董卓の逸話の数々とは?三国時代の先駆けとなった暴君誕生秘話




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

董卓

 

董卓(とうたく)」は後漢末期に権勢を奮い、彼を打倒するために後の「三国志」を彩る主要メンバーが集ったことで有名ですね。そんな董卓、国を揺るがした「暴君」として様々な逸話を持っています。

 

董卓(君主論)

 

今回の記事ではそんな董卓の逸話の数々を紹介していきましょう。

 




異民族に入り込み、彼らを手なずける董卓

羌族

 

董卓は涼州隴西郡(りょうしゅうろせいぐん)の出身で、そのあたりは異民族である「羌族(きょうぞく)」も多く住んでいる地域でした。

 

異民族を倒す若き董卓

 

董卓は若いころから腕っぷしが強く、そんな「羌族」の中にも入りこみ、彼らに顔を売り次第に親しくなっていきました。

 

朝まで三国志 董卓

 

普段は地元で農業に従事していましたが、羌族の顔役が董卓を訪ねてくると、董卓は自分の牛を殺し、その肉でもてなしたといいます。

 




 

盗賊の取り締まりや、異民族の討伐のプロとなる

羽林騎時代の若き董卓

 

そんな董卓の評判が広まったのか、彼は盗賊の取り締まりの担当役人に抜擢されます。のちに異民族の「胡族(こぞく)」が侵略してくると、董卓はその度胸の良さを買われ、涼州の巡察官にも任命されます。

 

董卓

 

そして異民族との戦いで目覚ましい戦果をあげ、その後は「黄巾(こうきん)の乱」が起こるまではもっぱら「異民族鎮圧のプロ」として活躍していました。

 

関連記事:黄巾の乱を起こしたのは2世紀の感染爆発だった!【文明と疫病の三国志】

関連記事:新解釈・三國志で山田孝之が演じた黄巾賊は実にいい加減な集団だった

 

【世界よ、これが黄巾賊だ】
黄巾賊

 

 

人並み外れた腕力で馬を自在に操った

董卓

 

董卓は戦場ではとても勇猛であり、腕力にはかなり自信があったといいます。戦では彼はもっぱら「騎兵」を指揮しましたが、特技として「弓袋を馬の両側に就け、馳せながら左右の腕のどちらからもでも射ることが出来た。」と史書に記載されています。董卓と言えば「肥満」のイメージですが、この逸話からは少なくとも若いころはスリムだったことがわかりますね。

 

地方で勢いを増す董卓、でも中央には従わない!

暴れまわる黄巾賊

 

董卓は異民族討伐で成果を上げていましたが、そんな時に「黄巾の乱」が発生します。これまでの戦果から董卓も近衛軍の司令官に抜擢され、黄巾族討伐に駆り出されますが、惨敗し、免職されてしまいます。

 

韓遂

 

しかし、騒乱はやむことは無く、またしても呼び戻され、異民族と組んで反乱を起こした「韓遂(かんすい)」らを撃退します。この戦いで董卓は羌族の大軍に包囲されますが、ここで魚を獲るふりをして川をせき止め、堰の下を通って密かに包囲を抜け出します。

 

君主論 董卓

 

その後に堰を切ると川の水があふれ、羌族は追撃することが出来なくなってしまいました。董卓の策略の上手さを示す逸話です。彼の田舎の荒くれ者揃いの軍は勢力を拡大し、中央からも召し出しの命令が出されますが、董卓はこの命令を無視し、地方で力を蓄えることになるのです。

 

関連記事:後漢書からわかる韓遂の誕生秘話!反乱プロデューサー韓遂はこうして生まれた

関連記事:成公英とはどんな人?韓遂に最後まで従った忠義の人

 

【関中十部最期にして最大の大反乱】
潼関の戦い

 

 

一気に政権を掌握する董卓

何進

 

後漢の「霊帝(れいてい)」が亡くなると、大将軍の「何進(かしん)」は対立関係にあった宦官殲滅のクーデターを計画し、圧力のために武力で鳴らす董卓を呼び寄せます。

 

小帝(少帝劉弁)

 

その進軍途中、董卓は運よく都の混乱から逃亡していた「少帝(しょうてい)」と「陳留王(ちんりゅうおう)」(後の献帝)を保護することに成功します。「玉」を手に入れた董卓は勢いそのままに都を制圧してしまいます。

 

進軍する兵士a(モブ用)

 

この時董卓の軍勢は実はわずかでしたが、董卓は一計を案じます。それは四、五日おきに、夜間の四つの城門から兵士をひそかに城外に出し、翌日に軍旗や太鼓で勇ましく入城させ、「またもや軍勢が到着!」と宣伝させたのです。これにより、董卓は自軍を大きく見せることに成功したのです。

 

関連記事:【漢王室の後宮内ドロドロ事情】霊帝の子息の謎

関連記事:霊帝の外戚である何進と騫碩の対立について解説

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 楊彪を司空に任命させる董卓
  2. 袁家をイジメる董卓
  3. 董卓
  4. 貨幣を量産してハイパーインフレを起こす董卓
  5. 董卓
  6. 呂布の英雄石像

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP