関ヶ原の戦いで徳川家康は史上最高のファイトマネーを手にしていた

当サイトからのお知らせ_特集バナーa

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

関ヶ原の戦いで徳川家康(1P目)


譜代大名に対してもケチな家康

江戸城

 

個人的にも400万石の莫大な土地を得た家康ですが、徳川恩顧の譜代大名へ封地も少ないものでした。関ケ原の戦いまでで家康の家来で10万石を与えられたのは、井伊直正、榊原康政(さかぎばらやすまさ)本多忠勝(ほんだただかつ)の3名しかいません。

本多忠勝

 

天下を獲った後は、少しはマシになったかというと、徳川四天王の筆頭、井伊家に与えられた所領は30万石でした。400万石の1/10も与えないとは、ライバルの石田三成が島左近に自分の石高19万石から2万石与えたのに比べると随分ケチです。

 

もっとも、秀吉の引き立てで成り上がった三成は、それ相応の待遇で新しく家臣を抱える必要がありましたが、三河に何百年も地盤を持つ徳川家康の場合には、家臣団はすでに何百年も仕えて代を経ていて、そんなに多額の恩賞を与えなくてよかった事もあります。ただそれにしても、家康はかなりケチだと思えますけどね。


戦国時代ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

関ケ原の戦いは本来、家康とは無関係の豊臣家の内輪もめでした。しかし、後々の禍を断とうと石田三成が家康打倒の兵を挙げた事で、戦いに巻き込まれる事になり、うまい事反三成勢力を自分の味方につけて数時間で勝利し、実際には戦争に参加していない豊臣秀頼や毛利輝元の石高を大幅に削れるという濡れ手に粟の大勝利になりました。この勝利なくして、後の徳川の泰平はなかったのです。待った甲斐があり、家康に転がり込んだ幸運とも言えますね。

 

参考文献:お金の流れで見る戦国時代

 

関連記事:実はグダグダだった関ケ原合戦!本当にマジメに戦っていたのは主戦場から遠く離れた場所のこの二人だけ!?

関連記事:本多忠勝はどんな最期を迎えるの?関ヶ原から最期まで分かりやすく解説

 

【歴史から抹殺された戦国武将の謎と伝説】
戦国時代の都市伝説特集

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 火縄銃を気に入る織田信長
  2. 麒麟 於牧の方(明智光秀の母)
  3. お茶を楽しむ明智光秀
  4. 織田信長
  5. 本願寺顕如
  6. 燃える本能寺

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 4月 05日

    関ヶ原の戦いの時には、既に前田利家は死んでいる。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP