曹操孟徳特集
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての漢

韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守

この記事の所要時間: 239




草原 s

 

荊州(けいしゅう)は北と南に広い領土を持った土地です。

この地は劉表が長い年月をかけて、州都である襄陽(じょうよう)近辺は、

農地を開墾し、学術を広めていき学者が多く集まる場所でした。

しかし荊州南部は四つの郡がありましたが、

長沙(ちょうさ)を除いた他の三郡は人が少ないことや少数の異民族がいた事から、

統治が難しいところでした。

その後曹操の遠征軍に降伏し、荊州は曹操の物になります。

そして南荊州には曹操が任命した四人の太守が統治する事になります。

今回は歴史のはざまに消えてしまった太守韓玄を紹介していきたいと思います。




後年活躍する黄忠魏延を配下にしていた長沙太守・韓玄

 

韓玄(かんげん)は曹操が荊州を攻略した時に、長沙(ちょうさ)太守に任命します。

彼は曹操から長沙太守に任命されるとすぐに任地へ赴きます。

 

黄忠

 

その後土着の有力者を手なずけ、後年蜀の五虎将軍として歴史に名を刻まれることになる

猛将・黄忠(こうちゅう)や孔明と仲が悪く蜀に反旗を翻すことになる魏延(ぎえん)

配下に加えます。

正史「三国志」ではその後、赤壁の戦いに勝利した劉備軍に降伏しているそうです。

その後の彼は記載がないため、何をしたのか分かりません。




三国志演義の韓玄

三国志大学 公孫瓚

 

韓玄は三国志演義の場合だとそれなりに活躍しています。

劉備は南荊州を攻略するため関羽へ長沙攻略を命じます。

韓玄は劉備軍が長沙へ侵攻してくるとの報告を受けると籠城の準備を行い、

黄忠魏延などの猛将達へ迎撃に出るよう指示を出します。

黄忠は迎撃に出ると武勇の誉れ高い関羽と長沙城の門前で、

激しい一騎打ちを行います。

この時黄忠の馬が躓き、地面に叩きつけられることになります。

関羽は黄忠に「じいさん。中々やるではないか。」と言って陣へ戻っていきます。

この一騎打ちの後、再び関羽軍は長沙城へ攻撃を仕掛けてきます。

この時両者引き分けに終わります。

この一騎打ちの後、再び関羽軍が長沙へ攻撃を仕掛けてきます。

この時黄忠は城壁から関羽がかぶっている巾(きん)へ弓矢を放ち、

「次に攻めて来たら、おぬしの頭に貫通させるぞ」と大声で叫びます。

黄忠が弓矢をわざと外した場面を目撃した韓玄は黄忠を捕縛して、処断しようとします。

しかし魏延が民衆を扇動して韓玄を殺害。

こうして韓玄を殺害した魏延は城門を開いて関羽に降伏します。

 

祟り神として、民衆から恐れられる

雷 三国志

 

韓玄は死後長沙に墓が立てられる事になります。

現在は中国の長沙にある中学校の近くに残っているそうです。

三国時代からはるか後年の時代である清の時代に彼は脚光を浴びることになります。

清の文官で汪應銓が書いた「韓玄墓記(かんげんぼき)」によると、

清の時代の長沙では、韓玄は祟り神として恐れられており、

人を怖がらせたり・危害を加えたりしていたそうです。

また三国志演義では韓玄が殺害された後は、長沙城外に手厚く埋葬されているそうです。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

韓玄はほかの南荊州の太守達(劉度(りゅうど)・金旋(きんせん)・

趙範(ちょうはん)と共に正史「三国志」にほとんど記述がありません。

唯一正確にわかっている事は、

この四人が三国志の時代にいた人物であった事や

曹操に命じられて南荊州四郡の太守になった事。

そして劉備の南荊州攻略軍に降伏した事が現在正確に伝わっている情報です。

もし劉備と孫権が赤壁の戦いで敗北していた場合、

今回紹介した韓玄の存在は歴史の中にうずもれたまま、日の目を当たることが

なかったかもしれません。

このように考えると劉備と戦った事や配下に黄忠や魏延などの猛将がいた事で、

歴史に名を留めることに成功した人物ではないでしょうか。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?
  2. 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名…
  3. 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?
  4. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?
  5. 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの…
  6. 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた
  7. 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりや…
  8. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.5「kawausoのアイデア」
  2. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  3. 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの?
  4. 周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇
  5. 島津斉彬はイギリスをどう思ってた?島津斉彬の功績に迫る!
  6. 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう)

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/20】 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの? あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王 病気の呂蒙を穴から見守る孫権 【大三国志 攻略8】今回は激戦中のあの巨大同盟が登場!天下乱舞にも波乱の予感

おすすめ記事

  1. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇
  2. 愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編
  3. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  4. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  5. 高杉晋作エピソードは大傑作!ハリウッド映画レベル
  6. いまさら聞けない真田丸って一体何なの?
  7. 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達
  8. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP