孫呉の第2代皇帝・孫亮は「なにかできた」か?「なにもしなかった」か?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孫権の跡継ぎ9歳の孫亮

 

孫亮(そんりょう
)
とは、三国時代の孫呉の第2代皇帝である。字は子明、初代皇帝である孫権(そんけん)の七男。243年生まれ、260年没。幼くして皇帝となり、若くしてその生涯を閉じることとなった人物。今回はそんな孫亮に注目しつつ、僭越ながら孫亮についての評価をしたいと思います。




荒れに荒れた祖国

孫登

 

さて孫亮は七男と言ったように、生まれつき次期皇帝とされていた訳ではありません。孫権には皇太子・孫登(そんとう
)
がおりました。何もなければ孫亮まで皇帝の座は回ってこなかったでしょう。

 

孫和

 

しかし241年、孫登が早逝してしまいます。この時には孫登の遺言もあり、弟である孫和(そんか
)
が皇太子となるのですが、孫権は孫和の弟である孫覇(そんは
)
にも同じ待遇で接していました。

 

二宮の変に巻き込まれて皇太子から格下げされる孫和

 

こうなると周囲を巻き込んで孫和派、孫覇派で揉めていきます。これが悪名しかない「二宮の変(にきゅうのへん)」です。




可愛がられた末っ子

後継者争いを放置する孫権

 

さてこうなると仲裁しなければならない立場の孫権ですが、彼はこの後継者争いに嫌気がさしていたのか、問題をほっぽりだして末っ子の孫亮を可愛がり始めます。そして問題を先延ばし先延ばしにして250年、驚きの結末が下されます。

 

孫覇

 

孫和は廃され、孫覇は自害を命じられ、皇太子となったのは孫亮でした。そして252年、孫権は没し、10歳の孫亮が皇帝となったのです。

 

専横に次ぐ専横

諸葛恪の栄光と破滅03 諸葛恪

 

孫権は最期に諸葛恪(しょかつ かく
)
に孫亮の補佐を頼みますが、よりによってこの後で諸葛恪は魏に大敗。大敗だけならまだ良いもの(良くはない)の、その失敗を失敗で上書きしようとします。

 

諸葛恪の栄光と破滅

 

大敗によって失った信頼、それを取り戻すために権力を握ろうとしたのです。このために諸葛恪は孫峻(そんしゅん
)
によって殺されることとなってしまいました。

 

諸葛恪と孫峻

 

しかし諸葛恪を倒した孫峻が忠義心に溢れた清廉な人物という訳ではなかったのは髀肉の嘆(ひにくのたん)……いえ、皮肉としか言いようがなく、今度は孫峻の、そして孫峻亡き後は孫チンの専横が始まるのです。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. そろばんを叩く関羽
  2. キレる孫策
  3. 五虎大将軍の趙雲
  4. 晋の陳寿
  5. 後継者争いで悩む孫権
  6. 秦明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP