ライセンシー募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての呉

張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役

この記事の所要時間: 449




 

孫呉を支え続けた宿老として有名な張昭(ちょうしょう)。

彼に比肩する才能を持った臣が孫呉を支えていたのを皆さん知っていますか。

彼の名を張紘(ちょうこう)と言います。

彼は張昭と同じく孫策(そんさく)の時代に仕え、彼の死後孫権(そんけん)に仕え孫呉を支え続けた賢才です。

その才能は曹操(そうそう)にも愛されるほどでした。




様々な学問を修めた秀才

三国志大学

 

張紘(ちょうこう)は徐州の広陵郡出身の人です。

彼は若い頃洛陽の太学(国立の大学)で学びます。

彼が学んだ学問は多岐に渡り、「易経(えききょう)」・「詩経」・「礼記(らいき)」

・「左氏春秋(しゅんじゅうさし)」を修めます。

その後故郷である広陵へ戻ると、茂才(もさい)に推挙され、

大将軍何進・大尉朱儁(しゅしゅん)・司空荀爽(じゅんそう)から招かれますが、

彼は病と称して出仕を拒否します。

 

関連記事:【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校




孫策に仕える

孫策 頬

 

張紘は中原が乱れると、家族を連れて江東へ避難します。

その後彼の母が亡くなります。

彼は母の喪に服しておりましたが、一人の青年が家を訪れます。

その青年の名は孫策。

彼は張紘の賢才ぶりを聞き、ぜひ部下に加えたいと考え、張紘の家を訪れます。

張紘は孫策と会うと、彼の人柄に惚れ、母の喪が終わると彼の元へ出向き、

仕えます。

 

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

 

 

許の献帝に上奏を届ける

献帝 恩賜の御衣

 

孫策は江東を平定すると、曹操の元に居る献帝の元へ張紘を派遣します。

張紘は許へ着くと献帝と会見し、孫策の書状を渡します。

その後江東の実情などを話、無事会見は終わります。

しかし曹操から引き留められ、侍御史(じぎょし)に任命されてしまいます。

このため江東に帰る事が出来ず、許に留まる事になってしまうのです。

 

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

関連記事:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操

 

曹操の江東討伐を諫める

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

孫策は許貢(きょこう)の食客らに暗殺されてしまいます。

孫策の跡を継いだのは孫権です。

孫策が亡くなり、若き当主が江東の主となった事を知った曹操は

江東を討伐しようと考えます。

張紘は曹操が江東討伐をもくろんでいると知り、

彼に「江東を討伐するより、彼らに恩を与えた方が得策です。」と

アドバイスを行います。

曹操は彼のアドバイスを取り上げ、孫策の跡を継いだ孫権に

討虜将軍(とうりょしょうぐん)の位と会稽太守を与えます。

そして曹操は張紘に「孫権を説得して配下に加わるよう説得して来い」と命じます。

張紘はこうして曹操の元を離れ、久しぶりに江東へ帰る事が出来ました。

 

孫権の母親からの依頼

謝夫人 孫権の妻

 

江東に戻った張紘は孫権の母親である太夫人から呼ばれます。

太夫人は張紘が来ると「伯苻(はくふ=孫策の字)の跡を継いだ仲謀

(ちゅうぼう=そんけんの字)はまだ若く、

江東の主となって日が浅く心配です。

どうか息子の補佐をよろしくお願いします。」と伝えます。

彼は「分かりました」と応えます。

その後孫権の政治で何か問題が起きると、彼はすぐに適切な対応をおこない、

太夫人の期待通りの行動を行います。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の…
  2. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子…
  3. 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣…
  4. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の…
  5. 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱…
  6. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  7. 周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍
  8. 呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  2. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】
  3. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.1
  4. 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観
  5. 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった! 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は? 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執事 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった? 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?

おすすめ記事

  1. 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!
  2. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  3. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード
  4. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  5. 三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで)
  6. 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生
  7. 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった
  8. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP