【ちょい引く】武田信玄の遺言は前半、果てしない自慢話だった!


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

信玄の遺言は自慢話(1P目)

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



信玄はどうして自慢話をしたのか?

武田信玄死去

 

前半だけ聞くと、鼻もちならない信玄の武勇自慢ですが後半を聞くと、その理由が少し分かります。

 

自らの死を秘密にした武田信玄

 

後半の遺言で信玄は、勝頼(かつより)を後継者にする事や、孫の信勝(のぶかつ)が16歳になったら、勝頼が家督を譲る事、長尾輝虎を頼みとし、自分の死を三年の間隠す事。織田や徳川に攻め込まれたら甲斐に引き込んで撃退するなど、細かい指示を出しています。

 

その中で信玄は、ここまで強い自分がどうして、途中で病に倒れたのか?を自分の実力不足ではなく、家康や信長が戦の幸運に恵まれたツキのある連中だったから敗れたのだと、楚漢戦争の時の項羽のような弁明をするのです。

 

武田信玄

 

つまり、私は強かったが、これは天が信玄を滅ぼすのだから仕方がないのだと家臣と自分を納得させると同時に、信長や家康も今は勢いがあっても、やがては衰微(すいび)する時が来るから、後継者である勝頼には、打って出ないで長尾輝虎を後見に頼み、ひたすら領国を守る事に集中し、輝虎が死に、信長、家康の天運が衰えるのを待てとアドバイスしたのです。

 

その後半の悲痛さを考えると、前半で信玄が自分を持ち上げ続けたのも、ある意味仕方がない事なのかなと思えてきます。

 

武田勝頼

 

どこまでも守勢に徹し、打って出るなと勝頼に命じた時、信玄は、恐らく勝頼では武田家は持たないと、どこかで諦観(ていかん)していたのではないでしょうか?

 

戦国時代ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

甲斐の虎、武田信玄の遺言の前半、いかがだったでしょうか?

 

kawausoは、信玄と言えば、自制の人で、あまり武勇を誇るというイメージがなかったので、とても意外に感じました。でも、考えてみれば、そむきやすい国衆を抱えて病気になるほどの気苦労をしたんですから、死ぬ寸前くらい、目一杯自慢話がしたい気持ちも分かる気がします。

 

参考:Wikipedia他

 

関連記事:武田信玄の西上作戦はないない尽くしの超ボンビー遠征だった

関連記事:武田信玄は増税で領民を絞った血も涙もない領主だった

 

上杉謙信特集

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-戦国時代 (日本)
-