今日のkawauso21「曹洪と同レベルの悪党」

 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし内容に納得がいかないkawauso様

 

元々資産家の曹洪(そうこう)は、曹操の親戚である事を利用し、金貸しなどして荒稼ぎをしていたばかりか、その身内にも犯罪者が多かった。

ところが、同じ時期に曹洪と同じレベルの悪党がいた事は余り知られていない。

その名を劉勲(りゅうくん)と言い、元袁術配下で盧江太守になった人で、後に孫策に敗れて旧知の曹操を頼り、重用されていい気になり、法令を破り、暴言やその食客や部下にも横暴な人間が多かった。

やがて法律に厳しい事で有名な楊沛が鄴令として赴任すると曹洪と劉勲は部下や一族に身を慎むように釘を刺したという

曹洪

 

ただ、最期だけは違い、曹洪が天寿を全うしたのに対し、劉勲は李申成という人物の告発で、それまでの罪状が調べられ死刑に処せられている。

いつ死んだか不明だけど、何かと庇ってくれた曹操の死後じゃないかな

 

前回記事:今日のkawauso20「三国志の誓いの立て方」

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 編集長日記02 kawausoさん、おとぼけさん
  2. kawauso
  3. 碁をうつ関羽
  4. 劉禅に質問をする司馬昭

    今日のkawauso

    今日のkawauso37「住めば都」

    魏の鄧艾(とうがい)に…

  5. kawauso
  6. 劉雄鳴は三国志の仙人

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP