魏延
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

赤壁の戦いの勝敗は?曹操軍24万 VS 連合軍4万について考察

赤壁の戦い




赤壁の戦い

 

三国志のメインディッシュともいわれる赤壁の戦い(せきへきのたたかい)。長江流域の赤壁は現在もその面影を残し、三国志ファンが国内外から訪れる名所となっています。

 

曹操

 

では、赤壁の戦い曹操(そうそう)軍と連合軍のどちらに勝利の女神がほほ笑んだのでしょうか。南下してきた曹操軍と劉備(りゅうび)との対立から見ていきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
赤壁の戦い 勝敗」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【赤壁の戦いの結末】劉備・曹操・孫権はどんな事があったの?

関連記事:赤壁の戦いの時の風土病は乱世では当たり前だった?

 

 

肥大化する北の曹操

怒る曹操

 

「隴を得て蜀を望む」とは曹操の言葉。ついに曹操は劉表(りゅうひょう)の守る「荊州(けいしゅう)」の地へと踏み込みます。中国で華北といわれる淮河より北側を治めた曹操、華南の地へと進出してきます。

 

 

荊州は、その淮河より南にある長江流域の町。そこに住む人々から見れば、曹操軍は異民族同然でした。

 

曹操に降伏する劉琮

 

しかし、荊州牧(市長クラス)の劉表が天に召されると後を継いだ三男・劉琮(りゅうそう)は曹操軍に白旗を上げます。さらに曹操軍は地元「荊州水軍」も吸収合併します。まさに三国時代のM&A。虎に翼です。

 

 

逃げる劉備

劉表死す

 

親戚筋の劉表が亡くなり、頼る人物がいなくなった劉備。しかし、荊州の民は劉備を見捨てませんでした。我らが荊州を北の曹操軍などに取られてたまるかと一念発起。

 

関羽

 

レジスタンスの数は10万人を越え、関羽(かんう)は慌てて船を用意、水路でレジスタンス勢力を逃がします。将軍・劉備は陸路で逃げ延び、途中で曹操軍に追いつかれるものの見事に撃退。

 

曹操から逃げ回る劉備

 

劉備軍の軍勢は曹操軍の半分ほどにまで達しました。劉備の人徳がここに来て生きたのです。

 

伺う孫権

蜀の皇帝に即位した劉備

 

軍事力の曹操に漢王室の血筋を持つ劉備。しかし、呉の孫権は「会稽太守(県知事クラス)」というとても小さな勢力でした。そして攻めてきたのは圧倒的なパワーを誇る曹操軍。

 

張昭

 

手も足も出ないような状況で呉の軍議が開かれましたまず、張昭を含む複数の武将は曹操軍への降伏を勧めます。ところが軍師魯粛(ろしゅく)は徹底抗戦すべきと考え、出張中の周瑜を一時的に呼び戻します。

 

周瑜

 

もう一人の軍師周瑜は「曹操軍は一枚岩ではない。勝機は我にあり」と孫権を諭し、曹操軍と戦うよう進言します。

 

ついに劉備・孫権同盟が成立

劉備と孫権同盟

 

いくら曹操軍に地の利がないとはいえ、孫権軍のみでは倒せません。蜀の劉備軍と組み、戦うという結論に達しました。

 

魯粛

 

孫権は魯粛を派遣し、劉備を説得。やがて、諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)が呉の孫権の元にやってくると話がまとまり、ここに「劉備・孫権連合軍」が誕生します。

 

三国時代の船 楼船

 

孫権は手始めに逃げていた劉備を助けるため水軍をやって、救出。

 

船酔いする曹操

 

このとき曹操軍の陣営では不慣れな環境のため疫病が蔓延し、多くの兵士が命を落としていました。もはや撤退しかないと考えていた曹操。

 

奮闘する黄蓋

 

そこに黄蓋(こうがい)が火攻めを実行します。曹操軍の大船団は鎖でつながれていたため、火の回りは早く、瞬く間に燃え広がりました。そのため、曹操は歩いて逃げるはめになります。

 

魏曹操と魏軍と呉軍

 

水路が多い華南では船の扱いに長けた連合軍の方が有利だったのです。その後、劉備と周瑜は南郡まで曹操を追いかけ、辟易した曹操は後を部下にまかせ華北へと帰っていきました。こうして曹操軍24万の兵士は雲散霧消してしまうのです。実に儚い戦いでした。

 

三国志ライター 上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

赤壁の戦いでの連合軍の勝因は劉備と孫権が得意な水軍を思う存分に活用したことでした。雪が多く、馬での移動が多い華北の曹操軍は水軍の扱いには不慣れでした。

 

病気になった兵士

 

さらに疫病が軍隊内部で流行し、戦う前から兵力はダウン。もはや戦どころではありません。部下に一部をまかせ、曹操はやっとの思いで華北へと去るのでした。誰しも短所を補うより長所を伸ばす方が簡単です。

 

幻の1940年の東京五輪 いだてん

 

学校の先生に苦手を克服しなさいと口を酸っぱくして言われても気にする必要はありません。自分の長所をオリンピック選手並みに引き上げる方が豊かになれます。

同じように連合軍は得意な水軍を使ったにすぎません。

 

曹操軍の敗因を挙げるならば、淮河を超えて不慣れな南へと進軍したことでしょうか。やはり、曹操は華北平定で満足すべきだったのです。そうでなければ、水軍の扱いに長けた人物をヘッドハンティングしておくべきでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延を考察!もしも劉備が赤壁の戦いで負けていたらどうなっていた?

関連記事:曹休が赤壁の戦いに参加していたら曹操は天下統一できた?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




上海くじら

上海くじら

投稿者の記事一覧

三国志との出会いは高校生の頃に読んだマンガの三国志。
上海留学中に『三国志演義』の原文を読む。
また、偶然出会った中国人と曹操について語り合ったことも……。
もちろんゲームの三国無双も大好きです。

好きな歴史人物:
曹操、クリストファー・コロンブス

何か一言:
覇道を以って中原を制す

関連記事

  1. 空箱を受け取る荀彧 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  2. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮は本当に病弱じゃなくてムキムキマッチョな将軍だった!?
  3. 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!
  4. 兵士と禰衡 やる気ゼロ!三国志の軍隊が弱すぎた理由
  5. 出世した韓遂 韓遂は腹の中で何を考えていたの?【潼関の戦い】
  6. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  7. 郭嘉 官渡の戦いのMVPは荀彧ではなく郭嘉に与えるべき理由【ビジネス三…
  8. 呉のお家芸・偽降伏の見破り方を知っていた知将・王基

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 袁術を励ます魯粛
  3. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  4. 楊端和
  5. 華陀と麻沸散
  6. 蜀の皇帝に即位した劉備

おすすめ記事

  1. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【後半】 魏から蜀に下る姜維
  2. 天下の袁紹軍の組織図はどうなってたの?袁紹陣営をミエル化してみる! 袁紹にお茶を渡す顔良
  3. 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝 荀彧 怒る
  4. キングダム 534話 ネタバレ予想:李牧はどれ位ヒットマンするのか? キングダム
  5. 【典韋vs許褚】曹操護衛隊隊長のナンバーワン決定戦!! 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】

三國志雑学

  1. 晋の陳寿
  2. 曹操のムスコ達アイキャッチ2
  3. 曹植は軟弱ではなかった曹植
  4. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉表死す
  2. 小松帯刀
  3. キングダムの王騎
  4. 燃える本能寺
  5. 援軍に向かう陳表軍

おすすめ記事

亡くなる張飛将軍 もし劉備が夷陵の戦いに勝っていたら歴史はどうなった? 難斗米(なしめ) 【3分で分かる】卑弥呼の重臣・難升米(なしめ)とは何者なの? 曹丕にビビって意見を言えない家臣達 【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君? 曹操軍 【有料記事】三国志の軍隊のマニアックな規律を紹介 魏の夏侯淵 夏侯淵(かこうえん)はどうして地味なの? キングダム53巻 キングダム590話最新ネタバレ雑学「必殺!兵糧燃やしは史実なの?」 毛沢東(もうたくとう) 【列子】愚公山を移す 中国語の教科書にも載っているいわくつきの説話 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【5/22〜5/28】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP