雷銅とはどんな人?逃げる張郃を追って敗れた悲劇の仮面ライドー


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

雷銅

 

雷銅(らいどう)劉備(りゅうび)の漢中攻略戦に呉蘭(ごらん)と共に登場する人物です。

 

曹洪

 

正史では前歴は不明で、建安(けんあん)23年(西暦218年)劉備の配下として漢中侵攻軍の先遣隊になり呉蘭と共に武都郡(ぶとぐん)に侵攻、ところが曹操軍の曹休(そうきゅう)曹洪(そうこう)に撃破され軍を全滅させられて戦死しました。しかし、たったこれだけでは記事にならないので三国志演義の記述を中心に、仮面雷銅の活躍を追ってみましょう。

kawauso

 

やめろおぉぉ張郃ーっ!ぶっとばすぞおおおおッ!

※今回はおふざけ多めになっています。


最初は劉璋の配下として登場する演義の雷銅

劉璋(りゅうしょう)

 

三国志演義においての雷銅は、益州牧の劉璋の配下として登場します。そして、益州に侵攻してきた劉備に対応すべく、呉懿(ごい)に推挙されて呉蘭と共に呉懿の副将となり雒城に籠城する事になります。

 

行軍する兵士達a(モブ)

 

その後、雷銅は上司である張任(ちょうじん)の命令で城から出動して蜀軍を相手に善戦しますが、計略に引っ掛かり劉備軍に捕えられ、その後雒城も落ちて、上司の呉懿も劉備の軍門に降ったので、雷銅も劉備の配下となりました。

 

しかし、諸葛亮は雷銅が内心ではまだ劉璋に忠誠を誓っている事を見抜いており、これを完全に捨てさせる為に酒を飲ませて酔わせ、劉備に忠誠を尽くす改造人間、仮面ライドーに生まれ変わらせたのです。

※↑ここウソですよ!念の為

 

雷銅「やめろォ!こうめいーぶっ飛ばすゾぉ!」

孔明

 

仮面ライドーは改造人間である。彼を改造した諸葛亮は益州支配を企む劉備軍団である。仮面ライドーは蜀漢建国のために魏と戦うのだ!


漢中攻略へ・・

 

劉備は成都を陥落させて政権を安定させると、軍師法正の助言を入れ漢中の奪還を決意します。どうして、劉備が漢中を重視するのかと言うと長安に繋がる重要な通路になっていたからです。

 

三国志の主人公の劉備

 

ここを魏国の軍団に抑えられたままだと、長安に出るまでが大変なので漢王朝再興を願う劉備は、どうしても漢中を抑える必要があったのです。

張コウ 張郃

 

劉備は、張飛(ちょうひ)と雷銅、馬超(ばちょう)を下辦に派遣して漢中攻略の先遣隊にします。それを知った曹操は自ら出陣を計画しますが占い師の管輅(かんらく)の助言で出陣を取り止め、曹洪に5万の軍勢を与え、夏候淵(かこうえん)と張郃を副将として派遣しました。

 

蜀では結果が出せない馬超

 

馬超は、この時に下辦(かべん)に居ましたが偵察隊の呉蘭が運悪く曹洪に出くわします。しかし、多勢に無勢で勝負にならず、大敗して下辦に逃げ戻りました。馬超は迎撃も考えましたが1万の兵力では、曹洪の5万の兵力には対応できないと考え籠城しました。

 

馬謖の陣形に笑う張コウ

 

ところが、曹洪も馬超が動かずに籠城しているので計略を疑い、手出しを控えて引き返します。引き返した曹洪を漢中で待機していた張郃は腰抜けと嘲笑(あざわら)いました。そして、代わりに自分が出陣して馬超を追い払うと断言するのです。やがて、下辦には張飛と雷銅が到着、闘いは馬超対曹洪から張飛対張郃へ主役が移る事になります。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1


仮面雷銅張飛とのコンビで張郃をスマッシュ撃破

実は頭がイイ賢い張飛

 

張飛と言えば、これまで単細胞生物として愛されていましたが益州攻略戦の頃から物語の都合上、急に賢くなっていました。張郃は張飛を見くびり、3万の兵をもって陣取り3つの砦を築いて張飛と雷銅の軍勢に対峙しますが、ここで張飛は偽兵の計を使い、それにハマった張郃は出陣します。

行軍する兵士達b(モブ)

 

仮面雷銅「来たな張郃ーー!ぶっとばすぞおぉぉ!」

戦争で奮闘する雷銅

 

雷銅と張飛は連携プレイで張郃を散々に撃ち破ります。意外な反撃に驚いた張郃は、砦に逃げ帰り、この後、両軍は酒を飲みながら相手を罵る、極めて非生産的な作戦に出て行きます。


 張飛の泥酔の計に引っ掛かる張郃

張飛にお酒はだめだよ

 

酒を飲みながら、相手を罵るという不毛な闘いは50日も続きます。さすがに痺れを切らした張郃は、攻勢に転じるべく酒を絶って準備、敵軍に偵察を送ると何と張飛は今でも酒を飲んで騒いでいると連絡がありました。

 

張郃は「やっぱり張飛は張飛」と嘲笑い、明け方に奇襲を掛ける準備をしました、、

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

翌朝、張郃がひっそりと砦の外に兵を出すと、薄明かりの下で、張飛の軍勢が酔い潰れて野営しているのを発見、チャンスと見た張郃は総攻撃を仕掛けますが、近づいてみると、それは鎧兜を着せた藁人形(わらにんぎょう)でした。

 

兵士 朝まで三国志

 

そこへ、お約束のジャーンジャーンジャーン!!銅鑼が打ち鳴らされ、張飛と仮面雷銅の軍勢が張郃に襲いかかります。

 

仮面雷銅「また来たな張郃ー!ぶっとばすぞォォォ!!」

 

張郃は再び破られ、命からがら逃げていきました。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 項羽
  2. 考える諸葛亮孔明
  3. 孫権に激怒する関羽

    はじめての蜀

    106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

    西暦219年、劉備(りゅうび)は魏王を名乗った曹操(そ…

  4. はじめての蜀

    90話:張任によって龐統討たれる

    涪水城が、龐統(ほうとう)の計略で落ちた事…

  5. 夷陵の戦いで負ける劉備
  6. 黄忠VS夏侯淵

    はじめての蜀

    104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

    天蕩山(てんとうざん)の食糧を奪われた夏候…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 5月 01日

    記事ふざけすぎて読みづらい。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP