キングダム661話ネタバレ予想「さよなら什虎カルテット…いずこへ?」




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

内容に納得がいかないkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、660話では、いよいよ満羽の過去が明かされました。

それと同じく、千斗雲、玄右、寿胡王の虚無の正体が簡単ではありますが解説され、什虎カルテットの謎は消滅します。

さらに什虎城は、すでに魏の袁比将軍により落とされており、什虎3将軍の帰る所はありません。

ここからどうなるのでしょうか?




キングダム661話ネタバレ予想「什虎城奪還の現実性」

洛陽城

 

什虎の3将軍は、いずれもかなりの豪傑なので、魏の袁比(えんぴ)将軍が守る什虎城を奪還するのは、難しくないと思います。

しかし、什虎カルテットの秘密が判明した今、このまま千斗雲、玄右、満羽が什虎城を奪還しても、話が先に進まないのではないでしょうか?

 

それを考えると、什虎城の奪還には単純に意味がないのでやらないと推測します。




キングダム661話ネタバレ予想「解散してしまう什虎カルテット」

喧嘩ばかりする張飛と関羽

 

本拠地を失った什虎カルテットですが、元々、さまよっていた所を助命するかわりに、春申君(しゅんしんくん)に什虎城を守るように言われただけであり、城にはなんの愛着もありません。

 

特に、満羽は虚無から抜け出す傾向があり、蒙武との再戦を楽しみにしているような雰囲気がありました。

逆に、残りの2人は虚無傾向のままであり、前向きになってしまった満羽と思想が合わなくなるという事になるのではないでしょうか?

 

元々、バラバラだった3将軍ですから、広い楚の領地に散らばっていき、それぞれの安住の地を求める可能性も考えられます。

つまりは、さよなら什虎カルテットという事です。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム661話ネタバレ予想「蒙武を苦戦させ引っ張りダコに」

キングダム 戦国七雄地図

 

敗北したとはいえ、秦の六大将軍蒙武を苦戦させた事は、天下に鳴り響いた事でしょう。

斉以外の国は、潜在的に秦に脅威を感じているので、什虎3将軍は、どこに行くにしても引っ張りダコになるのではないでしょうか?

全員がヤケッパチ戦争屋なので、それぞれの国が秦との国境に3将軍を配置して、使い捨てにする事が予想されます。

 

キングダム661話ネタバレ予想「千斗雲は趙へ」

李牧

 

虚無から目覚めたわけではない千斗雲は、ひたすらに強い相手を求め、敗北して斬り殺される自殺願望を持っているようです。

だとすれば、楚に留まらずに、秦と趙が激闘している邯鄲に出向く可能性も考えられませんかね?

 

そこには、桓騎もいれば、楊端和も王賁も李信もいます。

自分の渇きにも似た闘争本能を満たし、八つ裂きにしてくれる相手を求めて、千斗雲は、戦いが続く邯鄲に現れ、李信や王賁と激突するかも知れません。

 

そして、李信に「げ!変態」とドン引きされる事でしょう。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. ホウ煖(龐煖)
  2. kawauso編集長
  3. キングダム54巻amazon
  4. キングダム
  5. 信の飛信隊が大きくなる

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 邯鄲の夢
    • 2020年 11月 17日

    終戦後の各国首脳部の思惑が。。。
    主人公セイがひさびさに登場。。
    次号本編に李信将軍が登場するのか?

    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    満羽と千斗雲、玄右は、昌平君が楚に寝返る辺りで再登場するのではないかと思うので、そのまま楚のどこかに滞在するんじゃないですか。

    元々什虎の界隈が故郷なんで、軍勢を連れてどこかに行くのも難しいだろうし、楚としても敵にすると脅威になるんで、どこかに城をあてがっておいて、敵が来たときの盾にする方が得策でしょ。

    寿胡王は、本人が承知すれば軍師にするかも知れないね。

    騰軍には王騎以来軍師がいない(要らない)んで自軍に入れるか、蒙毅坊っちゃまの家庭教師にするかは分からないが。

    満羽と蒙武の因縁が出来て、彼らの行く末も見たいだろうから、引き受けそうな気もするけど。

    これで前回予告編みたいに出ていた対趙戦に戻ると思う。

    • 匿名
    • 2020年 11月 15日

    秦魏からすれば元より楚に執着も無い武将、対抗する意志が無いならどこへなりとも行けって感じで楚から抜け出す機会を与えそうではる
    四将には楚の手が届かない国まで流れてるといいな

    • 諸葛匿名
    • 2020年 11月 14日

    三国志で有名な曹操と言えば「唯才のみを挙げよ(唯才是挙)」という当時としては斬新な求賢令で知られています。

    キングダムの時代においても「唯才是挙」という価値観は決して一般的な価値観ではないように思いますので、どんなに優秀な戦士であっても王からの停戦命令に従わない反抗的な輩は決して重んじては貰えないように思います。

    残念ながら、什虎カルテットの未来がブログ主の予想記事のように輝かしいものにはならないように思います。

    秦の常勝将軍であった白起の末路や趙の名将であった廉頗の末路が、世の真理を現しているように思います。

    • 匿名
    • 2020年 11月 14日

    現実にはあり得ない人事ですねーwww

    野球やサッカーチームの監督を任せる訳ではなく軍権を預けるんだよw

    まともな神経の持ち主であれば、こんな奴らに軍を率いさせる訳がないw

    せいぜい屈強で勇敢で無謀な奴だからという理由で「傭兵として雇ってやる」ってくらいの扱いでしょwww

    そもそも、元の主人に見捨てられた武辺者って設定の人物たちだからねw

    まぁ、漫画だからブログ主の予想記事も当たるかもねw




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP