キングダム649話雑学「趙が滅ぶのは魏のせいが60%!根拠は?」


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

kawauso

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、7月22日は休載でしたので、来週までのお楽しみでキングダムの裏側や雑学を色々書いています。

 

キングダムの予想サイトは数あれど、こんな面倒くさい事を嬉々としてやっているのはkawausoだけと自負しておりますが、今回は趙がほろぶのは魏の責任が60%と題して、裏からキングダムを斬ってみましょう。

 

キングダム649話雑学「余りにもやられ過ぎな魏」

 

 

漫画だけ読んでいると気づきにくい視点ですが、趙と魏と韓は三晋(さんしん)と呼ばれ、過去に存在した超大国の晋が3つに分裂したものです。その為、三晋は基本的に秦に対しては共同戦線を張り、合従軍の常連でもありました。

 

元々は、上図のごとくキングギドラのように絡み合い秦に対抗していた三晋ですが、秦嬴政(えいせい)が即位する頃になると魏が息切れし、負けがこむようになります。

 

キングダム649話雑学「蒙驁に20城以上を陥落させられる」

炎上する城a(モブ)

 

紀元前242年、史実では王翦(おうせん)に匹敵する名将蒙驁(もうごう)が、魏を制圧すべく進軍を開始します。最初に酸棗(さんそう)を平定すると、燕虚(えんきょ)、長平、雍丘(ようきゅう)山陽(さんよう)城を抜き20もの城を落として、ここに秦は東郡を置いて住民を移住させて直轄地にします。

 

その後も、紀元前238年には、魏の(えん)蒲陽(ほよう)を攻め、楊端和(ようたんわ)が魏の衍氏(えんし)を攻め落としています。漫画では目立ちませんが、魏の持つ城邑は30位ですから2/3を奪われた形です。

 

このように城を削られた結果、魏はどうなるのでしょう?

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム649話雑学「魏を後退させ趙を半包囲」

 

 

御覧のように、紀元前230年の勢力図では、紀元前249年に比較して魏は大幅に領地を減らしているのが分かります。秦は赤い帯のように領地を拡大させ、趙と韓、魏を分断する事に成功していました。

 

これにより秦は同盟国の斉と境を接すと同時に、趙を半分包囲します。では、どうして秦は韓と魏から趙を隔離したのでしょうか?それは、趙の王都である邯鄲を二正面作戦で攻撃する為でした。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-