呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

はじめての呉

朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍

朱然




朱然

 

皆さんは孫呉の武将・朱然(しゅぜん)を知っていますか。

マイナーすぎて知らない人が多いと思います。

ですので、今回は読者が少しでも呉に興味を持ってもらうため、

呉の武将・朱然をご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生

関連記事:【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの?

 

 

最初の姓は朱ではなかった

孫策

 

冒頭で彼の名前は朱然と記載しましたが、若かりし頃は朱然ではなく、施然という名前でした。

ではどうして名前を変更したのかといいますと、

彼の母親の弟である朱治に跡取りが、できませんでした。

孫策(そんさく)が仲立ちを行い、施然が朱治の家に養子に入った事で、朱然と名乗る様になります。

 

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

関連記事:孫策、後事を孫権に託して病没する

 

 

孫権と共に勉強を励む

孫権と三国アヒル

 

朱然はその後、孫策の弟である孫権(そんけん)と共に勉学に励み、二人は学友として共に育ちます。

孫策の跡を孫権が継ぐと朱然は、すぐに県の長に任命され、その後もトントン拍子で出世していきます。

孫権は朱然のために丹陽という地をわざわざ分割し、臨川郡を設置して、

臨川太守に任命するほど高く信頼しておりました。

 

関連記事:孫権の妻たちは意外と知られてない?

関連記事:孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

関連記事:鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名使者

孫権の信頼に応え、孫呉を支える柱へ

朱然

 

朱然は、あまり実績のない自分を厚遇してくれた孫権の信頼にしっかりと応えていきます。

山越族が反乱を起こした際には、一ヶ月あまりで平定し、

されに曹操(そうそう)軍が大軍を率いて、

濡須へ侵攻してくると守備を命じられた場所をしっかりと守り、

曹操軍の侵攻を許しませんでした。これらの実績が孫権に認められ、偏将軍の位を授かります。

 

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

 

関羽討伐戦にも貢献

朱然と関羽

 

関羽(かんう)討伐戦に従軍し多際には、同僚の潘璋と共に別働隊を率いて、

関羽を捕縛する大功を立てます。

この時、総司令官である呂蒙から

「決断力・実行力共に申し分ない実力である」と大いに朱然を褒め称え、

 

朱然

 

自分の後継者として孫権に推薦します。

孫権は呂蒙(りょもう)の評価を聞き、荊州の要である江陵守備を命じます。

 

関連記事:病気の呂蒙を穴から見守る孫権

関連記事:三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙

関連記事:呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ

 

夷陵の戦いにも貢献

劉備 関羽途方 ぶち切れ

 

その後、劉備(りゅうび)が蜀軍を率いて夷陵に侵攻してきます。

朱然は、総司令官・陸遜(りくそん)と共に出陣します。

 

朱然と陸遜

 

陸遜が、蜀軍を火計と呉軍の猛攻により、大損害を与えている間、

朱然は別働隊を率いて、退却路を塞ぎます。

そのため退却してきた蜀軍に痛撃を与え、戦果拡大に大いに励みました。

この大勝利の後、諸将は劉備を打ち取るため、白帝城を攻略する様に陸遜に求めます。

 

関連記事:100年に1人の逸材|陸遜(りくそん)の生涯をたどる

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将

 

朱然は魏の動向が怪しいと察知

曹丕皇帝

 

朱然は、魏の動向が怪しいので荊州方面の守備を固めるべきであると、進言します。

陸遜は朱然の意見を採用し、すぐさま荊州の防備を固め、彼には江陵城の守備を命じます。

朱然の読み通り、魏軍は張郃(ちょうこう)

曹真(そうしん)などの歴戦の武将と大軍を率いて侵攻して来るのです。

江陵を救うために来た呉軍の武将は敗れ、城内には疫病が蔓延して、守備兵が激減します。

さらに江陵城では、魏軍に内応する者が出るなど絶望的な状態になります。

しかし朱然は、冷静に対応し、まず内応した人物を処刑します。

その後、城門を開き敵陣をいくつも破砕し、奮戦します。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

関連記事:曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

 

魏軍を撤退させた朱然

朱然

 

このように状況に応じた、適切な判断により、江陵城は何とか持ちこたえ、魏軍は撤退します。

江陵城攻防戦における朱然の活躍は、孫呉の中で有名になり、国家の中核を担う人物と認められます。

さらに敵国である魏の国内にもその勇名が響き渡りました。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

惜しまれた朱然の死

朱然

 

孫呉の歴戦の武将が相次いでなくなり、

諸葛瑾の息子・諸葛恪(しょかつかく)や歩騭の息子・歩協などの2世武将たちが

前線で活躍する時代になります。

朱然は彼らのまとめ役として、度々総司令官に任命され、軍功を重ねて行きます。

孫権はますます、朱然に対しての信頼を厚くしますが、彼は病に倒れてしまいます。

孫権は、朱然が病に倒れたと聞くと、すぐに薬や医師、見舞いの品などを贈ります。

しかし完治するには至らず、闘病生活2年目にして、朱然は亡くなってしまいます。

彼は病気療養中も仕事を行い、

江陵の防備を厚くするための付け城の建築指示などを行っていたそうです。

孫権は彼の葬儀は盛大に行い、心を込めて哭礼を行ったそうです。

 

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

関連記事:あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

朱然の性格は明るく、質素な生活を送っていたそうです。

また戦の際は常に先頭に立って兵士を指揮し、

絶望的な状況に陥った時には冷静な判断を行い、諸将や配下に動揺を見せなかったそうです。

今回のお話はここまでにゃ。

次回もまた初めての三国志で、お会いしましょう。

それじゃまたにゃ~

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 正史三国志・呉書を作り上げる韋昭(いしょう) 韋昭とはどんな人?正史三国志の「呉書」の制作チームとして貢献した…
  2. 記録が乏しい孫堅の妻たち
  3. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の…
  4. kataru 陳寿が語る孫権像
  5. 甘寧 ゆるキャラ 三国志 あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王
  6. そんろは 孫魯班 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題
  7. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  8. 徐盛(じょせい)呉の将軍 徐盛(じょせい)ってどんな人?人生を戦いの中で過ごした呉の将軍

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 鍾会を説得する姜維
  3. 孔明 東南の風
  4. 蜀の劉琦
  5. 関羽が殺されキレる劉備
  6. 劉邦をなだめる陳平と張良
  7. 王翦

おすすめ記事

  1. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス 魏曹操と魏軍と呉軍
  2. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  3. 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る! 亡くなる卑弥呼
  4. 黄崇(こうすう)と蒋斌(しょうひん)はどんな人?蜀の名将・黄権の息子と蜀の名宰相・蒋琬の息子
  5. キングダム最新ネタバレ598話「紡ぐ者」レビュー キングダム53巻
  6. 魏延(ぎえん)ってどんな人?裏切り者?それとも忠義の士? 蜀の魏延

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 徐庶
  3. 法正と劉備
  4. 徐庶
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徳川家康をボコボコにする武田信玄
  2. 劉備の黒歴史
  3. 関羽を討ち取る陸遜
  4. 玄宗皇帝

おすすめ記事

【孔門十哲】冉有(ぜんゆう)とはどんな人?ちょっぴりネガティブな手腕家 三国志 人気武将ランキング はじめての三国志 好きな武将アンケート 投票結果 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/19】 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった? 趙姫 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4 はじめての三国志 画像準備中 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人 周瑜に憧れる袁術 袁術が軍師を欲しがってたってホント?人の意見を聞かない袁術の本音とは? 兵士と禰衡 【将苑】諸葛亮の兵法-勝つ組織と負ける組織の違いとは

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP