キングダム「ガチ調査!昌平君の補給部隊は来るか?」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、いよいよ(ぎょう)攻めも終わりに近づいてきましたがすでに作者も忘れてしまったかのような秦軍の絶食状態は未だ解決していません。今回の戦いは鄴を守り切れるか落とせるかがキーポイントですが、食料がない秦の場合、仮に鄴を落とせても桓騎(かんき)軍が城を維持する事が出来ない弱点があります。

そこで、どうしてもどこからか食糧を持ってくる必要があるのですが、今回は咸陽から太行山脈(たいこうさんみゃく)を越えて昌平君(しょうへいくん)が食糧を持ってくるケースを考えます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新621話ネタバレ予想vol2「王翦はどんな反撃をするのか?」

関連記事:キングダム621話最新ネタバレ予想「龐煖が恋のキューピッドになる?」


意外?太原までは汾水を利用して楽々

汾水

 

咸陽(かんよう)から鄴までは軽く千キロを超える道のりです。これだけの距離の兵站を敷くのは至難の業だなとkawausoも考えていました。

しかし、少なくとも、太原(たいげん)までは重い荷物を背負い歩く必要はなさそうです。実際には、咸陽から少し移動すれば、そこからは大黄河が分岐して北と西に向かって流れています。その中の北に進む川を汾水(ふんすい)と言い、これが太行山脈を果てしなく北上していき太原を越えて北へ向かっていきます。

大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)

 

つまり、太原までは汾水を使って船で移動できるので、歩いて進むよりもかなり速く到着する事が出来ると考えられます。また、キングダムでは寂しい山の中のように見える太行山脈ですが、実際には汾水を使った灌漑(かんがい)で富裕な都市がいくつもあり、敵さえいなければ食糧調達も含め行軍はそれなりに楽だと考えられます。

韓信将軍

 

実際に鄴攻めから三十年程後に、漢の大元帥の韓信(かんしん)は、安邑で魏を破り平陽から太原という汾水を北上するルートを使っています。もっとも、史記には韓信が汾水を利用したとは書いていませんが、それは韓信が急ぐ必要がなかったせいなので、急ぐなら船を使ったでしょう。


問題は太原からだった!

 

ただ、食糧輸送はここからが大変です。太原から先は水運を利用する事が出来ず食糧は牛か馬か、或いは荷車に乗せて移動させないといけません。試みに太原から鄴まで繋がる漳水(しょうすい)に一番近い合漳郷(ごうしょうごう)まで移動するとなると移動距離は432キロになります。

当時の補給部隊が一日に進める距離は、二十里でキロメートルに直すと8キロにしかなりません。つまり、補給部隊が毎日8キロずつ移動したとしても鄴を包囲する桓騎軍に食糧を届けるまでには、54日かかる計算になります。

兵糧を運ぶ兵士

 

邯鄲の近くにあると推定される朱海平原は、それよりは多少早いでしょうが、それでも40日はかかるのではないかと思います。只今、朱海平原の戦いは十五日目ですから、例え戦い初日から昌平君が咸陽を出発していたとしても、あと25日経過しないと、ご飯は食べられないという事になります。

さらに昌平君は、その途中で要塞として強化された黒羊丘を攻撃して陥落させないといけないのでリアルに考えると漫画のように十五日目に補給が間に合うのは100%不可能という結論になるのです。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


物理的な距離を無視してみる

 

中国大陸というのは尋常(じんじょう)ではない程に広く日本人とは距離感覚がまるで違います。kawausoは昨年の11月に北京で三泊しましたが北京首都国際空港からAirportLineで移動王府井(わんふーちん)に一番近い駅で降りたものですから、そこからホテルまで30分くらいだろうと簡単に考えて、歩いていましたが歩けども、歩けどもホテルに着きません。

兀突骨

 

パンフレットの地図には、すぐそこのように描かれているんですけどね。

実際には徒歩で30分どころからタクシーで30分掛かりました。歩いていけるような場所ではとてもじゃないですが無かったのです。ガリバーでもない限りはあの地図は役に立たないなと思った次第です。

何が言いたいのかと言うと、漫画なんですから物理的な距離は無視してみようという事です。距離はとりあえず置いて、昌平君の補給部隊は有効かどうかを考えてみます。


楊端和が公孫龍を破ったのがポイント

 

楊端和

 

さてここからは、物理的な距離は漫画らしくいい加減に誤魔化します。

黒羊丘(こくようきゅう)は要塞化しているようですが、そこのカバーに入る予定の公孫龍(こうそんりゅう)の十万の軍は舜水樹(しゅんすいじゅ)と共に犬戎族(けんじゅうぞく)(けしか)けた挙句(あげく)に楊端和と山の民の軍勢6万に敗れ列尾に退却しました。これにより黒羊丘の要塞に後詰の公孫龍の軍勢が無くなりました。

昌平君

 

昌平君としても、公孫龍の十万の軍勢が背後にいては黒羊丘を落とすのは難しいでしょうが、黒羊丘には後詰はいないので、一気呵成に攻めれば落ちない事はなさそうです。おまけに橑陽(りょうよう)は、楊端和と山の民と壁の軍勢が抑えているわけですから、さほどの抵抗なく閼与(あつよ)も落とせるのではないかと考えるのです。李牧は二万の軍勢を閼与に送り込んではいるようですが、その後の音信はありませんしね。

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 嬴政(始皇帝)
  2. キングダム54巻amazon

コメント

  • コメント (9)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    20里は80kmでしょ

    • 匿名
    • 2019年 11月 09日

    そういえば、王翦が昌平君に出陣前に頼みごとをしていましたねぇ。
    内容は明かされず、コマ割も小さかったので何かあるなとは思っていたのですが。。

    • Reebok
    • 2019年 11月 06日

    kawausoさんの考察はいつも楽しみにしています!
    今回もグーグルマップで分かりやすく作者への指摘が。。。(笑)

    王翦が昌平君にモゴモゴしていたのは何だったのか、すっごく気になっていましたが
    去亥@故人 さんの仰るように船がキーアイテムになるんですかね。

    趙攻略編は落とし所が非常に楽しみです。

      • 邯鄲の夢
      • 2019年 11月 07日

      補給路確保の早速の記事に謝謝。
      史記ではアツヨリョウヨウの順に王翦が攻略と記されているので侵攻ルートもこのラインと推測されます。補給路を確保しつギョウ包囲を続けたが大軍では補給が追いつかないため、精鋭を残して撤退させたと推察されます。しかしキングダムは原作者の創作により地形や地名も思いのまま設定可能のため、ワープも地下通路もなんでもありなので予測が難しいですね。ギョウ攻略や邯鄲攻めの拠点確保には補給路の確保は必然で開戦前軍師グループがヘロヘロになって列尾口侵攻案を立案してましたね。短期的に王翦軍の糧秣確保は焦土作戦開始前に王翦軍特殊部隊が李牧軍糧秣補給基地を奪取とかアツヨが秦国境部隊への補給基地になっていてそこを趙方向から特殊部隊が攻めて占拠や李牧軍部隊へ配給済の糧秣を命令実行前に王翦軍各部隊が確保なんてオチも想定されます。いずれにせよアツヨ方向から秦のどこかの部隊が補給路を確保しつつ侵攻してくると思いたいですね。(当方は旧王騎軍ファルファル伝説剣の登場を期待します)

      • 李真
      • 2019年 11月 07日

      ちょいちょい川嘘さん!
      キングダムでは黒羊丘は既に秦軍が落として、
      秦軍側の要塞と化してますから
      昌平君が黒羊を落とす必要はありませんぞ!

    • ほーけーん
    • 2019年 11月 06日

    これなくして終われません。
    信が感動的にホウケンを伐つ。
    でも締まるはしまりますが、やはり昌平君が李牧に勝つ
    ま、オウセンですが
    李牧に面と向かって喧嘩売られたこともありますし‥
    この先に昌平君と信らが戦うであろう未来を思うと
    必然的に李牧を見下ろす昌平君
    の図が‥
    ま、オウセンの手柄ですが‥
    それがしっくりきますな

      • ぽやん
      • 2019年 11月 06日

      黒羊丘は先の戦で秦国のものになってたはずはなかったでしょうか?

    • 去亥@故人
    • 2019年 11月 06日

    なるほど河が有るんですね
    これを使えば陸路を行くよりは少ない人員で大量に運ぶ事が可能になりますね

    でもやっぱり私は昌平君が閼与を抜いて兵站を繋ぐ説には否定的ですね
    もしそうならそれはミステリー小説の犯人が実は双子だった級のチート技ですよ(笑
    なので私はこう考えます
    出発直前に王翦が昌平君に耳打ちした内容は『船を用意してくれ』だったのではないかと
    列尾を放棄した報を聞いた時船の依頼と合わせて王翦が閼与を兵站の入り口として狙ってるのを察したのではないでしょうか
    っで誰が閼与を攻略するのかですが残す戦力としては楊端和軍しかありません
    15日目早朝までは橑陽に居ることは描かれてますがそのあと列尾牽制用と閼与攻略用に軍を再編して進軍してるのかも
    王翦軍にとって最悪のシナリオは列尾と閼与を強固に固められ趙国内で孤立することだと思うんです
    それを王翦と楊端和が共通認識としてたら楊端和軍が閼与を単独で抜きに行ってもおかしくない

    鄴陥落と閼与陥落の報を聞いて李牧は敗戦を悟り邯鄲に引き上げようやく朱海平原の戦いは終結する・・・こんな感じでどうでしょう?w

    • kawausoファン
    • 2019年 11月 06日

    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    「すでに作者も忘れてしまったかのような秦軍の絶食状態は未だ解決していません」←かなりウケましたw
    距離無視に一票です。
    これからも宜しくお願いします。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP