もし孫策が暗殺されなかったら、三国志はどうなっていた?諸葛亮は孫策に仕官するのではないか?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

呉の勢力を率いる孫策

 

孫策(そんさく)」と言えば、「江東の小覇王」として江東の地に勢力をあっという間に拡大し、後の王朝「呉」の基礎を築いた人物ですね。しかし、若くして暗殺されてしまい、弟の孫権(そんけん)が跡を継ぐことになるのです。

 

ほっぺたに矢を受ける孫策

 

そんな孫策がもし、暗殺されていなかったら、その後の「三国志」はどうなっていたのでしょうか? 今回の記事では妄想してみましょう。先ずは孫策の生涯から見てみます。

 




孫堅の息子として生まれ、周瑜と出会う

孫堅(37)の自慢の息子たち 孫策(17)、孫権(10)

 

孫策は反董卓(とうたく)連合軍に参加していた「孫堅(そんけん)」の息子として西暦175年に生まれました。父は転戦のため留守がちで、母と弟たちと暮らしていましたが、10代のころから孫策の名声はとどろいていました。

 

呉の周瑜、孫策、程普

 

その名声を聞き、名家出身の「周瑜(しゅうゆ)」が孫策の下を訪ねます。ここで二人は意気投合、家族同然の付き合いとなり、周瑜は孫策の勢力拡大に大いに貢献することになります。

 

孫堅逝く

 

そんな時に父孫堅が戦死、孫策は当時勢力を拡大していた「袁術(えんじゅつ)」の傘下に入ることになります。

 

関連記事:袁術さんはどうして皇帝を名乗ったの?

関連記事:袁紹と袁術が親戚同士ならどうして共闘して天下を狙わなかったの?

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 




 

江東の地に名を轟かせるが・・・

イケメン孫策と袁術

 

袁術の下で孫策は戦功を重ねますが、袁術はそれに報いることはせず、孫策は不満を募らせます。

 

呉の小覇王・孫策

 

そんな時に袁術は「揚州(ようしゅう)」を支配していた「劉繇(りゅうよう)」と戦いを始め、孫策はそんな劉繇を戦で破り、そこで基盤を築き、袁術からの独立を模索します。孫策は更に「呉郡」「会稽郡(かいけいぐん)」を手に入れ、袁術から独立し、「江東の小覇王」として勢力を拡大します。

 

周瑜と張昭に孫権を頼んだと依頼して亡くなる孫策

 

しかし、勢力拡大の過程で多くの恨みを買っていた孫策はかつて処刑した者の配下に襲われ、25か26歳にして死んでしまいます。その後は弟の「孫権」が跡を継ぎ、「呉」を建国することになるのです。

 

関連記事:孫策が袁術のもとから離れたのは本当に皇帝になったのが原因なの?

関連記事:孫策と関羽は似ている?死に様に見る共通点

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

 

もし孫策が暗殺されなかったら?

呉の小覇王・孫策

 

ここからは妄想になります。もし孫策が刺客の暗殺を切り抜け、生き残ったらその後はどうなったと考えられるでしょうか。

 

袁紹と曹操

 

当時、曹操(そうそう)は「官渡(かんと)の戦い」で袁紹と対峙していました。その時孫策は曹操の本拠地「許都(きょと)」を奇襲する計画を建てていました。

 

郭嘉

 

曹操の側近「郭嘉(かくか)」は「孫策は恨みを買っていたから、無事ではないだろう」と曹操を説得し、袁紹に集中させましたが、もし孫策が生きていたら郭嘉の予言は外れ、孫策は「許都」を急襲するでしょう。

 

曹操にコテンパにされる袁紹

 

史実だと曹操は袁紹を破り、そのまま袁家も滅ぼします。が、孫策に許都を襲われた場合、そちらにも兵を取られ、袁紹には勝つでしょうが相当苦戦したと考えられます。

 

亡くなる袁紹

 

その為、袁紹は死ぬものの、袁家の勢力はある程度残り、中原(ちゅうげん)の地はしばらく戦乱が続くでしょう。

 

後継者を決めるのに困っている劉表

 

孫策は曹操の牽制に成功し、劉表(りゅうひょう)が支配する「荊州(けいしゅう)」も勢いそのまま奪取したのではないでしょうか。

 

関連記事:孫策の許都攻略計画が成功したら三国志はどうなる?if三国志

関連記事:大失敗!孫策の許都襲撃計画と呉を滅亡から救った張紘

 

【三国志の時代の流れを決定付けた重要な戦い】
官渡の戦い特集

 

 

優秀な人材を得て曹操を破る孫策

魏王に就任する曹操

 

孫策が劉表を破り荊州を手に入れたころ、曹操はようやく袁家を滅ぼすことに成功します。そして雌雄を決するために南下を開始します。

 

三国志の主人公の劉備

 

その時荊州には優秀な「劉備」の軍がいました。

 

諸葛亮孔明の天下三分の計に感化される劉備

 

孫策は劉備を警戒し、周囲の反対を押し切り彼を殺してしまいますが、「諸葛亮(しょかつりょう)」という人材を手に入れることに成功します。

 

諸葛瑾

 

諸葛亮は主を殺した孫策の下で働くことを嫌がりますが、孫策には諸葛亮の兄、「諸葛僅(しょかつきん)」がいました。諸葛僅は諸葛亮を3度訪ね、延々と説得し、孫策の配下にすることに成功したのです。

 

赤壁の戦いで敗北する曹操

 

ここに孫策の下には「周瑜」「諸葛亮」といった優秀な人材が集い、彼らの力を得て「赤壁(せきへき)の戦い」にて曹操を破り、曹操の南下を防ぎます。

 

関連記事:杜牧が詠ったIF三国志「もしも曹操が赤壁で勝ったら」

関連記事:陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】

関連記事:【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

 

天下二分される

曹操を追い詰めた馬超

 

周瑜はその後、劉璋(りゅうしょう)が支配する「益州」を獲り、当時「間中」地方に勢力を持っていた「馬超(ばちょう)」と曹操を挟撃する計画を建てていました。

 

亡くなる周瑜

 

計画の最中に周瑜は亡くなりますが、孫策はその遺志を引き継ぎ、馬超が曹操を引き付けている間に、あっという間に劉璋を降伏させ、益州を手に入れます。こうして孫策は中国南部、曹操は中原を支配し、天下は二分されるのです。

 

曹操

 

曹操の「魏」は「北朝」、孫策の呉は「南朝」と言われ、「三国志」・・・ではなく、「南北朝時代」がスタートします。

 

関連記事:馬超が長生きしていたら歴史は変わった?北伐のifストーリーを考えてみた

関連記事:関羽は馬超を敵視したのではなく利用した?関羽の荊州統治と北伐戦略

 

【曹操を二度追い詰めた錦馬超を徹底考察】
馬超特集

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 周瑜と孫策
  2. 于吉、孫策
  3. 諸葛瑾に無茶振りを言う孫権
  4. 孫策、陸遜、顧邵、他
  5. ほっぺたに矢を受ける孫策

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 11月 11日

    陳登は徐州に残留した名士。彼が孫策を殺る動きを見せてるのだから、これを機に諸葛兄弟が張昭と結託して孫策を亡きものにしてから徐州に帰郷する動きを見せる。その方が楽しいかな。
    そしてこの状況を察知した魯粛は徐州閥に与するか周瑜&孫策に与するかで苦悶する(笑)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP