キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての呉

張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役

張紘が病死したという手紙を読み涙する孫権




 

 

孫呉を支え続けた宿老として有名な張昭(ちょうしょう)。

彼に比肩する才能を持った臣が孫呉を支えていたのを皆さん知っていますか。

彼の名を張紘(ちょうこう)と言います。

彼は張昭と同じく孫策(そんさく)の時代に仕え、彼の死後孫権(そんけん)に仕え孫呉を支え続けた賢才です。

その才能は曹操(そうそう)にも愛されるほどでした。




様々な学問を修めた秀才

三国志大学

 

張紘(ちょうこう)は徐州の広陵郡出身の人です。

彼は若い頃洛陽の太学(国立の大学)で学びます。

彼が学んだ学問は多岐に渡り、「易経(えききょう)」・「詩経」・「礼記(らいき)」

・「左氏春秋(しゅんじゅうさし)」を修めます。

その後故郷である広陵へ戻ると、茂才(もさい)に推挙され、

大将軍何進・大尉朱儁(しゅしゅん)・司空荀爽(じゅんそう)から招かれますが、

彼は病と称して出仕を拒否します。

 

関連記事:【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校




孫策に仕える

孫策 頬

 

張紘は中原が乱れると、家族を連れて江東へ避難します。

その後彼の母が亡くなります。

彼は母の喪に服しておりましたが、一人の青年が家を訪れます。

その青年の名は孫策

彼は張紘の賢才ぶりを聞き、ぜひ部下に加えたいと考え、張紘の家を訪れます。

張紘は孫策と会うと、彼の人柄に惚れ、母の喪が終わると彼の元へ出向き、

仕えます。

 

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

 

 

許の献帝に上奏を届ける

献帝 恩賜の御衣

 

孫策は江東を平定すると、曹操の元に居る献帝の元へ張紘を派遣します。

張紘は許へ着くと献帝と会見し、孫策の書状を渡します。

その後江東の実情などを話、無事会見は終わります。

しかし曹操から引き留められ、侍御史(じぎょし)に任命されてしまいます。

このため江東に帰る事が出来ず、許に留まる事になってしまうのです。

 

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

関連記事:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操

 

曹操の江東討伐を諫める

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

孫策は許貢(きょこう)の食客らに暗殺されてしまいます。

孫策の跡を継いだのは孫権です。

孫策が亡くなり、若き当主が江東の主となった事を知った曹操は

江東を討伐しようと考えます。

張紘は曹操が江東討伐をもくろんでいると知り、

彼に「江東を討伐するより、彼らに恩を与えた方が得策です。」と

アドバイスを行います。

曹操は彼のアドバイスを取り上げ、孫策の跡を継いだ孫権

討虜将軍(とうりょしょうぐん)の位と会稽太守を与えます。

そして曹操は張紘に「孫権を説得して配下に加わるよう説得して来い」と命じます。

張紘はこうして曹操の元を離れ、久しぶりに江東へ帰る事が出来ました。

 

孫権の母親からの依頼

謝夫人 孫権の妻

 

江東に戻った張紘は孫権の母親である太夫人から呼ばれます。

太夫人は張紘が来ると「伯苻(はくふ=孫策の字)の跡を継いだ仲謀

(ちゅうぼう=そんけんの字)はまだ若く、

江東の主となって日が浅く心配です。

どうか息子の補佐をよろしくお願いします。」と伝えます。

彼は「分かりました」と応えます。

その後孫権の政治で何か問題が起きると、彼はすぐに適切な対応をおこない、

太夫人の期待通りの行動を行います。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない…
  2. 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せくだ…
  3. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰)  【呉を作った男達】いぶし銀の輝きを放つ呉の英雄を紹介!
  4. 蜀の外交官・鄧芝 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名…
  5. 趙達とはどんな人?数学知識を駆使して未来を予言した男
  6. 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十…
  7. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰)  【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?
  8. 甘寧 ゆるキャラ 三国志 あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  2. 三国志 麻雀
  3. おんな城主 直虎
  4. 魏の占い師・周宣(しゅうせん)
  5. 岳飛(南宋の軍人)
  6. キングダム54巻amazon
  7. 藏覇(臧覇)と孫権
  8. 徐璆

おすすめ記事

  1. 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康 武田信玄と徳川家康
  2. 93話:名将 張任、遂に堕ちる
  3. 今更勉強しにくい鎌倉時代ってどんな時代なの?アンゴルモア 元寇合戦記を100倍楽しむ!
  4. 古代ローマ人の末裔が中国のある村に住んでいる!?
  5. 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ 三国志平話
  6. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活

三國志雑学

  1. 華雄と呂布
  2. 赤兎馬にまたがる呂布
  3. 甄氏(しんし)
  4. 虎豹騎を率いる曹休
  5. 病気がちな孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 王賁
  2. 王翦
  3. 袁家をイジメる董卓
  4. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  5. 三国志をより深く知る 特集noteバナー(有料)
  6. 頭痛に悩む曹操
  7. 三国志 武器

おすすめ記事

孟達と曹丕 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇 戦で活躍する凌統 凌統は怪我が原因で亡くなった?凌統の死因に迫る! キングダム54巻amazon キングダム600話ネタバレ予想「龐煖は誰狙い?蒙恬やっぱり信」 幻の1940年の東京五輪 いだてん 東京五輪と景気との関係は?1964年と2020年東京オリンピックの違いは? まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由 kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ) 小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP