キングダム660話休載SPvol2「満羽を裏切ったのは誰だ?」

2020年11月7日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

君主論18 kawausoさん

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、11月5日は休載でした。660話は、来週までお預けになったのですが、それまでに満羽を裏切ったのは誰か?ちょっと考えてみようと思います。

 

さらに、寿胡王が捕まるという恥辱を受けてまで(あるいは敢えて騰に捕まったのか?)赤の他人である蒙武に満羽、闇落ちの真相を語りたいのかまで考えてみます。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



キングダム660話休載SPvol2「満羽闇落ちに寿胡王は責任がある」

孟獲に変装する帯来洞主(南蛮族)

 

kawausoは、当初什虎4将軍を、ただの虚無に落ちたニヒリスト集団だと思っていましたが、どうも、満羽と寿胡王に関しては違うようです。

 

人間は完全に堕落してしまうには弱すぎると言われますが、あの龐煖(ほうけん)でさえゆるぎない自信を維持できず李信に敗れました。満羽にしても闇落ちの虚無の中で空しさが募り、それが野望の塊のような蒙武とぶつかる事で、捨て去った希望が甦りつつあるという事です。

 

特に、寿胡王はそんな満羽の変化を逐一気に掛けるなど、親身な節があります。そこで、考えられるのは寿胡王は満羽の闇落ちに関係しているか、なんらかの責任があるという事ではないでしょうか?

 

キングダム660話休載SPvol2「寿胡王は満羽と親友を引き合わせた」

蒙武

 

最近知ったのですが、蒙武と昌平君の関係については、キングダム連載直前の読み切り「蒙武と楚子(そし)」で詳しく出ていました。

 

あらすじは、楚から派遣されてきた人質の楚子こと昌平君が少年時代の蒙武と知り合い、喧嘩をしながらも無二の親友になり、2人で歴史に名を残そうと誓います。

 

昌平君

 

月日は流れ、遂には丞相になった昌平君が、秦王に楚を攻める策を立てるように命じられ、全く策を立てる事が出来ず、結局、楚を捨てられなかった事に気づき楚に逃亡。

 

それを知った蒙武が、かなり正露丸を飲み過ぎた顔になって衝撃を受けていました。

 

この話をなぞるなら、汨国(ぺきこく)の大将軍だった満羽には、幼馴染の大将軍がいて、(仮に名前を槍槓(そうかん)とします)2人を結び付けたのは、汨国の王族の寿胡王であり、責任の一端を感じているのではないかと思います。

 

そして、その槍槓は何らかの理由で楚に寝返り、満羽は槍槓を斬った。これにより虚無に陥ったと考えます。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム660話休載SPvol2「王騎に学ぶ虚無の乗り越え方」

亡くなる王騎

 

しかし、寿胡王から満羽の昔話を聞いたからと言って、それで将来の悲劇を乗り越える力になるでしょうか?

 

結果、なんだかんだで満羽が立ち直ったのなら、それを真似ればいいわけですが、満羽は蒙武と出会うまで、アレな感じだったわけですし、それだけで何とかという事にはならないでしょう。

 

では、一体、蒙武はどこに学べばいいのでしょう。

 

キングダム660話休載SPvol2「王騎はキングダム最強」

内容に納得がいかないkawauso様

 

kawausoはキングダムで一番精神がタフなのは、王騎なんじゃないかなと思います。

 

許嫁の(きょう)は、王騎との結婚直前で、強い者を殺して武芸を磨けば人類全体がアセンションして、この世から争いが無くなると信じる求道者とかいう危ない男、武神龐煖に斬殺。

 

その場で報復して一撃を加えるものの、龐煖は死んでなく、馬陽で再戦するものの、魏加の矢を脇腹に受けて、その隙をつかれ龐煖に致命傷を受けました。

 

よく考えると王騎は許嫁の仇も討てず、自身が仕えた昭襄王の生まれ変わりと信じた秦王政に仕えるも間もなく死んでいます。

 

キングダム660話休載SPvol2「見習うべきメンター王騎」

 

普通なら摎が死んで、昭襄王まで死んでしまっては、以後は永遠に正露丸を飲み過ぎた顔になりそうですが、王騎は一時は腐っていたものの、ユーモアを忘れず存在感がある元大将軍として君臨し続けました。

 

愛した者、心酔した上司を失っても、正露丸を飲み過ぎた顔にならない王騎こそ、蒙武が見習うべきメンターでしょう。そう言えば、王騎も初登場の時には、正露丸を飲み過ぎた感じの顔をしてましたね。

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso編集長

kawauso編集長

kawauso編集長です。 はじ三の中の人です。 様々なトピックを立てますが 盛り上がらない時には ごめんね。 大体、咬まないので 気軽にからんでもらえると 嬉しいです。

-キングダムのネタバレ考察
-