楊脩の性格は『三国志演義』と正史では全然違う?性格を考察してみた




楊脩(ようしゅう)

 

楊脩(ようしゅう)曹操(そうそう)に仕えた政治家です。才能があったので曹操の息子の曹植(そうしょく)の教育係にまで出世しています。

ところで楊脩はどのような性格の人物だったのでしょうか?

 

水滸伝って何? 書類や本

 

彼の関しての史料は少ないので、小説『三国志演義』と正史『三国志』で比較していこうと思います。

 

※記事中の歴史上の人物のセリフは、現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「楊脩 性格」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楊修と司馬懿の二人は優秀なアドバイザーだった理由とは?

関連記事:もしも、楊脩が殺害されず曹操の軍師になっていたら三国志はどうなる?

 

 

小説『三国志演義』の楊脩の性格 自分大好きで身を滅ぼす

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

小説『三国志演義』の楊脩は自分大好きであり、人前で自分の才能を自慢する嫌な男として描かれています。代表的な話が2つあるので紹介します。

 

曹操

 

ある日庭を造った曹操は、何も言わずに門に「活」という字を書いて立ち去ります。部下は意味が分からないので通りかかった楊脩に尋ねたところ、「庭を広く造り直せと言っているのだろう」と答えます。

 

なぜ分かるのか部下が尋ねると、「門に活という字を入れてみろ。(ひろい)という字になるだろう」と言いました。納得した部下は庭を造り直しました。あとでこの話を聞いた曹操は楊脩を誉めましたが、自分の心を見られているのでは、と不気味な感覚を抱きます。

 

曹操と鶏肋

 

2つ目は鶏肋(けいろく)事件。鶏肋というのは鶏のあばら骨のことです。鶏肋はダシや飾りのためのものであり、食べるものではありません。

 

二刀流の劉備

 

建安24年(219年)に曹操は劉備(りゅうび)と漢中で戦いますが窮地に追い込まれます。その時の夕食に出されたのが鶏肋です。

 

曹操は食事をしながら「鶏肋は食べれない。だけど、味が付いているので捨てるにはもったいない。この戦は鶏肋と一緒だな・・・・・・進んでも勝ちは無いし、帰っても民からは笑われる。私はどうすればいいんだ」と考えました。

 

曹操と夏侯惇

 

考え事をしていると夏侯惇(かこうとん)が来て、「本日の軍中での合言葉は何にしますか?」と尋ねます。まだ考え事をしていた曹操は思わず「鶏肋」と呟きます。

 

イエスマンの夏侯惇は、「了解」と立ち去ります。さて、本日の合言葉を聞いた楊脩は「よし、みんな撤退だ!」と帰る準備を促します。

 

「それどういう意味ですか?」と夏侯惇。

 

「それはですね・・・・・・」とさっきの曹操と同じ事を解説する楊脩。

 

「ほうほう、なるほど」と納得する夏侯惇・徐晃(じょこう)曹洪(そうこう)の3人。

 

問題を解決する楊脩

 

解説終了後に3人とも撤退準備開始。するとそこへ巡回に来た曹操が登場。撤退をしていると聞いて怒りが頂点に達します。しかも首謀者が楊脩と分かるとなおさら許せません。

 

処刑を下す曹操

 

曹操は軍律を乱した罪で即刻、楊脩を打ち首にしました。小説『三国志演義』の楊脩は、自分の才能におぼれて身を滅ぼすあわれな結末となっています。

 

 

正史『三国志』の楊脩 曹植の罪に連座

禰衡に絶賛される楊脩

 

正史『三国志』の楊脩の性格は、小説『三国志演義』とは対照的です。謙虚であり、激務な仕事をこなしていたので曹操から気に入られていました。楊脩が命を落とすことになったのは、小説『三国志演義』にあるような軍律違反ではありません。

 

曹植

 

どうも曹植が関係していたと推測されているようです。曹操が漢中遠征に出かけて間もない、建安23年(218年)頃。

 

曹植は軟弱ではなかった曹植

 

洛陽にいた曹植は、馬車で皇帝専用道路と門を使用しました。専門家はこれを「洛陽不敬事件」と言います。それを知った曹操は激怒して担当していた役人を処刑して、諸侯の罰則も強化します。

 

これ以降、曹操は曹植への愛情が失われました。なお、楊脩が処刑されたのはそれから間もなくとのこと。つまり、楊脩は曹植の教育係なので責任をとらされたのです。

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が楊脩の性格についての記事でした。

 

袁術

 

楊脩が処刑された原因の1つに袁術の親族だったからという説があります。しかし、筆者はその説を信じていません。だとしたら、最初から曹植の教育係にされることはありませんし、曹操だって仕事を任せることもなかったと思います。

 

酒におぼれてしまった曹植

 

やはり、曹植の不敬行為の責任をとらされたと考えるのが妥当です。

 

※参考文献

 

・津田資久「曹魏至親諸王攷-『魏志』陳思王植伝の再検討を中心としてー」(『史朋』38 2005年)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主

関連記事:【魏皇帝】曹丕は有能なのに「イマイチ」だと扱い始めたのは誰?

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 




関連記事

  1. 孔明 vs 司馬懿
  2. 海賊時代の孫堅と孫策
  3. 曹操 詩
  4. 西遊記 孫悟空
  5. 命がけで筋を通す義理に熱い朱拠

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP