キングダム630話ネタバレ予想vol2「秦王政は最期まで暴君にならない!」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

嬴政(始皇帝)

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。最近は主人公信が冥界に行くの?行かないの?というようなスピリチャル展開がありますが、そのベースは飽くまで史実に準拠(じゅんきょ)しています。

しかし、その史実とは従来広く信じられた秦始皇本紀(しんしこうほんき)にある「有能だが残忍で猜疑心(さいぎしん)が強い始皇帝」ではなく、2009年に北京大学に寄贈された趙正書(ちょうせいしょ)に拠る記述にあるようです。

今回は史記のイメージとは180度違う趙正書にある「善い人秦王政」に迫ります。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム630話最新ネタバレ予想「信の生き返り方を考える」

関連記事:キングダム最新629話ネタバレ「信の夢」レビュー考察


キングダム630話ネタバレ予想vol2「延命の為に巡幸に出る始皇帝」

張良と始皇帝

 

趙正書では、冒頭、最後の巡幸に出た始皇帝の描写から始まります。

しかし、史記とは違いこの巡幸では、始皇帝が重い病に罹り、自分の命が五十年で尽きる事を知ったので、天命を変える為に寿命を延ばす事が出来る縁起の善い土地である白泉(はくせん)を目指すという事になっています。

 

始皇帝は自分の事業は半ばであり、今死ぬわけにはいかないとし自分の病を郡臣に隠して白泉に向かってひたすら進みます。史記の始皇帝と同じく、寿命に執着してはいますが、それは王業を遂げようという意志からであり、ただ一秒でも長く生きていたいという私欲ではない所に違いがあります。


キングダム630話ネタバレ予想vol2「末っ子の胡亥を後継者に選ぶ」

胡亥

 

白泉を目指す始皇帝ですが、すでに病は深く、どうやら助からないと悟ります。

すると始皇帝は、丞相(じょうしょう)李斯(りし)を呼び出して告げます。

病に倒れる始皇帝

 

「私の寿命は覇業を果たすには十分であった。しかし、末っ子の胡亥の行く末をなんともできない。私がこのまま死ねば、きっと咸陽(かんよう)では動揺が走り、熾烈(しれつ)な権力争いが起きるだろう。私はこのように聞く、牛と馬が争えば、(あぶ)()はその下敷きになり死ぬ。

大臣どもの争いにより胡亥に危害が及び、私の人民に危害が及ぶのでは死んでも死にきれない。丞相よ、どうか、最悪の事態を回避する策を立てよ」

死期を悟った始皇帝(キングダム)

 

趙正書の始皇帝は、自分の寿命を受け入れただけではなく、その後に起きる咸陽での権力闘争を心配しています。そして、その巻き添えで死ぬかも知れない、末っ子の胡亥や、人民の事を考えると死んでも死にきれないと李斯に訴え、何か策はないか?と問いただします。自分勝手ではない慈愛の精神を持つ始皇帝像で、キングダムの秦王政に近いでしょう。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


キングダム630話ネタバレ予想vol2「李斯、胡亥を二代皇帝に勧める」

李斯

 

それに対して、李斯は深々と頭を下げて、

「気弱な事を仰いますな、まだ陛下の天寿は尽きておりません。

そもそも私は外国人でしたが、秦に参りました折には、親に仕える気持ちで陛下に仕えました。私には重臣の後ろ盾があるわけでもなく陛下のみが心の支えであります。ゴミクズのような我が身を引き立てて頂き、お陰を持ちまして、微力(びりょく)を尽くして国家に奉公でき、法律を定めて国を富ませ、鋭利な武器を与えて強力な兵を組織し、次々と六国を平らげて、天下を一つにし、民に正教を教え、群臣に十分な報酬を与えてまとめる事が出来、陛下をして天子の位を極めるお手伝いが出来ました。これまで幸福であったと感謝の気持ちで一杯です。

また私は、このように聞いております。仁者は己を全うする為に、全ての財産を尽くし、勇者は勇を全うする為に死を(いと)わぬと、

現在、私はこの言葉に照らし、なんら恥じる所なきを喜びとするものです。

もし、陛下が私めをして、陛下の死後に権力を争い胡亥様を害し、人民を苦しめる賊とお考えであれば、今、この場で死を(たまわ)りとうございます」

ネズミで人生を変えた李斯

 

李斯らしい理路整然とした言葉がならび、これまでの感謝を述べると共に、自身には謀反を企む気など微塵もなく、そう思われるなら、この場で討ち果たしてくださいと結びます。

 

これに対し始皇帝は涙を流し、

 

「私は、(なんじ)を疑った事はない、汝こそ誠の忠臣である。だから頼んでいるのだ、私の死後を誰に託すべきか遠慮なく申せ」

 

李斯は、御史大夫馮去疾(ふうきょしつ)を伴ってひざまづき

胡亥

 

「現在は旅先であり、咸陽は遠く離れています。陛下の後継者を咸陽で決めるとなれば、大臣は策動して動乱となりましょう。

従って、今回の巡幸に唯一同道している胡亥様を二世皇帝に命じて頂きたい」

 

これに対し、始皇帝は、それでよいと許可を出しました。


キングダム630話ネタバレ予想vol2「遺言改竄もなく李斯も善い人」

幕末 魏呉蜀 書物

 

趙正書では、史記に出てくるドラマチックな李斯と趙高(ちょうこう)による遺言書の改竄(かいざん)がありません。

それ以前に、趙高はこの時点ではどこにも出てきていませんし、後継者を胡亥とするという提言は、李斯と馮去疾が行い始皇帝はそれを承認しています。

三国志のモブ 反乱

 

始皇帝が胡亥を後継者にしたのは、旅先で自分が後継者を決めずに死ねば、必ず咸陽で大臣たちが策動して、それぞれ後継者を立てて争う事を懸念した為であり、それにより人民に迷惑がかかるのを回避する為だと説明しています。

もしかすると、始皇帝としては蒙恬と共にいる長子の扶蘇に二世皇帝を継がせたかったかも知れませんが、それよりも国家の安定を最優先し、末子の胡亥を選んだとも言えます。

己の身びいきより人民第一、いかにも(さい)で人民の先頭に立った秦王政を彷彿とさせますね。

 

※注:蕞の戦いは史実ですが、秦王政がその援軍に入ったとはキングダムの脚色

痛い目にあう孫権

 

遺言の改竄(かいざん)もなく、李斯も始皇帝を裏切らず、情に厚い頭脳明晰(ずのうめいせき)な皇帝のまま始皇帝は死んでいく事になります。最後には、李斯と趙高の食い物にされた史記の哀れな始皇帝とは大分印象が違いますね。

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 矛を持った信
  2. キングダム52巻
  3. 秦の旗を掲げる兵士

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • 邯鄲の夢
    • 2020年 2月 04日

    ブログ主の予想どおり信復活ストーリーかなり引っ張りそうです。仲良し二人組も現場へ。キョウカイファンにはたまらない展開になりそうで。ブログ主は復活まで間へ本編が進まないので色々しSP企画で大忙しですね?(ぜひこの間に邯鄲攻略戦列伝を!白起やその前後、王翦以降の秦軍の邯鄲攻略へ諸将の活躍を!)

      • kawauso編集長
      • 2020年 2月 04日

      >邯鄲の夢さん

      有難う御座います。
      邯鄲攻略について、史実とキングダム予想込みで書いてみます。

    • 通りすがりの金毛
    • 2020年 2月 03日

    原先生は今のところ中華統一した時点で完結と言っていますので、後の秦王朝崩壊までは描かないのでは?
    只、始皇帝の末っ子胡亥のママさんはあの紫夏さんのそっくりさんのような予感がする!あくまで只の予感なのでツッコミは御遠慮頂きたい。なんちって

      • 邯鄲の夢
      • 2020年 2月 04日

      最近出番(カット割)の激減したキングダムの主人公達。
      物語の深みを出すため横へ横へと広がり新キャラがどんどん登場しますが、割りを食うのが主人公達。キングダムメインキャストのセイて?最近いつ見ましたけ?信もカリョウテンのカット割の方が多いくらいです。ストーリー展開の関係や読者を飽きさせないように編集担当と原作者が相談しながら描いてるのでしょうが、(俺は海賊王になるのだで有名な某海賊人気漫画もその傾向がありますが、伏線張ったり主人公のトレーニングシーンを入れたりして読者の欲求不満の解消に努めてますが)主人公があまり出てこないと読者の欲求不満が溜まりいつかは爆発するかも知れませんね?特に李牧とカリョウテンは史記的はまだ登場しなかったり、架空の人物なのに出すぎですと思います。)

        • 通りすがりの金毛
        • 2020年 2月 04日

        もうひとりの主人公たる政さんは何話か前に「俺はここにいる!」っと自己主張されてましたね(笑)
        海賊王を目指す某漫画は読んだことないので分かりませんが、まあこれだけ長編になり長期連載になるとそら中だるみやらなんやら無い方がおかしいですよね、キングダムはその辺上手くしている方かと?合縦軍編並のクオリティを常時保てというのがさすがに無理な話でしょうから。(そこは読む方も多少大人に成らないと)
        それとキングダムという漫画はあくまで史記を題材としたフィクションであって、歴史を語るノンフィクション漫画ではないので史実(縛り)を逸れ過ぎなければある程度自由でいいんじゃないでしょうか?でないと読む方が肩こっちゃう。

          • 邯鄲の夢
          • 2020年 2月 05日

          ブログ主のネタ募集とフィクション大いにけっこうのご意見を合わせて、映画キングダムでセイ(若手俳優さんの人気もあり)の大ファンになり漫画キングダムからこのブログにたどり着いた新規読者(特に女性読者)のために「もしも企画」なってどうですか?「もしもセイに李牧並みのワープ航法ができて数ヶ月かかる行軍を数日で移動でき、軍司令の配下でない不抜のサイの民兵数万人を自在に動員でき史記記述の制約なく隠密理に動かせるとしたら」?史記だとずっと先ですがセイは生まれ故郷の邯鄲へ行ってます。(史記だと報復のためですがダークサイドに落ちないキングダム的には人道援助か慰問?)瀕死の信の元に荷台隊を連れてふらりと現れたら?ブログ主の独自アイデアを盛り込んで「もしも企画」なってどうですか?

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP