魏延の北伐について史実と三国志演義両方から考察してみる


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

仲間ごと孔明に焼かれそうになる魏延

 

魏延(ぎえん)諸葛亮(しょかつりょう)が明確に対立しているというのは、主に三国志演義での創作の所があります。三国志演義では魏延が投降した際に諸葛亮が「反骨の相(はんこつのそう)」と言って処断することを劉備(りゅうび)に進めるなどして、後々の二人の険悪さを予感させるシーンが挿入されていますね。

魏延からの提案を却下する孔明

 

また北伐(ほくばつ)長安(ちょうあん
)
急襲作戦で魏延との考えの違いなど、色々ときしみを感じさせるようになっています。今回はこの北伐について、史実ではどんな感じであったのか詳しく説明したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「魏延 史実」
「魏延 北伐」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 


三国志演義と正史三国志の違い

蜀の魏延

 

正史三国志では魏延は勇猛でプライドの高い人物と書かれていて、孔明(こうめい)からも重用(ちょうよう)されています。ただ正史三国志でも魏延は北伐で自分の策を採用されなかったことから、孔明について臆病だと嘆いていました。

 

蜀の魏延

 

一方三国志演義ではどうかと言うと、まず魏延自体が扱いにくいような人物として描写されています。このため諸葛亮も魏延は災いの種であると思っているけれど、人材不足な蜀では魏延を用いざるを得ない、という関係ですね。


魏延の作戦とは?

蜀の魏延

 

さて三国志演義では諸葛亮との関係が悪化した理由として「諸葛亮が魏延の策を却下した」というものがあります。これに関しては正史三国志でも魏延が策が用いられず嘆いていたとありますが、その作戦については魏延伝に書かれています。

 

孔明を持ち上げる魏延

 

一万の兵で魏延が本隊とは別の道を進軍する。潼関(どうかん)で落ち合おう。実は魏延の策についての記載はこれのみです。要するに史実の魏延の策に関しては諸葛亮が却下したことは分かっても、具体的な作戦は実は分かっていないのです。


三国志演義ではどうなっているか?

魏延

 

そしてこれが三国志演義ではどうなっているかと言うと魏延が五千の兵を率いて十日で長安に到達すればここを任されている夏侯楙(かこうぼう)は逃走するから大丈夫。魏の軍勢が着くまでは二十日かかるのでその間に諸葛亮も合流すれば良い。食料は現地で調達すれば良し。

 

蜀志(蜀書)_書類

 

主にこういう風になっています。魏延伝よりも詳しく書かれていますね。そしてこれは決して三国志演義での創作ではありません。


魏延の作戦は魏略より抽出された

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

この魏延の策については、魏略(ぎりゃく
)
に注釈されているものです。おそらく三国志演義での魏延の策については、この魏略での注釈から生まれたものではないかと思います。

魏志(魏書)_書類

 

ただこの魏略は魏の史書とも言うべき重要な書類ですが、魏以外の情報記載は信憑性が薄いと言われているものです。確かに蜀の作戦が魏の書物に残されているというのも不思議な話でしょうね。とは言えこの作戦は諸葛亮に却下されたのは魏延伝から読み取ることができます。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 献帝
  2. 城の前を掃除する孔明
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 皇帝に就任した曹丕
  5. 魏から蜀に下る姜維
  6. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • んこ
    • 2020年 5月 19日

    前略・とても楽しく読ませてもらいました
    ギエンと租活量の将軍と最小としての争いはまんまドイツ第2帝国建国時にパリ占領を行ってフランスが二度とドイツに信仰できなくしようとしたモルトケと
    パリ市民に屈辱感を味あわせないためにパリだけには進軍しないことでフランスがしばらくドイツに好感を持つことでドイツ第2帝国建国の本番であるオーストリア戦に備えた鉄壁宰相ビスマルクに似ていますね
    ナポレオンとナポレオン包囲網を作ろうとしたプロイセンの総参謀長シャルンホルストと、シャルンホルストを父である、最高の教師であると言って「あいつまだナポレオン倒してないだろ」と国葬をしようとしない政府に乗り込んで結局国葬にさせてその後ワーテルローの戦いでナポレオンンにとどめを刺したグナイゼナウ、その参謀クラウゼビッツ達と諸葛亮と公明の関係が重なるのが面白い
    曹操、劉備、孫権、司馬懿と信長、上杉家、毛利、秀吉が被るなど何かと歴史は面白いと思います
    他の話題も楽しみにしています
    この項目にすぐコメントしたくなって個人的に大好きな于禁の項目見ていませんが見た後何かあったら書かせて思います

    • 匿名
    • 2020年 4月 27日

    魏延の作戦は他力本願的で、状況の変化に対応できない。魏延は、相手司令官が無能だから逃げるという読みで、最短山越えルートを進言しています。結果的に読みは外れ、無能な司令官は更迭され、曹真が代わりに出てきます。また、このルートは山が険しく、荷車は使えず、兵站を確保が難しく、山を越えたところで、飢えと、疲労した兵士を戦地に送ることになり敗色濃厚です。
    一方、諸葛亮は、西を目指します。西涼方面を抑えれば、迂回ながらも平地での行軍ができます。兵站が確保され大量の物資を移動する事が可能です。

    この事からも諸葛亮の戦略は最善手だったと思います。

    • ぬるま湯
    • 2020年 4月 26日

    基本的に孔明が戦に向いてない(経験不足)
    魏延はまがりなりにも『漢中太守』(張飛を差し置いての対魏方面司令官)任命された実績あるから従えない

    国力6倍以上の相手に単独で戦仕掛けてる時点で敗け
    少なくとも呉と連携か荊州奪還して2方面から仕掛けないと局所的な勝利すら無理ゲー。

    • 匿名
    • 2020年 4月 26日

    北伐に関しては見ている方向が違うのでしょう。
    魏延は北東方向の長安攻略など魏との短期決戦を目指していますが、諸葛亮は北西方向の魏の中央権力が及ばない辺境を目指しています。
    魏延の視点は戦術家レベルのものですが、諸葛亮としては魏が重要視していない西涼の辺境を切り取って少しでも国力差を縮めたい雄大な戦略があったのだと思います。
    諸葛亮の予想に反して新皇帝の曹叡が親征し中央から大軍が派遣された上、涼州刺史や隴西太守の抵抗もあって三方向から包囲され、更にもぬけの殻の漢中にまで魏軍が及びかねない最悪の状況になってしまったので早々に頓挫しましたが。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP