三国時代の犬猿の仲の人々を一挙特集!

2021年5月4日


監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



はじめての三国志

 

はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつも『はじめての三国志』をご愛読いただきありがとうございます。

 

はじ三データーベース 体験する甘寧

 

『はじめての三国志』では、武将や各時代、漫画やゲームなど幅広いジャンルのコンテンツを8500本以上ご用意しております。

 

三国志に出てくる海賊達と甘寧

 

しかしながら常に新しいコンテンツを配信しているが故に、いつのまにか、お気に入りの記事を二度と読めなくなることも・・・・。

 

甘寧と凌統

 

はじ三の膨大なコンテンツにお気に入りの記事が埋もれてしまうのはあまりにも「もったい」。そんな思いからおもしろ過去記事を「キュレーション」する形を取らせていただきました

 

甘寧に殺されかける料理人

 

今回のキュレーターは、編集長kawauso氏。お役所というと近代の感じがします。英傑たちにも人間の好き嫌いはあり、中には犬猿の仲もいます。

 

甘寧と凌統と呂蒙

 

今回は、そんな三国志の犬猿の仲の人々を一挙特集します。

 

テレビを視聴するkawauso編集長

 

以下より気になった犬猿の仲の人々をお楽しみください。

 


・よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統


・魏延と楊儀は火と水!相性最悪な二人の末路


・孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説


・郭嘉の性格の悪さは土地柄にあり?性格や品行で訴えられた郭嘉を考察


・孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!


・合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?


・郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯


・姜維の最大の功績は鄧艾・鍾会を破滅させたこと?蜀の最終章をギリギリで盛り上げてくれた彼に感謝


 

はじめての三国志読者の声

 

ご要望の進捗状況

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アーカイブ