朝まで三国志悪
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての呉

張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役

この記事の所要時間: 447




 

孫呉を支え続けた宿老として有名な張昭(ちょうしょう)。

彼に比肩する才能を持った臣が孫呉を支えていたのを皆さん知っていますか。

彼の名を張紘(ちょうこう)と言います。

彼は張昭と同じく孫策(そんさく)の時代に仕え、彼の死後孫権(そんけん)に仕え孫呉を支え続けた賢才です。

その才能は曹操(そうそう)にも愛されるほどでした。




様々な学問を修めた秀才

三国志大学

 

張紘(ちょうこう)は徐州の広陵郡出身の人です。

彼は若い頃洛陽の太学(国立の大学)で学びます。

彼が学んだ学問は多岐に渡り、「易経(えききょう)」・「詩経」・「礼記(らいき)」

・「左氏春秋(しゅんじゅうさし)」を修めます。

その後故郷である広陵へ戻ると、茂才(もさい)に推挙され、

大将軍何進・大尉朱儁(しゅしゅん)・司空荀爽(じゅんそう)から招かれますが、

彼は病と称して出仕を拒否します。

 

関連記事:【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校




孫策に仕える

孫策 頬

 

張紘は中原が乱れると、家族を連れて江東へ避難します。

その後彼の母が亡くなります。

彼は母の喪に服しておりましたが、一人の青年が家を訪れます。

その青年の名は孫策。

彼は張紘の賢才ぶりを聞き、ぜひ部下に加えたいと考え、張紘の家を訪れます。

張紘は孫策と会うと、彼の人柄に惚れ、母の喪が終わると彼の元へ出向き、

仕えます。

 

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

 

 

許の献帝に上奏を届ける

献帝 恩賜の御衣

 

孫策は江東を平定すると、曹操の元に居る献帝の元へ張紘を派遣します。

張紘は許へ着くと献帝と会見し、孫策の書状を渡します。

その後江東の実情などを話、無事会見は終わります。

しかし曹操から引き留められ、侍御史(じぎょし)に任命されてしまいます。

このため江東に帰る事が出来ず、許に留まる事になってしまうのです。

 

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

関連記事:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操

 

曹操の江東討伐を諫める

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

孫策は許貢(きょこう)の食客らに暗殺されてしまいます。

孫策の跡を継いだのは孫権です。

孫策が亡くなり、若き当主が江東の主となった事を知った曹操は

江東を討伐しようと考えます。

張紘は曹操が江東討伐をもくろんでいると知り、

彼に「江東を討伐するより、彼らに恩を与えた方が得策です。」と

アドバイスを行います。

曹操は彼のアドバイスを取り上げ、孫策の跡を継いだ孫権に

討虜将軍(とうりょしょうぐん)の位と会稽太守を与えます。

そして曹操は張紘に「孫権を説得して配下に加わるよう説得して来い」と命じます。

張紘はこうして曹操の元を離れ、久しぶりに江東へ帰る事が出来ました。

 

孫権の母親からの依頼

謝夫人 孫権の妻

 

江東に戻った張紘は孫権の母親である太夫人から呼ばれます。

太夫人は張紘が来ると「伯苻(はくふ=孫策の字)の跡を継いだ仲謀

(ちゅうぼう=そんけんの字)はまだ若く、

江東の主となって日が浅く心配です。

どうか息子の補佐をよろしくお願いします。」と伝えます。

彼は「分かりました」と応えます。

その後孫権の政治で何か問題が起きると、彼はすぐに適切な対応をおこない、

太夫人の期待通りの行動を行います。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは…
  2. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった…
  3. 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!
  4. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?
  5. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官…
  6. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  7. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性
  8. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  2. 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』
  3. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)
  4. 超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上?
  5. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由
  6. 【三国志×位置ゲー】スマートフォンゲームアプリ『見つけて!三国志』iOS版 配信開始!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る はじめての三国志 好きな武将アンケート 投票結果 三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.1 2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」の見どころ紹介 はじめての三国志開設2周年のご挨拶

おすすめ記事

  1. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】
  2. キングダム 534話 ネタバレ予想:倒せるか?紀彗軍
  3. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!
  4. 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち破って漢の領土を回復させた武人
  5. ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!?
  6. 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?
  7. 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。
  8. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP