キングダム639話ネタバレ予想vol2「斉王建は秦に天下を獲らせた超良い人」

2020年4月13日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

鉄甲船

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。キングダム「638話 水路」では、斉王建(せいおうけん)昌平君(しょうへいくん)の頼みを聞き大量の兵糧を黄河の東から(ぎょう)に水揚げしました。

 

空腹の三国志の兵士

 

これで食糧問題は一応落ち着き、鄴で秦軍を餓死させようと踏ん張った李牧(りぼく)の努力も水の泡になりました。戦国六国のほとんどが秦を憎むか恐れている中、一人だけ秦に対してフレンドリーな斉王建、実はこのキャラクター造形、史実と大体一緒なのです。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



キングダム639話ネタバレ予想vol2「即位6年目に最初の試練が」

洛陽城

 

斉王建は、燕の楽毅(がっき)と五カ国連合軍によって崩壊寸前になった斉を田単(でんたん)と共に立て直した斉襄(せいじょうおう)の子として、紀元前280年頃に生まれます。そして、紀元前265年、父の襄王の死去により5代目の王に即位します。最初の頃は、生母の君王后(くんおうこう)が補佐していたようです。

三国志のモブ 反乱

 

この君王后という女性は、斉が崩壊状態の頃に身分を偽り人の使用人に落ちていた法章をタダモノではないと見出し、身の回りを世話した太史氏の娘で、その後、斉襄王として即位した法章の后になった苦労人で賢女として有名でした。

 

進軍する兵士a(モブ用)

 

斉王建が即位して6年目の事、すでに大国になっていた秦は、上党の領有を巡り趙と対立、この事態に斉王建は、楚と共に援軍を趙に送り込みました。

 

キングダム639話ネタバレ予想vol2「粟をケチり趙を見殺す」

白起(春秋戦国時代)

 

秦軍を率いていた白起(はくき)は、斉王建の本気度を計ろうと、こんな事を考えます。(斉が趙を救う為に関係を強化するなら兵を退こう。しかし救わないで見捨てるようなら趙を滅亡まで追い込んでくれるわ)趙は秦と交戦中に食糧がとぼしくなり、(あわ)を補給してくれるように斉王建にお願いします。

兵糧を運ぶ兵士

 

しかし、建は粟をケチり斉に送りませんでした。どうして、援軍は出しながら粟は補給しないのか意味不明ですが、倍額ではなかったからですかね?

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム639話ネタバレ予想vol2「周子の諫言も黙殺」

審配(しんぱい)

 

この時、斉には周子(しゅうし)という人物がいて、建に「この事を知れば秦は趙は攻めやすしとして向かってきますぞ」と諫言します。しかし建は周子の諫言を黙殺しました。白起は、斉と趙が不仲であると知り、ますます厳しく趙を攻撃しました。さらに周子は斉王建に進み出て言います。

異議ありと叫ぶ司馬懿

 

「御覧なさい、王よ、斉と楚は見立てを間違えました。趙は、斉や楚における防御壁のようなもの、昔から言う通り唇が滅びれば歯は寒いというようなものです。現在、趙を滅ぼせば、明日は楚がそして斉が滅ぼされます。

 

ゆえに趙を救うのは、底の割れた甕から、中身を新しい甕に注ぎ保存する事なのです。趙を救うのは義に適い、秦の兵を退けるのは斉の名声を高めるのです。この重大な事を為さずに、粟を惜しんで愛するとは、あなたは国家百年の計を誤ります」

内容に納得がいかないkawauso様

 

それでも、斉王建は趙を救おうとしませんでした。物事の道理が見えない暗君というより仕方がありません。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-