キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての漢

韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守

この記事の所要時間: 219




韓玄(かんげん)

 

荊州(けいしゅう)は北と南に広い領土を持った土地です。

この地は劉表が長い年月をかけて、州都である襄陽(じょうよう)近辺は、

農地を開墾し、学術を広めていき学者が多く集まる場所でした。

しかし荊州南部は四つの郡がありましたが、

長沙(ちょうさ)を除いた他の三郡は人が少ないことや少数の異民族がいた事から、

統治が難しいところでした。

その後曹操の遠征軍に降伏し、荊州は曹操の物になります。

そして南荊州には曹操が任命した四人の太守が統治する事になります。

今回は歴史のはざまに消えてしまった太守(たいしゅ)韓玄(かんげん)を紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋すぎる!

関連記事:韓玄(かんげん)とはどんな人?超逆風!長沙の民を法で縛り嫌われた能吏?

 

 

後年活躍する黄忠魏延を配下にしていた長沙太守・韓玄

後年活躍する黄忠や魏延を配下にしていた長沙太守・韓玄

 

韓玄(かんげん)は曹操が荊州を攻略した時に、長沙(ちょうさ)太守に任命します。

彼は曹操から長沙太守に任命されるとすぐに任地へ赴きます。

 

黄忠

 

その後土着の有力者を手なずけ、後年蜀の五虎将軍として歴史に名を刻まれることになる

猛将・黄忠(こうちゅう)や孔明と仲が悪く蜀に反旗を翻すことになる魏延(ぎえん)

配下に加えます。

正史「三国志」ではその後、赤壁の戦いに勝利した劉備軍に降伏しているそうです。

その後の彼は記載がないため、何をしたのか分かりません。

 

 

三国志演義の韓玄

三国志大学 公孫瓚

 

韓玄は三国志演義の場合だとそれなりに活躍しています。

劉備は南荊州を攻略するため関羽へ長沙攻略を命じます。

韓玄は劉備軍が長沙へ侵攻してくるとの報告を受けると籠城の準備を行い、

黄忠魏延などの猛将達へ迎撃に出るよう指示を出します。

黄忠は迎撃に出ると武勇の誉れ高い関羽と長沙城の門前で、

激しい一騎打ちを行います。

この時黄忠の馬が躓き、地面に叩きつけられることになります。

関羽は黄忠に「じいさん。中々やるではないか。」と言って陣へ戻っていきます。

この一騎打ちの後、再び関羽軍は長沙城へ攻撃を仕掛けてきます。

この時両者引き分けに終わります。

この一騎打ちの後、再び関羽軍が長沙へ攻撃を仕掛けてきます。

この時黄忠は城壁から関羽がかぶっている巾(きん)へ弓矢を放ち、

「次に攻めて来たら、おぬしの頭に貫通させるぞ」と大声で叫びます。

黄忠が弓矢をわざと外した場面を目撃した韓玄は黄忠を捕縛して、処断しようとします。

しかし魏延が民衆を扇動して韓玄を殺害。

こうして韓玄を殺害した魏延は城門を開いて関羽に降伏します。

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 

祟り神として、民衆から恐れられる

祟り神として、民衆から恐れられる韓玄(かんげん)

 

韓玄は死後長沙に墓が立てられる事になります。

現在は中国の長沙にある中学校の近くに残っているそうです。

三国時代からはるか後年の時代である清の時代に彼は脚光を浴びることになります。

清の文官で汪應銓が書いた「韓玄墓記(かんげんぼき)」によると、

清の時代の長沙では、韓玄は祟り神として恐れられており、

人を怖がらせたり・危害を加えたりしていたそうです。

また三国志演義では韓玄が殺害された後は、長沙城外に手厚く埋葬されているそうです。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

韓玄はほかの南荊州の太守達(劉度(りゅうど)・金旋(きんせん)・

趙範(ちょうはん)と共に正史「三国志」にほとんど記述がありません。

唯一正確にわかっている事は、

この四人が三国志の時代にいた人物であった事や

曹操に命じられて南荊州四郡の太守になった事。

そして劉備の南荊州攻略軍に降伏した事が現在正確に伝わっている情報です。

もし劉備と孫権が赤壁の戦いで敗北していた場合、

今回紹介した韓玄の存在は歴史の中にうずもれたまま、日の目を当たることが

なかったかもしれません。

このように考えると劉備と戦った事や配下に黄忠や魏延などの猛将がいた事で、

歴史に名を留めることに成功した人物ではないでしょうか。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋すぎる!

関連記事:韓玄(かんげん)とはどんな人?超逆風!長沙の民を法で縛り嫌われた能吏?

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 17話:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓
  2. 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝
  3. 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる
  4. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?…
  5. 董卓は実は名将軍であるという根拠
  6. 麴義はどんな人?アンビリバボー八百の兵で白馬義従1万を破った英傑…
  7. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な…
  8. 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!?
  2. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  3. キングダム 527話 ネタバレ予想:話槍と鉄槌
  4. 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう!
  5. キングダム582話ネタバレ予想vol2玉鳳隊と飛信隊の関係は史実?
  6. 【三國志女性列伝】「私、失敗しないので」三国志時代にも存在したドクターX 辛憲英(しんけんえい)

三國志雑学

  1. 蜀の厳顔
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 亡くなる孫堅
  2. 呉の勢力を率いる孫策

おすすめ記事

孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント? 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説 128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・ 曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる? プチャーチンはどんな人?幕末の日本人に敬愛された騎士道の人 呂布の配下、八健将(はちけんしょう)とはどんな人たち? 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!

おすすめ記事

  1. 文聘(ぶんぺい)のリアル三國無双!五虎大将軍の関羽を倒し呉王・孫権には空城の計を使っちゃう!
  2. ゴールデンカムイネタバレ予想 128話 新月の夜
  3. 世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑)
  4. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1
  5. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1
  6. なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?
  7. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物
  8. 前原一誠、萩の乱その戦いとは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP