今週もお疲れ様。実は劉璋に信用されていた法正


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

今週もお疲れ04 法正a

 

はじめての三国志TVをご覧のみなさん、今週もお疲れ様でした。今回のお疲れキャラは法正です。

 

法正と張松

 

法正と言えば、劉璋には重用されず、そのせいで劉璋に愛想を尽かし劉備を益州に引き込んだイメージです。しかし、法正が任命された新都令という役職は県令ではありますが、首都の成都に近い場所にあるのです。

 

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

え?それが何かと思うなかれ当時の常識では同じ県令でも首都に近いほど出世に近いと考えられていたのです。もっとも当時の皇帝は許にいたのですが、事実上の益州の支配者は劉璋なので成都に近い土地を任されるというのは、それだけ信頼されているのでしょう。

 

 

では、どうして法正は重用されなかった事になっているのか?

 

法正

 

野心に燃える法正が県令ごとき軽職では満足せずに上を目指して周囲と衝突して讒言され劉璋に遠ざけられたか?

 

法正

 

正史三国志の編纂者が法正を恩知らずにしたくないので劉璋は重くは用いない事にしたのかどっちなんでしょうね。

 

関連記事:公正な諸葛亮と「法正」の微妙な関係とは?馬謖を斬ったのに漆黒の軍師には甘かった理由

関連記事:劉備を招き入れた法正、その極悪人の評価とは?

 

法正

 

はじ三Youtubeメンバーシップ

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-おつかれさま