今日のkawauso1史実の呂不韋の思想とは?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

kawauso

 

※kawauso編集長がその日思った事を綴ります。

 

キングダムが史実を曲げて生かしてしまった大商人呂不韋(りょふい)

過去に秦王嬴政(しんおうえいせい)と天下について激論をした事もあり、作者もお気に入りらしい呂不韋ですが、あの人を喰ったような性格に根拠はあるのだろうかと思いついて調べてみました。

呂不韋は秦の国相になってから呂氏春秋(りょししゅんじゅう)という大部の思想書を3000人と言われた食客(しょっかく)共同編纂(きょうどうへんさん)していてどうも、その中にこそ呂不韋の考え方があるようです。

 

例えば呂氏春秋には人を観る方法として六験八観(ろっけんはっかん)があって、内容は簡単に言うと

 

・六験

 

①人を喜ばせて節操をはかる。

②人を楽しませて性癖(せいへき)をはかる。

③人を怒らせて節度をはかる。

④人を怖がらせて自立性をはかる

⑤人を悲しませて人格をはかる

⑥人を苦しませて志をはかる

 

・八観

 

①出世したら誰と付き合うかを観る

②富めば何にお金を注ぎ込むか観る

③善行を聞けばそれを実践するか観る

④ある事に熟達したらその発言を観る

⑤一人前になったら何を好むか観る

⑥貧しくなったら何を受け取らないか観る

⑦落ちぶれたらその行動を観る

⑧昇進したら恩人にどんな恩返しをするか観る

 

これを見ると、呂不韋の人を喰ったような対応のひとつひとつは六験・八観に適っているように思えます。最初は勝負にならない程に勢力の開きがあった嬴政の勢力をただちに全力で潰さなかったのも六験・八観に掛けて試していたせいかも知れません。

どこまでも商人である呂不韋は意味なく人的資産を潰してしまうのを「勿体ない」と本能的に避けていたのかも

文責:kawauso編集長

 

読者の皆さんは呂不韋はどんな性格だと思いますか?

またkawausoの記事にどんな感想を持ちましたか?

コメントをお待ちしています。

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 月刊はじめての三国志5月号2020年 徐庶
  2. 司馬懿

    今日のkawauso

    今日のkawauso25「曹爽自由零年」

    人が自由を失うとどうな…

  3. 内容に納得がいかないkawauso様
  4. 塩商人だった関羽
  5. 張既(大人)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP