黄忠がすごいのは民衆からの愛され方がすごかったから?正史に書いてないキャラ属性の増加っぷりに嫉妬する


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

日本で出回っている三国志のゲームや漫画や小説は、だいたい『三国志演義』を原作としています。その『三国志演義』は、かなり後世になってから、民間伝承やフィクションも多彩に盛り込み、読んで面白い娯楽小説として編集されてしまったもの。

 

正史三国志 vs 三国志演義で揉める現代人

 

それゆえ、『三国志演義』の世界観に慣れている人が、本来の歴史書である『正史三国志』のほうをいきなり読むと、いろいろとびっくりすることがあると思います。『演義』と『正史』との違いといえばいろいろなものがありますが、その中でも、五虎将軍の一人黄忠の描かれ方は、最大級のびっくりポイントではないでしょうか?

 

というのも、黄忠(こうちゅう)のキャラクターとして知られている要素のほとんどが、『正史』のほうには入っていないのです!

 

自称・皇帝
当記事は、
「黄忠 すごい」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?

関連記事:夷陵の戦いにおける黄忠の壮絶な最期を考察【三国志演義】


おどろき!黄忠は別に老将軍でも弓矢使いでもなければ、夷陵の戦いで死んでもいない?!

水滸伝って何? 書類や本

 

『正史三国志』の「蜀書」には、ずばり「黄忠伝」という章があります。関羽伝・張飛伝・馬超伝と、趙雲伝とに挟まれた章となっており、まさに「五虎将軍列伝」の中盤という位置づけです。

 

五虎大将軍の黄忠

 

ところが黄忠ファンの人を驚かせることには、正史の「黄忠伝」はやけに短い。

 

しかも、要点だけを抜き出すと、

 

・黄忠は劉表(りゅうひょう)のもとにいて、長沙を守っていた

曹操(そうそう)の荊州攻略後は、韓玄(かんげん)の統制下におかれ、引き続き長沙を守る将軍として働いていた

・劉備が荊州を取った際にその臣下となり、蜀入りに従って活躍した

・西暦でいう219年、定軍山の戦いにて夏侯淵(かこうえん)を打ち破った

・その翌年逝去した

と、まあ、このような感じ。

 

黄忠

 

黄忠といえばイメージとして定着しているはずの「老将軍」ということを示す話は特に入っていません。弓矢の達人であったという話も入っていません。厳顔との老将軍名コンビ結成、という胸躍る展開もなければ、韓玄の配下だった時の、関羽との一騎打ちという名場面もない。

 

それどころか黄忠を巡るエピソードのハイライトともいえる「夷陵の戦いでの戦死」すら、正史には入っていないのです。

いったいこのギャップはどういうことなのでしょうか?


黄忠のイメージが「老将軍」になったのは関羽のせい?

黄忠

 

そもそも「老いてなお盛んな人」なんて記述が一切ない『正史』の「黄忠伝」から、何がどこを通過して「老将軍」イメージができあがったのでしょうか?

唯一『正史』の中でヒントになりそうなのは、「費詩伝」というとんでもなくマイナーな章(費詩には悪いですが)の中の、わずかな記述です。

 

費詩(ひし
)
と話をしている時の関羽のセリフとして、「大の男である私が、黄忠のような老兵と一緒の身分にされてたまるか」というような悪口を(黄忠不在の場で)ひとことだけ、しゃべっているのです。

 

おそらくこの関羽の悪口から「黄忠=老人」というイメージが始まったのではないか、と推測することができます。もっともこの「老兵」という悪口が「年寄りの爺さんだ」という意味のことを言っているという保証もなく、そもそもこれを言っている時期の関羽もいい年齢なわけなので、真意は不明な発言です。

 

これをもって黄忠のことを「老将軍」としてしまったのは、その後の民間伝承による長年をかけての「属性追加」ということになりそうです。


まとめ:黄忠はつまり民間伝承での愛されぶりがすごかった?

黄忠の様子を見に行く趙雲

 

けっきょくのところ、黄忠の凄さは民間伝承での愛され方ということになりましょうか。どこからか付与された「愛すべき老将軍」というキャラ属性がどんどん膨らみ、そこに弓矢の名人というキャラ属性も追加され、厳顔と老将軍コンビを組んで格好良く暴れたり、夷陵の戦いで劉備に看取られながらの感動的な最期を遂げたり、もうよい事ばかりです。

 

一度民間伝承で確立されてしまった「キャラ立ち」というものは、こんなにも、何にも勝るものなのでしょうか?

 

私自身も含めて、はっきり言って誰も「老将軍以外の姿」で黄忠を想像することができないのではないでしょうか。極端な話、黄忠と言えば、もはや生まれた時から白髪・白髭だったのではないか、と思ってしまうくらいではないでしょうか。


三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

関羽の「老兵」というひとことがここまでふくらませた黄忠のイメージ。中国の庶民からの愛されっぷり自体が、凄い!

 

黄忠VS夏侯淵

 

そして、関羽と互角に一騎打ちを行い、夏侯淵を討ち取ってしまう「演義の中の黄忠」の凄さこそ、これからも愛され続けるイメージとしてメディアの中で生き続けることになるのでしょう。『正史』の中での描かれ方がどんなに薄いものであったとしても!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蜀の黄忠と厳顔のジジコンビは活躍してたの??

関連記事:魏延と黄忠は中途採用組で出世を果たした勝ち組だった!?

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

 

関連記事

  1. 司馬懿
  2. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  3. そんろは 孫魯班
  4. 五斗米道の教祖・張魯
  5. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  6. 木牛流馬

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP