曹操に仕え、呂布に仕えた陳宮、軍師の「最期のとき」と生き様に迫る




 

陳宮の最期

曹操に捕らわれる高順、呂布、陳宮

 

そして陳宮の最期は、三国志演義、そして三国志の中でもかなり上位に入る名シーンです。処刑に向かう陳宮に曹操は声をかけ、どうしてこうなったのかと尋ねると「この男(呂布)が自分の言うことを聞かなかったからだ」と答えます。

 

曹操に対して不信感を抱く陳宮

 

これだけ見れば自分の才能に自信を持ち、それを用いらなかった呂布を蔑む、傲慢な人物にも見えるかもしれません。しかし続く曹操の家族はどうするのかという問いかけに陳宮は「真に天下を治める才覚を持つ者は人の親を殺したり、妻子を殺して家を途絶えさせたりしないものである。母の生死は貴方の手中にあるもので、私にはないものだ」これを聞いた曹操は陳宮を涙ながらに見送り、そして陳宮は曹操を振り返らないまま、処刑場へと向かいました。

 

関連記事:下ヒの戦いで最期を曹操に惜しまれた陳宮、彼は曹操とどんな関係だったの?

関連記事:陳宮の珍エピソード?実は主君・呂布が大嫌いだった?

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 




陳宮と曹操

曹操に仕える陳宮

 

曹操が最後に陳宮に声をかけたのは、どうにかして助けたかったのではないでしょうか。どんな理由があって曹操の元を陳宮が離れたのかは分かりませんが、曹操はかつて自分の下で働いていた陳宮のことは良く分かっていたでしょう。

 

曹操を裏切る陳宮

 

そして呂布の配下となって自分と敵対したからこそ、より陳宮のことを理解していたでしょう。味方していたことだけでなく、敵対していたからこそ、曹操は陳宮のことを良く知っていた。だからこそ最期に声をかけて涙を流したとするならば、曹操にとって陳宮はそうするだけに相応しい人物であったのでは、そう思わずにはいられません。

 

関連記事:陳宮は曹操をどうして裏切ったの?曹操に認められた軍師の謎に迫る

関連記事:陳宮が計画した兗州戦を正史三国志から考察!兗州戦は三つの理由が敗北の原因?

 

【聴きだしたらもう止まらない音声コンテンツ開始】
ながら三国志

 




 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

改めて振り返ると、陳宮は面白い人物です。どれだけでも良く描くことも、どれだけでも悪く描くこともできます。

 

ポイント解説をするセン様

 

しかし過程が不明ながら、その最期はしっかりと記録されている。だからこそ後の世で多くの人の目に留まる人物となったのではないか……そう思えるような、人物ですね。

 

センさんのとぷんver1

 

ちゃぷり

 

参考文献:魏書呂布伝 武帝紀 荀攸伝

 

関連記事:もしも、陳宮が呂布ではなく袁紹を支持して兗州を取らせたらどうなる?【if三国志】

関連記事:陳宮は呂布が大嫌いで殺害を企んでいた!本当は呂布を裏切るつもりでいた陳宮

 

【豪傑を支えた軍師・陳宮】
陳宮

 

 




< 1

2

関連記事

  1. 曹操に捕らわれる高順、呂布、陳宮

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 11月 18日

    陳宮の出身地は兗州東郡東武陽県。そして曹操が袁紹により東郡太守として赴任した時の郡治が東武陽県。

    陳宮と曹操の最初の接点は此処なんじゃないかな?




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“三国志データベース"




PAGE TOP