キングダム658話ネタバレ「一つの覚悟」レビュー考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

洛陽城

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、658話ではなんと呉鳳明(ごほうめい)井蘭車(せいらんしゃ)が什虎城の城壁に簡単に引っ掛かります。

そのまま、城門が開くのを待つばかりの魏の将軍、袁比(えんひ)ですが、どうもすんなり行き過ぎで仕掛けがありそうです。

そして月知平原では、(とう)の突破力に寿胡王が城への退却を命じていました。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

では、行ってみよう今週もキングダム658話ががキターーーーー!!

 

※この記事はキングダム658話のネタバレが含まれているのでご注意下さい。




キングダム658話ネタバレ「初登場井蘭車の指揮官、袁比将軍御満悦」

兵士 朝まで三国志

 

什虎城には、見える限りで4台の井蘭車が登場し城壁に取りついています。

城内の什虎兵は、魏の井蘭車の勢いに押されて、城内に魏兵の侵入を許してしまっている状態です。

それを見上げる顔が上半分見えない魏の騎兵を率いる袁比将軍は、

「鳳明様の井蘭車は細工があって面白い」と御満悦。

すでに城門が開く事を確信し、騎兵に突撃の準備をさせていました。




キングダム658話ネタバレ「器用な騰」

甘寧と凌統

 

次の場面では、(とう)の顔のすぐ横を白麗(はくれい)の矢が通過していきます。

かすり傷を負いつつかわす騰ですが、その矢は騰軍の無名の兵士の後頭部に思いきりブッささりました。

ああ、多分、死んでますね、この兵士わかってんだー。

 

騰「来ることが分かっていれば、当たることはない」

 

またまた、キリっとした顔で言い出す騰

 

白麗「ちっ、よけられた、俺の位置が分かっているな騰」

 

白麗は舌打ちします、部下が位置を変えましょうかと進言していますが、白麗は

「そんなひまはない、大丈夫だ」とまだあきらめていないようです。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム658話ネタバレ「乱美迫に呆れる項翼」

馬に乗って戦う飛信隊の信

 

一方、騰に絡んでいた項翼は、今度は乱美迫に執拗にからまれて身動きが取れない状態です。

乱美迫に殺されないものの、乱美迫を討つ事も出来ない項翼はイライラしている様子ですが、結果として、騰が寿胡王の本陣深く切り込むのが可能になっていました。

 

ここで、寿胡王は、致し方なし城に戻ると宣言します。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. キングダム56巻
  2. kawauso編集長
  3. kawauso
  4. キングダム54巻amazon
  5. キングダム

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    なんで予想が当たったとか外れたを気にしてるのな?
    ネタバレではなく予想屋に変更してはどうでしょうか

    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    主役登場無しでほぼ1カ月。
    作者が女絶ちしてるから、主人公を出さないのかも。
     
    信とモウブおっさんの戦いの違いをちゃんとして欲しい。
    いや、主人公は、この際どうでもよい、
    せめてキョウカイさんをチラッと出さんとと
    ブログ主から作者に伝えて欲しいです。
    (作者が逃亡してて、主役の描写が出来ないので、アシスタントで出来るストーリーにしてるのかも。)

    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    そもそもチーム変態の4将は便宜上什虎城を与えられてはいるものの、楚とは元々お互い敵同士なんで必死になって什虎(つまり楚を)を守る理由はない。

    寿胡王の対応を見ていると、彼らには什虎を守る意識は全く無くて、4人がいかに自分の望む死に場所を見つけるかに重点を置いているように思う。

    満羽はかつての自分を見るような蒙武との戦いに意義を見出しているみたいだし、千斗雲も今の戦いが楽しそう。

    玄右はちょっと分からないけど、寿胡王も知将呉鳳明との知恵比べと主攻騰の武力にやり甲斐がありそう。

    結局、4将それぞれが死に場所を見つけて、満足して終わりそうだけど。

    主人公が出て来ないターンの様なんで、あと数回で決着が着きそうだけど。

    • 匿名
    • 2020年 10月 22日

    予想が外れ凱孟は来ませんでした。袁比というよく分からない将軍が来ただけです。どうもすみません。

    ↑ ↑
    ブログ主はキングダムのストーリーの先読みの当たり外れで一喜一憂したい人なんだねw

    正直言ってどうでもいいよw
    キングダムの作者とブログ主は別人なんだから先々の展開が異なるのが当たり前でしょw

    記事が面白ければそれで良いよーwww

    • 匿名
    • 2020年 10月 22日

    てか四将全員が何かしら自分や部下の命を軽く見積もってる節があるよね。城の警備も雑過ぎるし。
    よりによってそんなんに要衝守らせてる辺りで楚軍は「数は多いが将の質が不足」って弱点晒してるんだが良いのかそれで・・・。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP