丞相って具体的に何をする役職?時代によって丞相の権力が違う




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志を楽しく語るライターセン様

 

「三国志おもしろーい!」という言葉を聞くと、三国志ファンの一人として嬉しくなるばかり。ですがそれと同じくらいよく聞くのが「この言葉の意味わからなーい」というお言葉。

 

三国志演義_書類

 

確かに三国志、三国志演義などで当然のように出てくる単語、当たり前のように使っている単語ですが、その意味が分からないという人もいるかもしれない……というかもしかしたら自分でも良く分かっていないかも……?

 

羅貫中

 

ということでこれを機会に、三国志で出てくる単語のいくつかを筆者なりに解説することに致しました。

第一回は「丞相」について、です!




丞相とは?

曹操丞相えらいねんで!

 

丞相は「じょうしょう」と読みます。これは三国時代の前の時代、前漢(ぜんかん)の時代にもあり、三公(さんこう
)
という役職の一つでした。しかし後漢(ごかん)時代になってこの役職は司徒(しと
)
という呼び方に変更されてしまいます。

 

孔明インタビュー

 

それを復活させたのが曹操(そうそう)であり、曹操以外では諸葛亮(しょかつりょう)がこの役職に付いたことで有名です。




丞相の役目

孫権の遺言で丞相に就任する諸葛恪

 

さて前述したように丞相とは、古代中国で使われた役職です。その役目とは君主、皇帝を補佐するというある意味最高の役目であり、現代でいるならば内閣総理大臣と言った所でしょうか。

 

諸葛亮からの評価が高い陳震

 

と、ここでちょっと気になる部分が出てくる人もいると思います。蜀で言うなら諸葛亮が、魏で言うなら曹操が、おまけに呉で言うなら陸遜(りくそん)がこの役職についている丞相という役職。この違和感に皆さんはお気づきになられましたか……?

 

「いないじゃないか!」

呉と蜀を倒しに南下する曹操軍

 

そう、諸葛亮も曹操も、そして陸遜も、多くの場合で国元から離れて行動していますね。君主を補佐する役目であり、時に任されて政務の実権をとる立場……ん?

 

これもう補佐ではないのでは?

もしかしてこの説明は間違いなのか?

 

ということでもう少し調べてみると、更にややこしい事態が判明してきました。

 

関連記事:陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実

関連記事:孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績

 

相国

魏の文官・李孚(りふ)

 

相国は「しょうこく」と読みます。これは朝廷に仕える家臣の最高役職であり、現代でいうならば首相に当たります。漢時代には用いられていた役職ですが、権力の集中を防ぐためか、もしくは既に権力が集中し過ぎていたのを分散するためか「丞相という役職」が生まれたという説があるのです。

 

そして丞相が補佐するのは、本来この相国のことを指しています。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>
  • コメント: 0

関連記事

  1. 三国志の雑学

    顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯

    ※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」…

  2. 袁術君10 リーダーシップの高め方を学ぶ02 袁隗
  3. ロボ関羽
  4. 貂蝉

    はじめての変

    中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?

    今やパソコンやスマホでも一発変換される貂蝉…

  5. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  6. 皇甫嵩にコンプレックスを抱く董卓

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP