潘璋は名将なの?悪役なの?二面性イメージが強い呉の猛将




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操に重宝される賈ク

 

積極的に人材登用を行い、優秀な人材を集めたことに定評がある曹操(そうそう)

 

劉備に資金を提供する簡雍

 

(三国志演義補正もあるが)数々の人々に慕われて名将たちが集った劉備(りゅうび)

 

呉に下る糜芳、孫権

 

しかし呉の王である孫権(そんけん)もまた色々な武将を従えていました。今回はそんな孫権のお抱え武将の中から、潘璋(はんしょう
)
、を紹介しちゃいましょう。




孫権に豪胆な性格を気に入られる潘璋

潘璋

 

孫権の子飼いの将である潘璋。彼は若い頃は気ままな性格であり、同時に貧乏時代には「酒のツケは出世払いだ!(倍返しではない)」と言って飲み歩くほどの豪胆な性格でありました。

 

呉の孫権は皇帝

 

しかしその性格が孫権に愛され、重用されるきっかけとなったといいます。孫権、こういうタイプが結構好きですよねぇ。




孫権の期待に応える潘璋

孫権

 

そして孫権の期待に、潘璋は応えます。市場監視の任に付いた時には厳粛な態度で職務に当たり、潘璋が治める市には不正がまかり通ることはなかったと言われています……ツケはほら、後から払えば不正じゃないから大丈夫なんでしょう、たぶん。

 

行軍する兵士達b(モブ)

 

また潘璋の部隊は統率に優れていて、兵たちの数以上の働きを見せることでも有名でした。そして潘璋自身も関羽討伐(重要)、夷陵の戦いなどで功績を重ね、孫権が皇帝になる時には右将軍に出世しました。

 

一転、三国志演義の潘璋

三国志演義_書類

 

さてここまでは正史の潘璋。そして三国志演義の潘璋は……薄々気付かれている人もいるかと思いますが、関羽討伐に参加してしまっているだけに扱いはお世辞にも良いとは言えません。

 

父・関羽とともに亡くなる関平

 

孫権の部下として出てくるも目立った活躍はないばかりか、次にクローズアップされる時には関羽(かんう)の武器の青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう
)
を褒賞として貰う……読者の嫌な予感は見事に当たり、その青龍偃月刀が目印となって関興(かんこう
)
に襲われるわ、

 

関興と張苞

 

逃げた先でも関興がいるわ、何か分からないけど出てきた関羽の亡霊にびっくりしている間に関興に斬られてしまうのでした……何なんだ。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 眠る于禁
  2. 周泰(しゅうたい)
  3. 姜維、孔明
  4. 王政君お怒り!玉磁なげる

    三国志の雑学

    秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

    玉璽(ぎょくじ)というのは平たく言…

  5. 関羽を捕縛する馬忠
  6. 劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP