月刊はじめての三国志2020年5月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじめての三国志

 

『はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。「はじめての三国志」で掲載された記事をピックアップしました。(2020年5月)

 

この一冊で、はじ三の面白さがわかる月刊誌。値段は何と99円とワンコインで電子書籍で講読することができます。サクッと読めるラインナップのためスキマ時間などにいかがでしょうか?

 

■■■目次■■■

-物語の幕開け。黄巾の乱をわかりやすく紹介
-正史では活躍した荀攸はどうして三国志演義では目立たない存在に?
-典韋、曹昂を討ち取りながらも評価された賈クを考察
-諸葛亮の奇襲に安定対応!真の孔明キラーは曹真だった
-どこで齟齬が生まれた?呂蒙の後継者は陸遜?朱然?

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. エンドカード08世界史a

    当サイトからのお知らせ

    【ご報告】世界史のエンドカード第2弾発表

    こんばんは、「はじめての三国志」の中の人で…

  2. 石川克世
  3. 曹操 耳で聞いて覚える三国志

    当サイトからのお知らせ

    「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました

    三国志をさらに身近に感じたい!時間がないから音声で、「…

  4. はじめての三国志からのお知らせ バナー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP