郭嘉の性格の悪さは土地柄にあり?性格や品行で訴えられた郭嘉を考察

2020年1月3日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

郭嘉

 

郭嘉(かくか)曹操(そうそう)に仕えた軍師です。荀彧(じゅんいく)程昱(ていいく)賈詡(かく)と一緒に初期の曹操政権を支えた重要な幹部でした。

 

郭嘉

 

しかし、建安12年(207年)の烏丸討伐直後に38歳の若さでこの世を去りました。

 

曹操と郭嘉

 

曹操は建安13年(208年)の赤壁の戦いで負けた時に「郭嘉がいたらこんなことは無かった」と言ったようです。ところで郭嘉はどんな性格をしていたのでしょうか?今回は正史『三国志』をもとに、郭嘉の性格・品行について解説します。

 

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「郭嘉 性格」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?

関連記事:郭嘉が袁紹の軍師となっていた可能性を探ってみる

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



郭嘉の性格・品行は?

郭嘉

 

正史『三国志』には郭嘉の具体的な性格・品行は何も記されていません。ただし正史『三国志』に注を付けた裴松之が持ってきた『傅子(ふげん)』という史料によると、郭嘉は若い時から将来を見通す能力を持っており、ひそかに英傑と手を結んで俗世間と付きあいませんでした。

 

袁紹の悪口を言う郭嘉

 

少し誇張が入っているので現代風に意訳します。要するに自分が気に入った相手としか付き合わなかったのでした。どうやら郭嘉は好き嫌いが、はっきりとしていたようです。袁紹に仕えるも、あっさりと見限ったのは具体的な事例でしょう。

 

具体例が無い直訴事件

郭嘉

 

こんな好き嫌いが激しい性格だったので、当然同僚からもケチを付けられます。郭嘉は生涯に同僚の陳羣(ちんぐん
)
から何度も品行が良くないと訴えられます。

 

陳羣

 

陳羣は郭嘉と同じ豫洲潁川郡出身なので、2人は同郷関係です。

 

陳羣

 

陳羣が郭嘉のどんな部分を訴え出たのか、具体例は残されていません。正史『三国志』の著者である陳寿が生きていた西晋(265年~316年)の時点で史料が無かったのでしょう。訴えられても郭嘉は平然とした態度である。その開き直った態度が同僚の反感を買っていたのかもしれません。

 

陳羣

 

才能主義であった曹操は、もちろん郭嘉を罰することは出来ません。だが陳羣にだってプライドはあるはず・・・・・・そこで曹操は郭嘉の処罰は行わないが、陳羣も良く出来た公平な訴えであると誉めました。プライドの高い部下の間を取り持たないといけないので、主君はつらいですね。

 

豫洲潁川郡の人の気質は?

韓非

 

さて、郭嘉の出身地である豫洲潁川郡とはどんな土地なのでしょうか?彼の出身地である豫洲潁川郡は、戦国時代に韓非子(かんぴし)申不害(しんふがい
)
などの法家を輩出している土地で有名です。

 

司馬遷(しばせん)

 

『史記』の中で司馬遷(しばせん)は豫洲潁川郡の人について「慎み深い」と表現しています。ところが、郭嘉の性格を考えたら、いまいち納得出来ません。司馬遷はどこの誰を見て慎み深いと思ったのでしょうか?

 

司馬遷とは違う見方も存在しました。後漢(25年~220年)初期に班固(はんこ
)
が執筆した『漢書』によると豫州潁川郡は、「官僚になることを名誉として、法律を好み、人々はケチであり、裁判が絶えないし、分家が行われる」と記されています。

 

これは豫洲潁川郡出身の官僚である朱贛(しゅこう)のコメントです。地元出身者が言うことなので、リアリティがあります。なんとなくですが、郭嘉がひねくれた性格に育つ理由が分かる気がしました(笑)

 

三国志ライター 晃の独り言 訴訟はヤラセだった?

三国志ライター 晃

 

史料が少なすぎるので想像の域を出ないのですが、陳羣が郭嘉を訴えたことは、ヤラセだったのではないか、と筆者は考えています。もともと郭嘉は人付き合いが少なかったので、才能を知っている人があまりいませんでした。

 

同郷の陳羣と主君である曹操は郭嘉の名声を高めるためにわざと、郭嘉の品行の悪さをネタにした訴訟を起こしたのではないのでしょうか?

読者の皆様はどう思われますか?

 

※参考文献

・狩野直禎「陳羣伝試論」(『東洋史研究』25-4 1967年)

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-13_bnr3

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。この記事に興味・批判・反論がある人はコメントをお願いします。

 

関連記事:郭嘉と荀彧ってなんで袁紹に仕えていたの?

関連記事:【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?

 

郭嘉特集

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はじめての三国志 プロフィール画像

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-三国志の雑学
-