キングダム631話ネタバレ予想「羌瘣の呪文はかなりウヒョな内容だった」

キングダム631話ネタバレ予想「⑤の解釈」


 

⑤天は地へ、地は天へ、陰陽の奥義

羽仙と地仙はうねり歌う

 

天は地へ地は天へとは、天地が混ざり合うと言う意味で、陰と陽が混ざる事を意味し、まさに陰陽です。次に羽仙と地仙ですが、ここで言う羽仙とは羌瘣を意味しています。というのも羌瘣は敵討ちの為に飛信隊を離れている間に起きた合従軍による函谷関の侵攻の時に奮戦している信と仲間達に、こんな歌を贈っているからです。

函谷関

 

鬼哭(きこく)の天に羽仙は舞った
連理(れんり)の地に満つ悲喜(ひき)の炎、悲憤(ひふん)(しずく)
雷轟(らいごう)の中、やはり人は前へゆく
嗚呼(ああ)、羽仙はうねり大声で泣いた
戦えと光り輝けと

 

このように羽仙とは、羌瘣を意味すると考えていいでしょう。すると陸仙とは信を意味すると考えられ、羽仙と陸仙がうねり歌うとは、その前の陰陽を意味する文言から考えて、男女交合(だんじょこうごう)つまりウヒョ!を意味すると考えられます。

 

キングダム631話ネタバレ予想「⑥の解釈」

酔っ払う関羽

 

さあ、盛り上がってまりました。いよいよ最後の文言に入ります。

 

⑥人の身は土くれ、人の血も土くれ

人の命は連華の光。唯、唯、光。

 

人は土くれとは、中華の創造神である女媧が黄土をこねて人間を造ったという神話に由来し、元々、人間の肉体も血も土くれであり、大事なのは蓮華の光、つまり魂であるという意味です。

 

中国神話には、伏羲(ふつぎ)女媧(じょか)という兄妹ともされる下半身が蛇の神様がいて、この二神が下半身を巻きつけて交合し、万物を産み出したという伝承があります。この男女神の交合図では背景に星座が描かれていますが、これは④に連動すると考えられるでしょう。また、蓮華は蓮花に通じ、泥の中から養分を吸い上げて綺麗な花を咲かせる事から、肉体は汚れても精神は汚れないという解釈をつけられます。

 

これは推測ですが、死んだ事で信は自分が中華統一という美名の下に、大勢の人間を殺した、ただの人殺しに過ぎないのではないかと落ち込み、当然の報いとして地獄に落ちるのだと諦め、羌瘣が現世に帰ろうというのを拒絶(きょぜつ)するのでしょう。

 

それに対し羌瘣は、例えその身が殺した人間の血にまみれていても、人間の本質は光であってあなたは決して汚れていない。その事を私がカラダで教えてあげるとして、その事を私がカラダで教えてあげるとして!(大事なので二回言いましたウヒョ!)630話の扉絵のような姿になり、魂と魂のプラトニックウヒョ!に及び、それにより色々な意味で生まれ変わった信が生きる意欲を取り戻し、羌瘣と二人で支え合い生きていこうと決意して、重い第二の扉を開き、現世に(かえ)ってくるのです。


キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

独り身のkawausoが言うのも説得力がないですが、人並み外れた大事業を為すには、やはり人間は一人では辛いと思うわけです。すでに主人公の一人である秦王政は、昼も夜も(はげ)んで子宝にも恵まれているわけですし、愛しい(こう)と二人の子のお陰で国王の重圧も、どれだけ癒されているか知れません。キングダムも、今後よりしんどくなる展開が待っているわけですし、孤独に慣れている信にも、ここでどさくさ的に羌瘣とウヒョを済ませてもらい、嫁さんもらって仕事と私生活でバランスを取って、中華統一の大事業に邁進して欲しいと、そういう事なんじゃないですかね。

kawausoとおとぼけ

 

※羌瘣は清純派だから、チューまでしかないんだ!というお叱りのコメントや、いやいや、ヤンジャンは青年誌だから、呂不韋と太后ばりの若さ爆発ウヒョ!が展開されるはずだというコメント、他、こんなキングダムが見たいというご意見もドシドシ募集中です。

 

参考文献:キングダムコミックス

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム630話ネタバレ予想vol2「秦王政は最期まで暴君にならない!」

関連記事:キングダム630話最新ネタバレ予想「信の生き返り方を考える」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

< 1

2

関連記事

  1. 王翦
  2. 王賁
  3. キングダム52巻
  4. kawauso編集長
  5. 棗祇(そうし)食料・兵糧担当

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 通りすがりの金毛
    • 2020年 2月 11日

    いたるさんへ
    生死をあやつり出す?作者がキョウカイにさせようとしている事は生死を操らせるではなく、出来うる能力を総て発揮して、もがいてあがいて縋りついてでも命懸けで愛する男を救わせる事だと思いますよ(それでも信が生き返れるかは信自身の意思次第でしょうが)キングダムってそういう物語でしょう?単なる歴史伝記物語ではなく・・・。

      • いたる
      • 2020年 2月 12日

      …たしかに…そういわれると納得しますm(__)m

    • カリンも好き
    • 2020年 2月 08日

    清純なキョウカイですからピュアなセリフを期待します。
    信に抱きついて
    「信は私のみんなの光、熱、希望。
    みんなとともに戦い、平和な世の中を作って
    戻って。私は掟で後から戻るしかないから」
    で キョウカイは死を意識してるから ずっと憧れてたキスしちゃう。
    (心の中で さよなら信)
    みたいなのがいいです。

    せっかくの冥界?ですから思いっきりピュアがいいです。うひょは少女漫画のようにさらっとくらいで

    • 通りすがりの金毛
    • 2020年 2月 08日

    ハァー630話の展開になんと否定的な意見の多い事よ。無視しようかと思ったけどあまりに酷いのでやりたかないがマジレス解説しようと思う。630話で原先生が描きたかったことの意味は?ワード「天地の間」「盤古の橋」これらを見てピン!ときた読者もいると思う。つまりはキングダムを形成している史記、それより遥かに以前の中国の神話からの話が前提だ。
    文句を言っている人はやれスピリチュアルだ、冥界偏だと罵っていますが、まあそれはそうなのですが作者はやみくもにこの展開を描いている訳ではなく中国に在るある意味哲学史ともいえる神話から持ってきているのです。シユウとは元来1000年前から続く巫女、キョウカイの使う不可思議ともいえる技「巫舞」は受け入れてきたくせに、同じ様に受け継がれてきた神話からの禁術は認めないというのはというのはダブルスタンダードでしょう。原先生は単に思いつきで描いている訳ではなく恐ろしく勉強されているか、元々博学なのでしょうね。
    本当はネタバレし過ぎるのは他のファンに申し訳ないので控えようと思いましたが・・・。
    本来こういう役目は主の役目だと思いますよ。探したらなんとかあったので参考までにhttps://m.youtube.com>watch

      • いたる
      • 2020年 2月 08日

      たぶん、読者が騒いでるのは絶対死なないと分かってるキャラが死んだように見けてるからじゃないですかね?
      ゴールの見えてる消化試合というか。
      答え、出てますよね?て感じで。
      それを長々と続いたこの戦に挟んできたから、早く進めてよ!になったのでは?

      なので多分、信、キョウカイ、どちらかが、まじで死んだら、世の反論読者は手のひら返すと思いますよ?

      あとは、生死をあやつり出すと、今まで死んだキャラの死が軽くなるというか、じゃあショウサはなぜ助けてくれなかった?とかなるし…
      禁断の手だと思うんです。

      と、勝手に想像しました。

      いつもブログも皆さんのコメントも楽しく拝見しております。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP