蜀滅亡はどこに原因があったの?滅びの「時」を考える


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

降伏した晋軍が裏切り逆にピンチになる呉軍と張悌(ちょうてい)

 

滅びる時は何をしても滅び、滅びない時は何をしていても滅びないのが歴史の面白さであり、胆であるのではないかと思います。それを考えると蜀滅亡、呉滅亡、そして魏から晋へと時代が移り変わるのは必然であったのかもしれませんね。

晋軍の降伏を受け入れる張悌(ちょうてい)

 

それでも人は過去にどうしてこうなったのか、という理由を探してしまうもの。そこで今回は筆者なりに蜀滅亡の原因を話してみたいと思います。


滅亡の足音

関羽の降伏を説得しにいく張遼

 

蜀滅亡の原因の一つであり、スタートと言えるのは筆者的には関羽(かんう)です。樊城(はんじょう)で関羽が敗北したこと……も大きい原因の一つですが、ここで呉との関係が物凄く悪化してしまっていたのが大きな要因だと思います。

 

魏の皇帝になる曹丕

 

というのも強大な魏に対抗するには、蜀と呉は協力しなければいけないのに、その形を壊してしまったからです。関羽の呉への尊大な態度は自らだけでなく、蜀の滅亡も引き寄せたと思っています。


劉備の失態

ブチギレる劉備

 

しかし関羽(かんう)の失態は義兄であり、トップである劉備(りゅうび)の責任とも言えるでしょう。本来ならば関羽を諫める立場でなければならず、呉との関係を保つように心配をしなければいけません。その点ができていなかったのは劉備、もしくは周囲のミスと言えるでしょう。また劉備も義弟の敵討ちという理由があったとはいえ、大きな戦をやってしまうという失態を犯しています。


力を削がれてしまった国

夷陵の戦いで負ける劉備

 

夷陵(いりょう)の戦いは仕方のない面もあったかもしれませんが、国として大きな失策です。もちろん大敗北をしてしまい国力、そして時代を担うであろう人物たちを多く失ってしまったというのも国として大きなダメージです。しかし何よりも呉との関係が悪くなるということに配慮がなされていません。蜀の皇帝に即位した劉備

 

それに劉備の皇帝宣言は魏への対抗策であるのに、皇帝になって一番先に呉と戦うというのは最早目的を忘れていると言っても良いのではないでしょうか。


諸葛亮の大きなミス

山頂に陣を敷いた馬謖

 

劉備と関羽の話をしましたが、筆者は諸葛亮(しょかつりょう)もミスを犯していると思います。それは弟子であった馬謖(ばしょく)のミスです。そう、街亭(がいてい)の戦いと呼ばれるあの戦いで、馬謖は大きなミスを犯しました。これは馬謖のミスですが、馬謖がこのようなミスをしてしまうことを想定できていなかった諸葛亮のミスであるとも言えるでしょう。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 孔明と司馬懿
  2. 陸遜
  3. 法正が亡くなり悲しむ劉備
  4. 諸葛誕
  5. 剣を持って戦う徐庶
  6. 酒を飲む曹操と劉備と呂布

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 曹孫劉
    • 2020年 5月 28日

    何を今更なことばかりで目新しさゼロですね。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP