キングダム669話ネタバレ「識」レビュー考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

羌瘣

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。いよいよ669話では羌瘣が羌礼を闇の淵から救い出す事に成功しました。そして、その鍵になったのは羌識の最後の言葉でした。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

2週間ぶりに行ってみよう、キングダムがキターーーーーー

 

※こちらの記事には、キングダム669話のネタバレが含まれますのでご注意下さい




キングダム669話ネタバレ「外の世界に出たら」

 

漫画の冒頭は幼い日、草原で戯れている羌礼と羌識の話から始まります。外の世界に出たら子犬を飼いたいと羌礼は言い、「食べるんじゃないぞ飼うんだ」と念を押します。

 

識は礼の顔を見て笑ったので、礼はふてくされつつ識が外の世界に出たら何をしたいか尋ねます。そこで羌識は背筋をまっすぐに伸ばして澄んだ瞳をして「そうだな」と思案顔をしました。




キングダム669話ネタバレ「本物の蚩尤」

蚩尤(神)

 

次のページでは見開きで羌礼の剣で貫かれる識が描かれています。目を見張り顔面蒼白になる羌礼に、心臓を剣で貫かれ苦しそうに血を吐く識。羌礼の口から識の断末魔の様子を聞いて、絶句する飛信隊の面々。

 

 

「識が私を裏切った。祭では全力で戦おうと約束したのにあいつは剣を止めた。だから、負けたはずの私が識を殺して勝ち残った。識の心臓を貫いた時のあの手の感触、最後の識の苦悶の表情、私が変貌するには十分な供物だった。

 

あの時、最後に識の命を糧にして私は本物の蚩尤になったのだ!」

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム669話ネタバレ「暗闇の先」

 

エキサイトして目を血走らせた羌礼の長台詞は続きます。

 

「私は死をまき散らす闇の神、蚩尤、お前達は、その私をさらに闇の先に推し進めるための糧に過ぎない。おまえらを全員、一人残らず識の下に送ってやる、やーいバーカ!バーカ!オカチメーンコ、オタンチン・パレオロガスー(足した)」

 

そう宣言して目を血走らせる羌礼に、立ち上がった羌瘣は告げる。

「やめろ礼!お前はまちがっている」

 

「私のどこが間違っている!」

 

逆上した羌礼が羌瘣に斬りかかると、羌瘣は

「お前が向かう先には道などない、前蚩尤の幽連もそうだった。

そんな形の蚩尤になっても自分が壊れてしまうだけだ。」と言います。

 

キングダム669話ネタバレ「識の最後」

 

「闇の先に道はない、暗闇の淵から戻って、お前は本当の強さを得る」羌瘣の自信満々な言葉に、羌礼は「あんたが私を戻せるのか!」と声を挙げます。

 

無意識に崩壊に向かう自分を止められない事に羌礼は気づいているようです。

 

「私じゃない、戻せるのは識だ!思い出せ、識の最期の様子を」

 

識がただ苦痛の中で逝ったのならお前は戻れないが、きっとそうではない筈だ

 

羌礼は明らかに動揺し、「識は何も言っていない、私に胸を貫かれて苦しみ抜いて死んだ」と否定しますが、識の最期をゆっくりと思い出します。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. kawausoさんのキングダムがキター!
  2. 剣を持ち戦う李牧
  3. 飛信隊の信をボッコボコにする項燕
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

コメント

  • コメント (7)

  • トラックバックは利用できません。

    • 名無しさん
    • 2021年 2月 14日

    蚩尤のストーリーはこれで終わりにして欲しいですね。早く本筋の趙攻略にいってほしいです。桓騎が扈輒以下趙兵10万の首を斬るのはいつ頃になるんでしょうか?

    • ひとまずほっとした
    • 2021年 2月 12日

    これまでの、きょう族のストーリーが満載な話だったなと思います。
    礼ときょうかい二人の対決とやりとりの中に、象姉、きょうかい、幽連、きょう明、識、礼、(もちろん一族全体の)それぞれの出来事と色んな想いがギュッと詰まって、一気に解消(伏線の回収)がなされたのと、悪のイメージ強かった「しゆう」の、「その運命に光を」が達成されたのかな。
    闇の淵から戻ってきてこそ、本物のしゆう。
    本物のしゆうが伝説のカリスマ的存在に昇華されたのではないでしょうか。
    あとは、今後のストーリーの中で、現しゆうの礼がどれだけのカリスマ的存在になれるか、今後の祭はどうなるのかですね。
    礼が生きてる間は、祭は行われないでしょうけども。
    それにしても、「しゆう」の字の変換ネック…。

    • 諸葛匿名
    • 2021年 2月 12日

    羌識が蚩尤の村の外に出た時の夢はなんだったのでしょう。

    羌識の夢は「羌礼と二人で蚩尤を脱して、一緒に末永く幸せに暮らしたい」という様なものであったものと想像しました。。。

    羌識は、その頃からすでに「羌礼を殺したくない」、自分には「羌礼を殺すことができない」と察知していたものと思いますが、彼女の願いは、蚩尤の掟に逆らってでも自分も羌識も死にたくない、死なせたくない、末永く幸せに生きたい、という想いであったように思います。

    と同時に、羌識は控え目で落ち着いた物わかりの良い娘であったので、純粋で無邪気で直情的な羌礼に自分の夢を話してしまうことで羌礼と仲違いしてしまうかも知れないことや騒動に発展してしまうかも知れないことを恐れ、悲観して、口にすることを控えたものと推察しましたw

    残念ながら羌識は生命を落としてしまいましたが「羌礼が生き残ってくれた、良かった」との彼女の思いは彼女の偽らざる想いであった、とそんなふうに考えてしまう話でした。

    • 匿名
    • 2021年 2月 11日

    蚩尤が死んだのがバレたから祭が再度行われたのであって、現蚩尤が生きているから祭がまた行われるのは無いとして、、、個人的には単純に一騎当千の戦力が入隊したから良かったなーと思います。

    羌瘣の途切れた気だとか短くなった生命だとかも、何のかんの元に戻るんじゃないかな、羌瘣の姐も良い事が2つあるとか話していたし。

    批判ばっかせず楽しく読みたいもんですね。漫画なんだし。

    • 匿名
    • 2021年 2月 11日

    えっと・・・正直、礼が入っても組織的な問題も戦況も何も解決しない。てかあんだけ好き放題やらかした奴が入隊しても悪化するだろ。

    で、趙にはもう因縁の相手は李牧しかいない(しかも李牧とキョウカイとの関係ゼロ)。ホウケンの後釜でも出す気か?ただでさえ左腕折れた武神対ズタボロ信と言う、読者からは互いに全力出せない勝負だったのに光に目覚めたシユウ対二代目の完全体武神でもやる気なのか?

    • 匿名
    • 2021年 2月 11日

    記憶を真っさらにして読めば話単体としては面白いし泣ける話だったと思う。
    でも600話を超えてこの作品を読んできた読者にとっては?
    キョウカイの代わりの武力担当として入るのは分かるが歩兵団の指揮が務まるの?依然として軍団としての問題は何一つ解決しないまま。時間制限付きの個人武力の限界は散々描写されてたので礼一人では無理、というかもう殺しから足を洗わせた方が良いでしょこの娘。
    蚩尤一族の話としてはさんざん語られた話で今更感が…ユウレンが死んだ結果祭が行われたならまた礼を狙って刺客が来るかまた祭が行われるかの繰り返し…祭はやるなと言ったのにあのオババ何の役にも立たなかったね。キョウカイは好きなキャラだけどその一族のエピソードは飽き飽きなのでこれで決着して欲しいですね。
    キョウカイが将軍になれば一族の方針を変えさせることも出来るでしょう、実際人材を無駄に浪費する祭は百害あって一理も無い。

      • 匿名
      • 2021年 2月 14日

      楚攻略辺で亡くなる1人だろうね。秦軍を守りなから美談で亡くなる予想します。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP