月刊はじめての三国志2020年12月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじめての三国志

 

はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。「はじめての三国志」で掲載された記事をピックアップしました。(2020年12月)

 

この一冊で、はじ三の面白さがわかる月刊誌。値段は何と99円とワンコインで電子書籍で講読することができます。サクッと読めるラインナップのためスキマ時間などにいかがでしょうか?

 

■■■目次■■■

– 孔明の後継者は馬謖だけだった!
– え!張飛が主人公?三国志平話はどうやって日本に伝わってきたの?
– 歩練師とはどんな人?二宮の変の始まりを招いた?孫権の妻・歩夫人
– 赤兎馬(汗血馬)は西域産?それとも南蛮産?赤兎馬の産地考察
– なぜ王平の性格は史実と矛盾しているのか?山に登らなかった漢の謎評価

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 司馬懿
  2. yoriburin
  3. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. REC. Google Paly store引用

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP