キングダム「王翦のモデルは王翦じゃなかった!」

当サイトからのお知らせ_特集バナーa

こちらは3ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

王翦のモデルは王翦じゃなかった!(1P目)


沈黙の効用

李牧

 

キングダムの王翦も朝倉宗滴も生来無口かどうか不明ですが、嘘を言わず目的と方向性だけを述べ、作戦の意図など明かさないという方針は共通します。そして、この性格は思わぬ効用を産み出しました。

 

宗滴が、ほとんど喋らず考えが分らない分、探りを入れる為に相手は自分の事を喋らざるを得なくなったのです。宗滴はそれを黙って聞き、相手の人となりを把握するのに勤めました。

 

王翦もキングダム607話で、李牧と兵糧の有無から、王翦の李牧スカウトに話が飛びましたが、この中で趙の存続に命を賭ける李牧の気性を把握し、どうすれば殺せるかを思案している事でしょう。


キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

いかがでしょうか?王翦と朝倉宗滴に共通点は多いような気がします。

 

だとするとキングダムでも、王翦は秦王政の器量に王を諦め、名より実を取って秦の軍奉行として項燕(こうえん)が攻め込んでくる最大のピンチをしのぐのでしょう。

 

参考文献:本当の武士道とは何か? 日本人の理想と倫理PHP新書

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム639話ネタバレ予想vol2「斉王建は秦に天下を獲らせた超良い人」

関連記事:キングダム639話ネタバレ予想「鄴を落としても残る兵站問題とは?」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 

< 1 2

3

関連記事

  1. 内容に納得がいかないkawauso様
  2. キングダム54巻amazon
  3. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  4. キングダム54巻amazon
  5. お風呂に入る曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP