キングダム649話予想「発見!邯鄲には扈輒以上の守護神がいた!」


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

内容に納得がいかないkawauso様

 

史実的には桓騎にブッコロされる事になっている邯鄲(かんたん)の守護神扈輒(こちょう)将軍。しかし、実際の趙には扈輒の100倍頼りになる最強の守護神が存在していました。

 

今回は史実から、桓騎(かんき)はおろか王翦(おうせん)でさえ勝負を避けた邯鄲の最強の守護神を紹介します。

 

キングダム649話予想「邯鄲最強の守護神とは趙の長城」

万里の長城

 

邯鄲最強の守護神とは、只今逃亡中の李牧でもなければ顔も明らかではない司馬尚でもありません。それは、地図を見て頂ければわかりますが邯鄲を取り囲む趙の長城です。

 

はい、キングダムの漫画ではストーリーの都合上、登場してこないのですが、実際には、この趙の長城が秦軍に立ちはだかり、秦は鄴を攻め落とした後も、目と鼻の先の邯鄲を直接攻撃できず、太行山脈を北上して太原に至り、そこから狼孟さらに番吾を通過して大きく迂回して北から邯鄲を襲撃する事になりました。

 

 

Kawausoは、どうして鄴からそのまま邯鄲に向かって攻めないのだろう、わざわざ北上して、迂回して邯鄲を包囲するのだろうと、ずっと不思議でしたが、邯鄲の周囲に長城が存在していた事実を知り、全て納得できました。

 

キングダム649話予想「李牧が番吾にこだわった理由も氷解!」

馬で高速移動する王翦

 

李牧は牢獄に入っている頃、郭開に番吾(ばんご)に兵力を集中するように遺言していましたが、その理由も地図を見て頂ければ一目瞭然(いちもくりょうぜん)です。秦軍が太行山脈(たいこうさんみゃく)を通って趙の領内に出るには、どうしても番吾を通過しないといけません。

 

だから、李牧としては番吾さえしっかり守れば邯鄲を突かれる事はないと考えて、郭開に遺言したのだという事がハッキリします。

 

李牧は長城を信頼しており、ここを秦が抜く事は無理だから、番吾さえ押さえておけば大丈夫とそう考えているのでしょう。漫画でどのような理屈になるかは不明ですが、少なくとも史実ベースで考えると、そうなります。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム649話予想「鄴を落とした王翦も長城は落とせない」

炎上する城a(モブ)

 

王翦と言えば、難攻不落の鄴を落とした将軍ですが、そんな王翦でさえ邯鄲に聳える長城は陥落させる事が出来ませんでした。

 

紀元前229年に羌瘣(きょうかい)と共に、趙に攻め込んだ王翦ですが、やはりそのルートは太行山脈を北上し、狼孟(ろうもう)、そして番吾を越えて井陘(せいけい)で李牧と対峙しています。

 

李牧にしても、紀元前232年には狼孟、番吾を秦の将軍某に抜かれたのを再度逆襲して撃破しているので、邯鄲を落とせるか落とせないかは、太行山脈の攻防に関わっているのです。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-