今日のkawauso45「印の持ち方」

 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし劉備の黒歴史

 

三国志の時代は、役人というのは常に印を持っていないといけなかった。

それにも作法というものがあり、印にはつまみがついていて、そこに穴が穿っているのだけど、そこから紐を通している。この紐を綬(じゅ)と言い合わせて印綬。

 

そして、印綬を肘にかけるのが当時の正式な保有の仕方だった。

劉備が黄巾討伐の手柄で安喜県尉になり、督郵にリストラされた時にも杖で二百叩きした後に、安喜県尉の綬を解いて督郵の首にかけて逃げている。

三国志を創作する時には役に立つかなと思って書きました。

 

前回記事:今日のkawauso44「三国時代の鳥居強右衛門」

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. kawausoさん
  2. 月刊はじめての三国志5月号2020年 徐庶
  3. 袁紹を裏切る張コウ(張郃)
  4. 若い頃の袁紹と曹操は花嫁泥棒をする
  5. 劉禅に質問をする司馬昭

    今日のkawauso

    今日のkawauso37「住めば都」

    魏の鄧艾(とうがい)に…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP