赤兎馬(汗血馬)は西域産?それとも南蛮産?赤兎馬の産地考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

赤兎馬が大好きな呂布

 

三国志に出てくる伝説の名馬、赤兎馬(せきとば)。こちらも猛将で名高い呂布(りょふ)の愛馬として有名であり、呂布亡き後は関羽(かんう)に譲られたとも言われ、名将たちを乗せて千里(せんり)を駆けたとされる名馬中の名馬。

 

お酒 三国志 曹操

 

今回はそんな名馬赤兎馬についてちょっとお話しましょう。よろしければタイトルにもあるように焼酎、赤兎馬を片手にお聞きくださいませ。




三国志演義では西からやってきた馬

三国志演義_書類

 

まず三国志演義の方のお話をしましょう。

 

汗血馬を手に入れる李広利

 

三国志演義ではこの赤兎馬は西との交易で手に入れた、汗血馬(かんけつば
)
という別名でも呼ばれている馬です。

 

赤兎馬

 

名前の由来のように血のような赤い汗を流すとも言われ、またその毛並みが赤く、兎のように良くは知ることから「赤兎馬」と呼ばれるとも言われて名付けられたとされています。

 

赤兎馬を可愛がる董卓

 

この名馬は当時の支配者でもあった董卓(とうたく)に名馬として献上されました。

 

関連記事:【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介

関連記事:【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・




呂布に贈られ、関羽に贈られ

李儒

 

この赤兎馬、董卓に反発する丁原(ていげん)の養子であった呂布を取り込むべく、李儒(りじゅ
)
の策によって呂布の下に贈られます。

 

呂布に殺害される丁原(ていげん)

 

名馬を贈られた呂布は丁原を殺害して、董卓に仕えるようになりました。

 

曹操から赤兎馬をプレゼントされる関羽

 

その後は呂布を討った曹操から関羽に贈られ、その後は関羽の愛馬となります。

 

関羽に見惚れる赤兎馬

 

この後に関羽を捕らえた褒美として馬忠に贈られるも、赤兎馬は餌を食べずに亡くなったと言われています。ただし馬の寿命からすると色々と疑問が残るので、これはあくまで三国志演義での創作とも言われていますね。

 

南蛮は赤兎馬の産地だった……?

父・関羽とともに亡くなる関平

 

ともあれ関羽亡き後には誰もその背に乗せずに歴史から姿を消した……みたいに描かれているにも関わらず、三国志演義ではもう一度赤兎馬が出てきます。

 

関興と張苞

 

そう!父親である関羽の仇を討とうと奮戦する息子・関興(かんこう
)
をその背に乗せた赤兎馬が……!

 

孟獲とラブラブな祝融

 

ではなく、南蛮王の孟獲(もうかく)祝融夫人(しゅくゆう ふじん
)
を乗せて。そして特に触れられないままこの赤兎馬は姿を消します。どうしてここで赤兎馬が出てきたのかは筆者も良く分からないので知識者の方がおりましたら考察を聞かせて頂くと幸いです(よろしくお願いします)。

 

関連記事:祝融とはどんな人?赤兎馬を乗りこなす女戦士は夫よりも強かった?

関連記事:祝融と孟獲三国志最強仲良し夫婦の面白エピソードとは

 

実在した赤兎馬

赤兎馬と呂布

 

と、ちょっと話がそれましたがこれが三国志演義の赤兎馬です。この印象から三国志演義の創作の馬であると勘違いされることがありますが、実際に赤兎馬と呼ばれる馬はきちんと歴史に記されています。

 

赤兎馬にまたがる呂布

 

例えば後漢書では「呂布は良い馬に乗っている。名前は赤兎。良く走って堀も飛び越える」と書かれており、三国志の呂布伝では「人中に呂布あり、馬中に赤兎あり」とまで賞されたと記されているのです。驚くことに「千里を駆けた」と言われる赤兎馬、実在したのですね。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 張飛の寝込みを襲う張達と范彊
  2. 陳平
  3. 劉備と孫権
  4. 袁術と曹操と黄巾賊
  5. 三国志平話

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 板倉
    • 2020年 11月 10日

    連続ですいません。長文でコメントします。

    はじ三のYou Tubeで『赤兎馬は小柄なポニーだった理由』に書いた私のコメントをこちらにも載せますね。

    個人的に馬の歴史を調べてます。一応私の見解を書いときますね。

    呂布の出生地から匈奴=モウコノウマ系の馬を想像しがち。
    あの馬種は確かに体高が低い。しかし董卓からの頂き物の赤兎馬だから董卓もまた羌族から頂いた物だと思われる。
    となると赤兎馬は漢の武帝も欲しがる大宛馬と同じ馬種であろうと推察できる。

    赤兎馬→汗血馬→大宛馬→アハルテケ(アカールテケ)

    三国志(後漢末)の赤兎馬は汗血馬である。汗血馬とは体内の寄生虫による疾患で汗が赤くなるもの。その汗血馬とは大宛馬の事である。
    大宛馬は三国志より前の前漢の武帝が戦争を起こしてまで得た馬。
    その大宛馬はアハルテケの事である。アハルテケは黄金色(河原毛)が有名だが実際の毛色は様々。そしてやはり汗血馬と同じく寄生虫を宿しており血の混ざった汗をかく。
    アハルテケの体高は14ハンドから16ハンドである。
    21世紀のサラブレッドの体高は大体16ハンドである。
    参考までに書いとくと、2020年北米リーディングサイアーを独走している大種牡馬イントゥミスチーフの体高が16ハンドです。平均体高はこんなものだと思って間違いない。

    アハルテケは赤兎馬の様に1日に千里を走るとまではいかないが、20世紀の記録では235マイルを水無しで3日で走破したと記されている。

    アハルテケの体高を見てもポニー級の赤兎馬も居たのも確か。でもサラブレッド級の体高の赤兎馬も居たのもまた確かだと思いますよ。

    とまぁこんな感じで書きました。アカールテケはタークの遺伝子を持ってます。タークとはトルコの馬の意味で馬の歴史を知る人達からはタークはアジアの馬と認識されてます。北アジアに生息していたモウコノウマとは明らかに別種です。

    馬は馬種によって歩法が違います。一般的には『斜対歩』と言う歩法なんですが、道産子みたいに生まれながら『側対歩』の歩法の馬も居ます。側対歩とは右前肢と右後肢が前に出すと左前肢と左後肢が後ろに向きます。この歩法の馬は牽引するのに適しており、欧州では馬車馬として使役されてました。前肢を高々と上げて歩く馬が居るでしょ。あれも側対歩の馬です。
    日本の在来馬は全て側対歩でモウコノウマも側対歩。そして紹介したタークは斜対歩なんです。
    漢の武帝は匈奴を倒すのに騎兵を編成しました。いわゆる衛青や霍去病の時代です。この時の馬は匈奴に倣ってモウコノウマが主流です。後漢でも騎兵と言ったらモウコノウマが主流です。こんな騎兵の中に斜対歩のタークが居たらと考えてください。速力の差は天と地ほど違います。
    三国志に登場する赤兎馬とか絶影なんかはタークと見て間違いないと思います。そして絶影は演義では大宛馬として書かれてますので絶影も赤兎馬と同系の馬であった事がわかります。

    あとタークの生息地は南はペルシャ、北はロシア、東はチベットと結構広いです。架空とは言え南蛮の赤兎馬も有りだと思いますよ。

    • 板倉
    • 2020年 11月 10日

    馬の歴史を調べてます。サラブレッドを調べると三種の馬が出てきます。アラビアン(アラブ)、ターク、バルブです。
    アラビアン(アラブ)はムハンマドが解き放った馬が7頭だけ無事に舞い戻った。この時の牝馬を根幹にベドウィンが大事に育ててきた馬種。(ほぼ伝説ですが)
    タークとはトルコ産の馬。トルコ系の人たちが中国に及ぶ事でタークはアジアにまで分布した。
    バルブは北アフリカ産でアラビアンの亜種とも言われている。こちらはイスラムがスペインにまで広がった時に分布も拡大。
    現在のサラブレッドの根幹とされる三大始祖はダーレーアラビアン、バイアリーターク、ゴドルフィンアラビアン(バルブ)である。

    本題の赤兎馬はターク系の馬です。赤兎馬の後裔とされるアカールテケはタークの祖と言われたり、逆にタークの亜種であるとも言われてます。
    赤兎馬とは汗血馬(アカールテケ)の事なので、一頭だけに限定した馬ではなく、種として存在していたと認識して良いと思います。

    馬の豆知識を一つを紹介します。馬の牡と牝は歯の数が違います。牝馬には犬歯が生えない為、牡馬より歯の本数が少ないんですよ。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP