫画と違い大量虐殺を行った暴君だった 嬴政(始皇帝)
  2. kawauso編集長のぼやきVol.20「風雲児たち」
  3. アドバイザー賈詡の張繍育成日記 賈詡
  4. 陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】

三國志雑学

  1. 北伐する孔明
  2. ゾンビ化した孟獲


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 光武帝を解説する荀彧
  2. 旅馬 三国志
  3. 車に乗る諸葛亮
  4. 病気になった兵士
  5. ツンデレ曹丕
  6. 楊儀

おすすめ記事

【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモノだった!? 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮 孫亮は皇帝になっても何にもできなかったってホント? 三国志ライター黒田レン 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ 城 銅雀台 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの? 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった! 命がけで筋を通す義理に熱い朱拠 キングダム最新615話ネタバレ「本陣の危機」レビュー考察 井伊直弼には家紋が二つあるのはどうして? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その1

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP