キングダム694話ネタバレ扈輒死すそして惨劇が「情報戦」レビュー考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし週刊誌を楽しみにするkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、694話では扈輒(こちょう)が自殺して桓騎軍の勝利が確定しました。

桓騎は扈輒に対しては雷土の報復措置を取らなかったのですが趙の兵力に比較して桓騎軍が圧倒的に少ない事から摩論に命じて王翦軍10万が、こちらに向かってきているとデマを流して扈輒の復讐に燃える趙兵に武器を捨てさせることに成功します。

 

ところが、この宣伝は効きすぎてしまい10万人もの趙兵が少数の桓騎軍に降伏してしまったのです。

口減らしと雷土に対する報復を兼ねて首切り桓騎の伝説が幕を開けるのか?

それでは、早速見てみましょう!キングダムがキターーーーー!!

kawausoさんのキングダムがキター!

 

※こちらの記事は、キングダム694話のネタバレが含まれますのでご注意下さい。

そして内容にはブログ主の主観が大量に入っていますのでご了承下され

 




 

キングダム694話ネタバレ「扈輒のジジイ奮戦」

典韋にボコボコにされる成廉

 

勝手に自殺しようとする扈輒に対して、朱摩(しゅま)の精鋭は自殺を止めようと襲い掛かります。

その途端に扈輒は自害を一時停止して襲い掛かる騎兵を幾人も瞬殺しました。

朱摩は、抵抗できないように腕を切り落とせと命令しますが、それを実行する前に扈輒は頸動脈をザックリいきます。

「総大将は敵の辱めを受けるわけにはいかぬのでな」と呟く扈輒ですが、趙の為に冥途の旅を少し遅らせようと言いつつ、

馬を走らせて桓騎に突撃を開始しますが、すぐに片腕を切り落とされて、矛で突かれ馬から転げ落ちて絶命しました。

 

始皇13年、趙軍総大将扈輒戦死

とキングダムでお馴染みナレーションが入ります。

 




 

キングダム694話ネタバレ「情報戦」

桓騎 キングダム

 

扈輒が死に際に口にした雷土という言葉に桓騎兵は多少動揺し朱摩も桓騎に呼びかけますが、桓騎は「今はこの戦況をひっくり返すのが先だ」と言い、雷土の身元の確認は後にすると告げます。

 

桓騎は、扈輒の首を切断して槍先に突き刺させると、趙兵に見えるようにして触れ回り、趙兵が逃げていくのに任せました。

逃げていった趙兵は、広大な範囲に広がる趙の各部隊に飛んでいき、扈輒が戦死した事を知らせます。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム694話ネタバレ「帰って来たオマイラ」

孔明のテントがある野外のシーン

 

また、この頃には一度は逃げていた桓騎の部隊が一家ごとにしれっと戦線復帰して勝ち誇った顔をして趙兵を投降させていました。

 

誰よりも遠くまで逃げていた摩論(まろん)ですが、扈輒が討たれた事を知り、桓騎に命じられた命令を実行します。

 

摩論は急いで本陣を復活させて、情報対策本部を作り、部下を王翦軍や楊端和軍の兵士に仮装させて、すでに王翦と楊端和の軍勢、合わせて20万人が、こちらに向かっている事を戦場で触れ回ったのです。

 

「お前達、桓騎軍に捕まったら拷問を受けて生きたまま殺されるぞ、それよりも捕虜の扱いが紳士的な王翦軍に降伏しろ」

王翦の兵士に化けた桓騎の兵士が熱心に呼びかけると、首切り桓騎に降伏するくらいならと趙兵が続々と降伏しました。

立ちました!死亡フラグです。

 

キングダム694話ネタバレ「虎白公が最後に下手をうつ」

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

一方、中央で桓騎兵の残党掃討に集中していた虎白公と龍白公ですが、虎白公は扈輒が討たれたと知って衝撃で扈輒の本陣に移動。

 

もう1人の龍白公は「扈輒が死んでも秦のクソには降伏しない!徹底抗戦じゃあ」と掃討戦を続けますが、息を吹き返した黒桜(こくおう)が部隊を必死にまとめて龍白公に対抗したので、趙軍が続々降伏する事態を押しとどめる事が出来ませんでした。

 

虎白公が踏み止まれば、そのまま中央軍で黒桜を討ち取り、持ち直した可能性もあったと思いますが、脳筋の龍白公だけでは全体の勢いはどうにもなりませんね。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 孫権の娘が大喧嘩 孫魯班、孫魯育
  2. 朝まで三国志2017-77 kawauso
  3. kawausoさんのキングダムがキター!
  4. 内容に納得がいかないkawauso様
  5. キングダム54巻amazon

コメント

  • コメント (18)

  • トラックバックは利用できません。

    • 扈輒の夢
    • 2021年 10月 07日

    今にして思えば、扈輒が自分が率いた10万人を超える部下の行く末も全く考えず必死になって自殺を急いだのは、捕虜にした雷土一家を拷問の限りを尽くして惨殺したことを桓騎が知れば、負けて捕まった自分や部下がどういう仕打ちを受けるかが、ある意味桓騎と似たタイプの扈輒には手に取るように分かっていたからかもね。

    生きながら身体をバラバラにされる拷問を受けながらも桓騎の作戦を最期まで話さなかった雷土の心の強さに比べ、痛みの底を見たとか豪語し歴戦の名将っぽく振る舞っていたけど、自分が背負った心の痛みを顔ピアスでごまかしたり、負けて10万の部下を放り出し自殺を急ぐなど、趙の総司令官格の大将軍扈輒の心の弱さが残念だった。

    • 無言
    • 2021年 10月 05日

    記事に対してコメントが大分遅いですが、一考頂ければ幸いです。
    カン騎が大量の捕虜を抱えて虐殺に走るであろうことは編集長の説の通りです。そこに少々穿った見方をします。
    キングダムの世界で趙、大量の捕虜、虐殺という要素を聞いて思い浮かべるのは何でしょうか。恐らく万極、もしくは白起ではないでしょうか。信は万極と『虐殺をしない』と約束を交わしています。勿論信は虐殺を止めようとするでしょうが、カン騎は決行するでしょう。ここで王センが出てくるのではないかと。
    白起と似た戦術、王への軽視、自らを至上とする考え。私見を述べるなら、王センは元々白起の配下で、白起が昭王から死を賜ったことから、あのような性格になったのではないでしょうか。
    白起は長平の虐殺を自らの死の遠因と考えたようですし、長平の虐殺をフラッシュバックさせた王センが、カン騎を止めようとし、その過程で王センのバックボーンに触れていくのではないのでしょうか。

    • すまいー
    • 2021年 10月 04日

    別に予想は予想、それを楽しくみんなで想像してみてるわけで、ハズレてもいいじゃないか。

    俺はブログ主の予想をいつも楽しんでみてるよ。

    • 母性
    • 2021年 10月 02日

    捕虜の扱いがテーマなので、私は単純に真がいる左翼の崖に連れていき、せーので縄で繋いだ皆さんを落とすのではと思われます。そこで真とかんきの喧嘩が始まるのではと。
    正直真にも捕虜殺害に私は関わって欲しいなと。真っ直ぐな性格、仲間と共に日々成長。ジャンプの王道パターンではあるものの、少し大人への変貌、厚みが欲しいかなと。最近お笑い要素が少し多いのも気になります

      • kawauso編集長
      • 2021年 10月 02日

      母性さん:投降兵が多すぎて、このままでは王翦や楊端和の軍が到着する前に偽情報がバレて投降した趙兵が反乱を起こすかも知れない。
      その中には多分、虎白公や龍白公もいるわけで、そうなるまえに騙して左翼まで移動して影丘の崖から突き落として一瞬で始末する。
      それを聞かされていない李信との間でマジ喧嘩、喧嘩したところで桓騎を斬るわけにはいかない李信。
      結局は長平が繰り返され万極の顔がちらつく李信は落ち込む、でも、そこを乗り越えて桓騎よりも偉くなり、全てを指揮できる立場になれば
      こんな無残な虐殺は起こさないですむと河了貂や羌瘣に言われ決意を新たにする李信。
      その頃、桓騎による趙兵皆殺しを聴いた王翦は、自分の上司白起と桓騎の不穏な将来をだぶらせる。
      みたいな感じで、李信が現実を受け入れた上で、それでも理想を捨てずに頑張るという物語だと厚みが出るかなと思います。

    • 匿名
    • 2021年 10月 02日

    マナーとかいうなら納得いかないと文句言うのはどうかな?
    尺があるんだから作者が表現できなかったことを文句ではなく、ここで補足してくれよ

    あと考察ではなく予想ばかりならネタバレ考察ではなくネタバレ予想に変えほうがスッキリしますよ
    何も考察してないけど・・・

      • kawauso編集長
      • 2021年 10月 02日

      匿名さん:ご意見ありがとうございます。
      >マナーとかいうなら納得いかないと文句を言うのはどうかな?

      はあ、そうですか

      >ただ、今回の余韻で、桓騎がどのように伏兵を安全に隠していたのか?
      種明かしが多少はあるかと思いましたがありませんでした。ちょっと残念です。

      この部分が、匿名さんには文句に読めるんですね、分かりました。

      >尺があるんだから作者が表現できなかったことを文句ではなく、ここで補足してくれよ

      これはハードル高いですよ。
      桓騎兵、数千人が進んでくる趙兵に気づかれずに伏兵に成功しコチョウ本陣を襲撃する
      どう考えてもイリュージョンですが、せっかくの匿名さんのご希望ですのでやってみます。

    • funa
    • 2021年 10月 01日

    僕の予想は、桓騎が趙兵10万の大量虐殺を飛信隊に命じる!だな。

      • kawauso編集長
      • 2021年 10月 02日

      funaさん:これはシンプルに鬼畜の所業ですね。
      漫画で実現したら神回でしょうけど、李信のメンタル面が心配です。

    • TVA
    • 2021年 9月 30日

    予想は外れるものですよ!仕方ないです。私も見事に外しました。

    これからも楽しくブログを拝読いたします。

      • kawauso編集長
      • 2021年 10月 02日

      TVAさん:有難うございます。
      仮に予想が全部当たったらそれ予言になってしまうし、多分面白くないです。
      突拍子もない予想をして外して、皆で笑う心の余裕を持ちたいと思います。

      • にい
      • 2021年 10月 02日

      圧勝してた24万が
      各軍と、連絡取れない程後方で
      捕虜拷問だけしてた将軍が
      殺られただけで
      降参しちゃうの…なんとかならんかな。。。

      しかも、24万を
      戻って来た数千で管理出来るとか…

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 9月 30日

    桓騎軍の捕虜への対応に李信王賁連合軍は関わってほしくないと思っている信ファンは多いと思います。
    歴史上はセイ信とも本来はダークな部分に関わっているかもしれませんが(始皇帝は完全にブラックですが)、桓騎軍の黒羊丘での居住民虐殺を批判した飛信隊、5千人部隊と交戦するのか?それとも敵総大将首を見てさっさと敵は撤退したか?殲滅か撤退させるかで捕虜は取らんない主義の飛信隊の対応はいかに?ブログ主の予想では悩むところですかね?当方の妄想では敵総本陣陥落の報を受けて撤退する5千人部隊を追撃して城壁都市で侵攻して今回の捕虜への対応に関わらずに済むと願いたいですかね?

      • kawauso編集長
      • 2021年 9月 30日

      邯鄲の夢さん

      そう言えば、大仏君を討った段階で発生した影丘の趙の捕虜はどうなったのか気になります。
      1人の捕虜も出ないほど徹底抗戦して全滅した描写もないですしね。
      飛信隊と玉鳳軍は足止めの虎白公の5000人と激闘して、途中で扈輒が死んだ事で5000人が降伏。
      ここと影丘で出た捕虜の対応に追われて桓騎の本隊とは合流しないで影丘に戻り、
      そこで、桓騎の10万人虐殺を知るという流れではないですかね?

      桓騎本隊と合流して、趙兵が虐殺されるのを黙ってみているというのは李信のキャラじゃないし
      仕方ないんだよで桓騎に説得されるとも考えにくいです。
      以前万極に「俺は長平みたいな事はしないし絶邸にやらせねえ」と言っている事とも矛盾するので
      全てが済んでから長平が再現された事に愕然として落ち込み、自暴自棄になった後で
      河了貂にでも「もっと強くなって偉くなって桓騎のような事は起こさせない位に強くなるしかない」と
      説得されて、もっと上を目指す、みたいな流れでは?
      「三度目の長平は起こさない、絶対止める」と李信が決意してそれが六大将軍へのモチベになるとか
      そういう建設的な事にシフトしていくんじゃないかと思います。

        • 邯鄲の夢
        • 2021年 9月 30日

        飛信隊の過去の戦績見ても城壁都市占領で
        狼藉掠奪行為を行った千人将切った時も占領下で被害を受けたのは居住民で投降した敵兵はぜんぜん見ません。。。大量の投降兵を受け入れたのは楊端和軍だけ。。山の民の部族ごと吸収。。山陽戦にしろあとは撤退の道を開けて逃してます。
        自軍の食料も乏しくけが人を後方へ送るのがせいっぱいで敵兵まで面倒見れないのでは?
        通常では捕虜にせず裁兵にして弾除け兵とし最前線で消耗させることが常套手段だったかもしれませんね?最大の裁兵はモンゴルの九州侵略時の南宋兵ですかね?裁兵についてはブログ主のおはこでは?

          • 邯鄲の夢
          • 2021年 10月 01日

          追伸
          桓騎軍捕虜。。桓騎10万人も処刑するのも面倒くさいから、非武装で裁兵てことも?
          捕虜が集まったら間髪を入れず前線に捕虜を非武装で横一列にならばして趙最前線へ歩かせる。趙が矢を射掛けてきたら矢避けに、逃げようとしたら後ろから弩で撃ち殺す。。なんか映画スタリーングラードに出てくる小銃が足りなかったソ連歩兵みたい。。ドイツ戦線敵前逃亡したら後ろから機関銃で撃ち殺す。。いつの時代もやることは同じ?効率第一主義の桓騎だったらやりかねませんね?

            • kawauso編集長
            • 2021年 10月 02日

            邯鄲の夢さん:裁兵は投降者の故郷で使うと逆効果じゃないかと思います。
            例えば趙に対しては魏の投降兵を使うとか、その土地にえんもゆかりもない人間を使わないと
            投降兵と地元民の憎悪を無暗に煽るだけになり、口減らしのメリットを上回るかも知れません。
            史実でも楚の項羽が鉅鹿で秦の章邯を撃破して、僅か3万の兵力で20万人の捕虜を取った事があります。
            項羽はそのまま、秦兵を先頭にして咸陽に進軍しますが、故郷が近づくにつれて秦兵に動揺が生まれ反乱の兆しが出たので、
            面倒になった項羽は新安という土地で秦兵が寝静まった時に夜襲を掛けて全員を穴埋めにして殺しています。
            いくら死にたくなくても、故郷に敵軍と共に攻め入り略奪に勤しめるかというと話が別なのでしょう。
            従って史実的には、桓騎が趙の投降兵を使い趙を攻めるのは悪手になるのではないかと思います。

            • 邯鄲の夢
            • 2021年 10月 03日

            ブログ主の意見の通り裁兵として使うには他国侵攻の最前線に立たせるのが効果的かもしれませんね?原作者はなかなかクセ強いで史記通りにはストーリー展開しない方。。処刑されたはずのセイの異父兄弟はお目こぼし。。自殺したはずの呂不韋までドロン。。10万人処刑も別な何かにすり替える可能性も?捕虜を使って土木工事を行い事故や劣悪な労働環境で10万人死亡とか。。戦闘中の恩賞首が10万人とか。。強制労働に駆り出すのが一番効率的か?




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP