歩練師とはどんな人?二宮の変の始まりを招いた?孫権の妻・歩夫人




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

大喬

 

孫策(そんさく)の妻であった大喬(だいきょう)周瑜(しゅうゆ)の妻の小喬(しょうきょう)は呉でも知らない人はいない女性でしょう。

 

呉夫人

 

また孫堅(そんけん)の妻であった呉夫人(ごふじん
)
呉国太(ごこくたい
)
などは孫家の母とも言うべき人物。しかし孫権(そんけん)の妻となるとあまり広くは知られてはいないように見受けられます。

 

孫権の娘が大喧嘩 孫魯班、孫魯育

 

そこで今回はその一人であり、ある意味で二宮の変(にきゅうのへん)の始まりとも言える人物でもある、歩夫人についてご紹介しつつ、彼女と二宮の変の関係についてもお話しましょう。




歩夫人は歩隲の同族

歩練師(女性)

 

歩夫人は博学、多才、人柄も良いと陳寿ちんじゅ)裴松之(はいしょうし
)
に称えられた歩隲ほしつ
)
の同族でもあり、(いみな
)
が錬師ということもあって「歩錬師(ほれんし
)
」とも呼ばれることもある、孫権の妻の一人です。

 

逃亡兵の妻子(女性)に処罰を加える法律

 

彼女は現在で言う江蘇省(こうそしょう
)
淮安市(わいあんし)の出身である徐州(じょしゅう)臨淮郡(りんわいぐん)淮陰(わいいん)の出身で、戦乱を避けて母親と共に江東(こうとう)に移住してきました。そこを孫権に見初められて妻となりました。




孫権からの深い寵愛を受けた歩錬師

容貌の美しさから孫権に愛された歩練師

 

歩夫人は嫉妬しない性格であり、他の女性を孫権に薦めたために逆に孫権から深く寵愛されたと言います。そんな歩夫人は孫権との間に一部では大変有名である孫魯班と孫魯育の二人の娘を設けました。

 

孫権

 

後に孫権は皇帝となり、皇后を選ぶ必要が出てきます。ここで孫権は歩夫人を皇后にしようとするのですが、群臣たちや、何よりも皇太子の孫登が徐夫人を皇后にすることを望みました。このため孫権は歩夫人を皇后にできず、かといって徐夫人を皇后にすることもないまま、長い不穏を残してしまいます。

 

孫登(そんとう)

孫登

 

ここで少し孫登(そんとう)についてもお話しましょう。孫登は孫権から後継者と期待された長男であり、皇太子であり、とても優秀な人物でした。しかし孫登の母親は身分が低かったため、徐夫人に育てられました。自分を養育してくれた女性であるからこそ、孫登は歩夫人ではなく徐夫人を皇后にして欲しいと主張していたのですね。

 

皇太子の母親

孫権から皇太子に任命される孫登

 

因みに皇太子となった孫登は、一度これを辞退したことがあります。

 

その際に「皇后を決めてから皇太子を決めるのが道理です」という全くごもっともな意見を述べました。

 

呉の孫権は皇帝

 

この時に孫権は「其方の母はどこにいる?」と尋ねると、孫登は「呉郡にいます」と答えました。これは孫登の生母ではなく徐夫人のことを指しており、孫登自身は自身の母親は育ての母親である徐夫人だと主張していたのです。

 

なおこれに関して孫権は何も答えることはなかったと言います。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 北条氏康
  2. 朱治
  3. ロバ顔の諸葛瑾
  4. 陸遜と孫権
  5. 呂壱(呂壹)と孫権
  6. 石亭の戦いで交える曹休と周魴(しゅうほう)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP