キングダム699話ネタバレ嬴政が泣いちゃう「首級の数」レビュー考察

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

キングダム699話(1P目)




キングダム699話ネタバレ「趙の連中は皆殺しがデフォ」

三国志のモブ 反乱

 

桓騎はあざ笑い、傍らにいた黒桜に聞きます。

 

桓騎「黒桜、どう思う今の?趙と仲良くやるっつー話」

 

黒桜は「キレイ事かと…」と斬り捨てます。

 

それに対し昌文君が、「なにっ!」とまたキレますが秦王相手にも超強気な黒桜姐さんは何も気にしません。厘玉や摩論は何も言わずに立っているのが精一杯ですが

 

 

黒桜「捕まっていた雷土(らいど)を生きながらバラバラにされた。

先にやったのは奴らの方だ私らが趙に勝ったとしても趙の奴らと一緒になるなんて、こっちから願い下げだ!趙の人間は皆殺しにしてやる」

 

感情を露わにする黒桜に暗い表情をする嬴政

 




キングダム699話ネタバレ「人を信頼しすぎだよ」

理屈で戦況を覆す万能将軍・公孫龍

 

「難しい道であることも重々承知だ、だがそれでもいつかは…」

 

真面目に語ろうとする嬴政を、桓騎は止めます。

 

「難しいとかじゃないんだよ。国を1つにして戦を無くすと言いたいんだろうが人はそうならない、絶対に。お前は人に期待しすぎだ秦王よ」

 

人間を一切信じていない桓騎は、嬴政を呆れた理想主義者と見ています。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 




キングダム699話ネタバレ「Imagine there’s no countries」

扶蘇

 

嬴政「ああ、その通りだ、それのどこが悪い。俺は期待し信じるが故に最難にして最短の道を強引に走りぬけようとしている戦国の王だお前みたいに何もせずに絶望など…」

 

嬴政はしばらく桓騎の顔を見つめます。

 

桓騎「で、結局どうするんだよ、この俺を?首をはねたきゃはねろよ。その時はお前もここで死んで崇高な血の道もこれまでだ。

今、生きている人間にとってはその方がいいかもなククク」

 

皮肉に満ちた桓騎の言葉です。

よしんば嬴政の考える中華統一が実現されても、その恩恵を受けるのはこれから生まれる世代であり、今を生きている人間は憎悪の中で殺し合いを余儀なくされます。

名もなき兵士にとって、桓騎も嬴政も死んだ方がいい疫病神です。

 

嬴政「何も理由がなくば迷わず斬首にするつもりで来た。だが、今回は摩論の説明に免じて赦すことにする。

豹司牙(ひょうしが)剣を下ろせ」

 

桓騎「摩論の説明は不十分じゃなかったのか?」

 

摩論「お頭!」

 

余計な事を言い、摩論をヒヤヒヤさせるお頭

 

嬴政「赦す理由はもう1つあるコチョウ軍撃破の功だ。

よもや桓騎軍単軍にて趙軍総司令もろとも、その本軍を討てるとは思っていなかった。その成果のもたらすものは計り知れぬというのがこちらの軍総司令昌平君の評価だ。それらを合わせ鑑みてお前を赦すことにする」

 

桓騎「六将は剥奪しなくていいのか?何なら返すぜ、あの金ピカの首飾り」

 

嬴政「六国を滅ぼすのは六将の力が不可欠だ。それは今も変わりない。あの首飾りはそのまま預けておく。ただし、次にこのような暴挙に出らば問答無用にその首をはねる故、肝に銘じておけ」

 

去って行く嬴政と直属の近衛軍に摩論は「助かった」と言いつつ座り込みました。

本来は臆病なのに今回はよい仕事をしましたね。

 

キングダム699話ネタバレ「だって涙が出ちゃう、大虐殺だもん」

 

ここで、キングダム名物のナレーションが登場

 

秦の軍律には元々、戦場で取った首を褒賞に換える法があった。

秦の年記に戦での敵の首級の数が残っているのはそのためと思われる

しかし、史記秦始皇本紀にてこの首の数は桓騎の十万斬首以降、記されることはなくなった。

 

確かにそれはその通りです。

桓騎の斬首十万以降は始皇本紀に首級の数は出てきません。

 

色々ショックな事が続き、趙兵の頭蓋骨が無造作に積まれた荒野で座り込み、顔を手で覆う嬴政に李信が声をかけます。

咸陽を遠く離れた異国の地で李信と嬴政の再会となりました。キングダム700話に続く…

【次のページに続きます】




次のページへ >
< 1

2

3>

関連記事

  1. 命がけで筋を通す義理に熱い朱拠
  2. キングダム55巻
  3. キングダム53巻
  4. kawauso
  5. 内容に納得がいかないkawauso様

コメント

  • コメント (9)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 11月 16日

    原作が気にいらないと納得いかないと騒ぐなら、「納得いく考察」を期待したんだが

    • 扈輒の夢
    • 2021年 11月 16日

    完全に大王の気合い負け。

    中華統一の過程で血が流れるのは最初から分かっている話。

    これから流れる血を少しでも減らすために、中華統一をやろうとしているんだろ。

    だったら中華統一じゃなくて、ただ血を流すことを目的とした桓騎を許してはいけなかった。

    桓騎個人の絶望なんざ、中華統一の目的のためには妨げにしかなりはしない。

    桓騎がこれからも虐殺を続けるつもりか、YESかNOかで聞いて、YESならその場で首を刎ねれば良かっただけ。

    それが出来なかった時点で、大王はそこに来るべきではなかった。

    • 匿名
    • 2021年 11月 15日

    秦王カンキの目の奥に何を見たか?
    絶望の逆は 希望
    カンキのなかに希望があるなどあり得るのか?
    カンキの根底にあるのは怒りというが、怒りの先に何かを見ているのか?
    オモロイ漫画だ

    • 匿名
    • 2021年 11月 14日

    ヤンジャンの内容を書き写してるだけで何も考察になってない

    • てんま
    • 2021年 11月 12日

    1番大事なところを理解していないですね。
    敢えてスルーなのか。
    気づいてないなら、洞察が浅いと思いました。

    • 令和の徐福
    • 2021年 11月 11日

    > 確かにそれはその通りです。
    桓騎の斬首十万以降は始皇本紀に首級の数は出てきません

    管理人さん知ってたの?前回質問しましたやん!
    こんなブログを管理するくらいだから史記や始皇本紀は手元にあるんだろうなぁと思ってました

    首級の数が出ないだけでここまで物語を展開できる能力はさすが原作者です

    • 匿名
    • 2021年 11月 11日

    「絶望」とは?結局最後は誰に降りかかるのかが今回のテーマなのにみなさんスルーですか?

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 11月 11日

    カツ丼食うかはなく論破されお咎めなし、次はないぞと脅して終わり。。。続きは李牧対戦との後で。。。
    原作者の「王之河南」のなぞは未だ解明されず。。。
    ブログ主解説では趙最前線は含まれるので?は見解だが、
    鄴は河北で微妙に異なる。。河南の中心は黄河の南の河南省。。東周の首都洛邑(洛陽)とかあり古代からの宗教的呪術的なものか?(近くには殷代の遺跡や有名な二里頭遺跡(夏?)もある。)それとも春秋戦国時代の前は中原の統一国家は周であり、その首都を訪れ中原地方の秦への禅譲工作を行ったのか?🤔

      • 邯鄲の夢
      • 2021年 11月 11日

      >その首都を訪れ中原地方の秦への禅譲工作を行ったのか?
      よく調べたら河南てすでに呂不韋に東周が滅ぼされて
      呂不韋の所領で呂不韋蟄居後服毒自殺の地。
      当然呂不韋がらみの訪問と推測されます。
      ブログ主のキングダム原作者の意図とは別に「王之河南」を史記の他の記述からブログ主はどう読み解きますか?🧐




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“三国志データベース"




PAGE TOP