曹丕により抹殺された丁儀・丁廙兄弟とイジワル陳寿の話!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

陸遜

 

金持ち。誰もが夢見るものである。ただし努力してなる人、金持ちに媚びを売ってなる人・・・・・・なり方は人それぞれ。

 

曹丕にビビって意見を言えない家臣達

 

今回は曹操(そうそう)の娘と結婚することを夢見たが、曹丕(そうひ)の妨害にあって破れた男、丁儀(ていぎ
)
と弟の丁廙(ていい)について紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「曹丕 陳寿」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 


父親 丁沖

丁夫人

 

丁儀・丁廙兄弟は沛郡(はいぐん)の出身です。曹操とは同郷の人物であり、また父親の丁沖(ていちゅう)も曹操の友人でした。あまり知られていないのですが、曹操の最初の妻である丁夫人(ていふじん
)
司馬懿(しばい
)
のクーデターで殺害された曹爽(そうそう)一派の丁謐(ていひつ)は彼らの一族です。

 

丁沖は朝廷(ちょうてい
)
天子(てんし
)
侍従官(じじゅうかん)を歴任した人物でした。董卓(とうたく)長安遷都(ちょうあんせんと)では献帝(けんてい)随行(ずいこう
)
しています。天下が乱れていることから曹操に、「あなたは昔から政治を補佐していく志がありました。今がその時です」と手紙を書きます。手紙は河内太守(かだいたいしゅ)張楊(ちょうよう
)
から曹操のもとに渡ります。

 

漢李カク・郭祭り78 献帝

 

やがて時は流れて興平(こうへい)2年(195年)に董卓の残党の政権争いに嫌気がさした献帝(けんてい)長安(ちょうあん)を脱出。曹操に保護を求めました。

 

献帝を保護する曹操

 

この時も丁沖(ていちゅう)は同行しており曹操に保護してもらってから司隷校尉(しれいこうい)に任命されます。司隷校尉は朝廷内の監察(かんさつ)の仕事です。それから間もなくして丁沖はこの世を去りました。昔から酒好きだったので飲みすぎが原因だったようです。


曹丕の妨害にあって結婚破談!!

曹丕に結婚を妨害された丁儀

 

曹操は丁沖の息子の丁儀(ていぎ
)
が「才能あり」という噂を以前から知っていたので、娘の清河長公主(せいかちょうこうしゅ
)
婿(むこ)にしようと思いました。

 

皇帝に就任した曹丕

 

それを聞いて妨害しようと企んだ人物がいました。それは曹丕(そうひ)でした。曹丕は丁儀の目が不自由である話を知っていたのです。才能と障害があることは全く関係ありませんが、昔は体裁を気にするものです。

 

「父上、女はイケメンがいいものです!私は夏侯惇(かこうとん)の息子の夏侯楙(かこうぼう)を推薦します」と曹丕は曹操に言いました。

 

政治と軍事に強い曹操ですが、娘の結婚となるとあっさりと曹丕の口車に乗る始末。イケメンを持ってきて娘を喜ばせたかったのでしょうか・・・・・・そう考えると曹操も親なんですね(笑)

 

夏侯楙

 

こうして丁儀と清河長公主(せいかちょうこうしゅ
)
の婚約は破談。彼女は夏侯楙と結婚しました。だが、破談後に曹操は丁儀と2人きりで話すと、とんでもない逸材であると分かりました。

苛ついている曹操

 

「曹丕のクソガキめ、俺をだましたな!」と曹操は悔しがりましたが、もはや後の祭りでした。一方、丁儀も清河長公主との婚約を破談にさせられたことから、曹丕を怨むようになったそうです。


曹植に接近して命を落とす

曹植

 

さて、丁儀は曹丕の弟の曹植に近付きました。彼は10代で文才に優れていたので曹操から非常に愛されていました。

 

曹植

 

丁儀と弟の丁廙も文才には優れていたので曹植の詩文仲間になりました。丁儀・丁廙兄弟と曹植の教育係である楊脩(ようしゅう
)
は曹操に対して、曹植を後継ぎにすることをすすめました。

 

歴史書をつくる裴松之

 

推薦に関しては正史『三国志』に注を付けた裴松之(はいしょうし
)
が持って来た『文士伝』という史料に記されています。彼らは「曹植様を後継ぎにしてください」とストレートに言わずに、「1番分かっているのは曹操様です。我々が答えることではありません」と婉曲的(えんきょくてき)な言い回しをするのでした。

 

崔琰(サイエン)

 

さすが文才があるだけあって口も達者!また、丁儀の工作により曹操に長年仕えた崔琰(さいえん)毛玠(もうかい)排除(はいじょ)しました。彼らを始末したのは法律に詳しいからと考えられます。

 

曹植は軟弱ではなかった

 

抜かりなしの曹植(そうしょく)派でしたがミスが1つありました。それは祭り上げていた曹植です。彼は性格が大雑把で自分を律する行いが全く出来ません。皇帝しか通れない道路を平気で通行したり、酒に酔って遅刻したり大人としてダメな所が目立ちました。

 

曹丕に進言をする劉曄

 

それに比べれば曹丕は失敗もなく、普通にこなしていく。それどころか曹丕は司馬懿(しばい)賈詡(かく)劉曄(りゅうよう
)
、さらに後宮(こうきゅう
)
女官(にょかん)も味方につけたので勢力が曹植よりも大きくなります。

 

酒におぼれてしまった曹植

 

曹操も曹植の非常識な行動をいくつも見たので、後継者から外してしまいました。こうして後継者問題は曹丕の勝利に終わります。勝者である曹丕は何か理由をつけて丁儀・丁廙を自殺させようと計画しました。

 

曹操と曹丕

 

丁儀は友人の夏侯尚(かこうしょう
)
に助けを頼みますが夏侯尚は困ってしまい、何も出来ませんでした。やがて曹操は亡くなり曹丕は魏(220年~265年)を建国。黄初(こうしょ)元年(220年)に皇帝に即位した曹丕は丁儀・丁廙兄弟を逮捕して一族と一緒に処刑してしまいました。


三国志ライター 晃の独り言 イジワル陳寿の真相?

三国志ライター 晃

 

丁儀・丁廙兄弟に関して正史『三国志』には列伝がありません。どうやら陳寿(ちんじゅ
)
がわざと掲載しなかったそうです。

 

正史三国志_書類

 

詳細に関しては『晋書(しんじょ)』の陳寿伝に記載されています。それによると米が無いので困っていた陳寿は、丁儀・丁廙兄弟の子孫に「米をください。そうすれば、ご先祖の立派な伝記を書きます」と言ったそうです。

 

陳寿(晋)

 

ドン引きした丁儀・丁廙の子孫は断りを入れました。断られた陳寿は掲載しなかったようですが、この話が真実だとすると正史『三国志』掲載の人物は、子孫が陳寿に金や米で書いてもらったことになります。

 

晋の陳寿

 

現代で例えるのなら自費出版で自分や故人の伝記を出すのと変わりありません。そうまでして記録とは残してもらいたいものでしょうか?

 

もちろん、この話は真偽不明です。陳寿を貶めるのが目的ではないかと言われています。前述したように丁儀・丁廙の一族は曹丕により殺されているので、残っているはずがないのです。もしいたとしても名字や住んでいる土地も変えています。陳寿はわざわざ子孫を探し出して会ったのですか?

 

その子孫を見つけ出すなんて、陳寿も相当苦労したはずです。お疲れ様でした!

 

※参考文献

・石井仁『魏の武帝 曹操』(初出2000年 後に新人物文庫 2010年)

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

この記事以外のことでも、何か気になることがあったら気軽にコメントしてください。お答え出来る範囲でしたら回答いたします。

 

関連記事:【曹丕・曹植の後継者問題の逸話】曹丕を積極的に推した桓階とは何者?

関連記事:楊俊とはどんな人?人材鑑定眼で曹丕に恨まれ殺された足長オジサン

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

 

関連記事

  1. 桃園三兄弟 vs 呂布の一騎打ち
  2. 司馬昭
  3. 孔融
  4. 紀霊(ゆるキャラ)
  5. ロボ関羽

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP