麒麟がくる第19話 感想あらすじ「信長を暗殺せよ」麒麟がきた


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

麒麟がきた 特集バナーver2

 

尾張(おわり)の信長は、弟の信勝(のぶかつ)が美濃の斎藤義龍(さいとうよしたつ)、さらに義龍を通じて今川義元(いまがわよしもと)に通じている事を問題視し、これを殺す為に、病気見舞いを口実に那古野城に呼び出します。しかし、信勝も兄を亡き者にしようとして万病に効く白山(はくさん)の霊水と称した毒水を持参。それに逆上した信長は霊水を信勝に飲ませて殺害したのでした。

kawausoさんの麒麟がキター!

 

では、今回も行ってみよう麒麟がキターーーーー!!


麒麟がくる第19話 感想あらすじ「母を失う信長」

ひとりぼっちで寂しい織田信長

 

部屋に入った土田御前(どたごぜん)は死んだ信勝を見て取り乱します。そして、前後の事情など理解する様子もなく信長をなじり、お前はいつも私の大切な物を壊す弟を手に掛けて尾張を手に入れこれで満足かと泣き叫びます。

 

おそらく事情を知っていても土田御前はこうなのでしょう。自分に似て行儀のよい弟だけが可愛く何を考えているか分からない信長を嫌う。むごい、むごい人間のエゴです。しかし、信長はそんな(うと)まれている理由が理解できず、自分の部屋に戻り「わしは、父も弟も母も失った」と帰蝶(きちょう)につぶやくのです。こうして信長は次第に(ゆが)んでいくのですね。


麒麟がくる第十九話 感想あらすじ「将軍の帰還」

 

永禄元年(えいろくがんねん)三好長慶(みよしながよし)和睦(わぼく)した足利義輝(あしかがよしてる)が5年ぶりに京都に帰還します。しかし、それは一時的な和睦に過ぎず義輝の立場は以前にも増して不安定であり将軍は浮かぬ顔でした。

 

三淵藤英(みつぶちふじひで)細川藤孝(ほそかわふじたか)の兄弟は、そんな義輝を不安そうに見つめています。そんな折、義輝は将軍権威の復活を目指し全国の大名に上洛を促すのでした。

 

【麒麟がくる 視聴感想】
麒麟がきた


麒麟がくる第19話 感想あらすじ「十兵衛、再び京へ」

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

美濃より越前に落ち延びて2年、十兵衛の一家はすっかり新しい生活に馴染みましたが朝倉義景(あさくらよしかげ)は十兵衛を取り立てず、いまだに浪人暮らしをしながら子供達に読み書きを教えていました。しかし、十兵衛の評判は上々で称念寺の和尚からは寺でもっと多くの子供達に読み書きを教えてくれと頼まれています。そんな時、朝倉義景が十兵衛を呼びだします。

朝倉義景

 

義景は足利義輝より上洛の書状を受けたものの、三好長慶と将軍の確執に巻き込まれるのを嫌がり十兵衛に献上品の(たか)を持たせて様子を見て来いと命じたのです。戦国大名らしからぬ事なかれ主義ですが、十兵衛は久しぶりに義輝に会える事を喜びます。

煕子(明智光秀の妻)

 

さらに家に帰った十兵衛に嬉しい報告が待っていました。熙子(ひろこ)のお腹に新しい命が宿っていたのです。十兵衛は喜び熙子を抱きしめ、母の(まき)に報告に向かいます。

kawauso

 

ひゅー!ひゅー!すっとボケた顔してやる事やってんじゃんか、このスケベ!


麒麟がくる第十九話 感想あらすじ「藤孝との再会」

細川藤孝

 

十兵衛は上洛し、相国寺(しょうこくじ)で三淵藤英と細川藤孝に再会、献上品の鷹を贈り、かつて藤孝の書状で自分が朝倉義景に拾われた事に礼を述べました。献上品の鷹を喜んだ藤英と藤孝ですが、義景が上洛しない事には残念そうな顔をしました。義輝の上洛要請に応じて上洛した大名は少なかったからです。どんな大名も室町将軍に権威を認めず、むしろ、その背後の三好長慶の意向を気にしていました。義輝の武家の棟梁(とうりょう)たらんという矜持(きょうじ)は現実の前に無力でした。しかし、そんな中でも織田信長は上洛に応じたというので十兵衛は驚きます。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  3. キレる上杉謙信
  4. 織田信長と喧嘩をする織田信勝
  5. 肉屋

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP