公正な諸葛亮と「法正」の微妙な関係とは?馬謖を斬ったのに漆黒の軍師には甘かった理由


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

車に乗る諸葛亮(孔明)

 

諸葛亮(しょかつりょう)は蜀の地を治めるに当たり、法を整え、多くの人に公正に接しました。しかし、「法正(ほうせい)」)についてはちょっと違う対応をしています。今回の記事では諸葛亮の公正なイメージとは反対な法正への対応について考えてみましょう。

 

 

諸葛亮、蜀を治めるにあたり、法を整える

食客に成り下がる劉備

 

ついに蜀の地を手に入れた劉備はよく言えば寛容、悪く言えば適当過ぎなところがあり、それによってチャンスを逃したりもしました。

 

劉備に降伏する劉璋

 

例えば劉表(りゅうひょう)の息子「劉琮(りゅうそう)」を捕えれば荊州(けいしゅう)を手に入れられた可能性がありましたし、劉璋と会談した時に殺していれば戦の必要が無かったなどです。

 

北方謙三 ハードボイルドな孔明

 

諸葛亮はそんな劉備を引き締めるためか、法を厳しく整備しました。役人の心得として『八務』『七戒』『六恐』『五懼』などを制定し、違反するものは劉備の縁者、諸葛亮の友人であっても容赦なく粛清しました。

 

長雨にあたり食料の輸送が間に合わず孔明にバレることを怯える李厳

 

あるものが「法の規制を緩めるべきだ。」と進言しますが、「適当に法を運用した劉璋の時代はどうだったかな。」と失敗した劉璋の事をあげ、法を緩めることをしませんでした。

 

関連記事:伊籍とはどんな人?劉備に忠誠を尽くし法正と蜀の法律を作った法律家

関連記事:曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイスした改革者・高柔

 

 

 

諸葛亮の厳しさとは?泣いて馬謖を斬る

泣いて馬謖を斬る諸葛亮

 

諸葛亮の公正さを示していたのはやはり有名な「泣いて馬謖(ばしょく)を斬る」エピソードでしょうか。

 

馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明

 

諸葛亮は次世代を担う人材として「馬謖」に大きく期待をしていました。

 

敵に囲まれる馬謖

 

しかし、彼は戦場で周囲の制止を無視して水源の事を考えずに山頂に布陣してしまい、結果的に大敗してしまいました。

 

馬謖の失敗に嘆く孔明

 

人材が不足していた蜀にとっては馬謖にもう一度チャンスを与えてもいいくらいでしたが、諸葛亮は法に基づいて容赦なく処刑しました。諸葛亮の公正さは誰もが納得する所であり、この処置にも馬謖本人も覚悟していたようです。

 

馬謖を斬り悲しむ孔明

 

ただ、諸葛亮にも「情」はあり、馬謖の葬儀に参列したり、その息子を罪に問うようなことはせず、待遇はそのままでした。

 

関連記事:馬謖の山登りは王平が原因だった!陳寿が隠した真実?

関連記事:馬謖とはどんな人?十万の蜀兵が泣いた街亭の敗戦の顛末【年表付】

 

馬謖

 

 

しかし、法正には・・・

法正

 

犯罪行為や軍令違反には厳しく対処した諸葛亮でしたが、ある人物に対しては微妙な対処をしています。その相手とは「法正」です。

 

法正

 

先ほど諸葛亮に「法を緩めたらどうだ。」といった人物がいた、と述べましたがその人物こそ法正でした。その時は劉璋の例をあげ、納得させましたが法正と諸葛亮の関係は「公正」とは言えなかったようです。

 

関連記事:龐統と法正は協力し劉備の蜀獲りに参加していた?その役割分担に迫る!

関連記事:法正とはどんな人?劉備に漢中をプレゼントした謀主【年表付】

 

法正

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-法正, 諸葛亮
-, ,