キングダム714話ネタバレ李牧の秘密とは?「思いを力に」レビュー考察

2022年3月24日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし忙しい方にざっくり解答02 kawausoさん

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。714話では李牧の情報操作の全貌が明らかになりました。

とはいえ、あっと驚く内容でもなかったのですが、それでは早速、行ってみようキングダム714話がキターーーー!

kawausoさんのキングダムがキター!

 

※この記事にはキングダム714話のネタバレが含まれますのでご注意下さい

 

 

 

 

キングダム714話ネタバレ「決戦の朝」

三国志 剣閣のお城

 

宜安(ぎあん)の政庁の階段を登る李牧に東の空から朝日が照らします。

本日はいよいよ赤麗から向かってくる桓騎軍との激突の日でした。

最初にカイネとにこやかな挨拶をかわす李牧。

 

カイネ「おはようございます。李牧様」

李牧「皆、そろっていますか?」

カイネ「はい、いよいよですね。」

李牧「ええ、いよいよです。」

 

真顔でアップになる李牧、これが今回の扉絵です。

 

 

 

キングダム714話ネタバレ「李牧様がいるから負けない」

李牧

 

次に宜安の城内の様子です。住民が朝早くから起き出し朝食の準備をしています。

宜安の兵士は、すでに秦軍が赤麗まで来ている事を知っていて、今回の秦と趙の情報量の違いをみせつけます。

 

兵士たちは老人以外の非戦闘員に食事と傷の手当の仕事をお願いしていました。

子供たちのひとりがみんな死んじゃうのと心配そうな顔をします。

兵士は息子と娘を抱きしめて、誰も死にはしない負けるのは秦の奴らだと言い聞かせていました。

 

秦の将軍が、あの恐ろしい首切り桓騎でも、私たちには李牧様がいると、この流れは完全に李牧が正義で秦が悪という流れになっていますね。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム714話ネタバレ「湧き出る趙の新キャラ」

洛陽城

 

次の場面では宜安の司令部で大きな地図を前に考えている李牧軍首脳部が映ります。

注意深く地図を見ると秦軍を包囲している趙軍の図式がよく分かります。

秦が退却できるのは元来た道を戻るだけですが、その場合、散々に追撃され全滅でしょう。

 

李牧軍は、李牧と馬南慈(ばなんじ)舜水樹(しゅんすいじゅ)楽彰(がくしょう)上和龍(じょうかりゅう)、青歌五千将のフーオン、五千将のカイネ、将軍の傅抵(ふてい)、五千将の馬風慈(ばふうじ)、宜安の将軍袁環(えんかん)、雁門将軍骨珉伯(こつみんはく)虎白公(こはくこう)と新顔も含めてメンツを揃えています。

 

そこで、物見より赤麗の秦軍が日の出とともに軍を整えて準備ができ次第、こちらにやって来る模様と報告が入りました。

 

「こちらは十分に準備をしてきました。今さら言葉は必要ないでしょう」

 

李牧の言葉で一同はそれぞれの武運を願い、所定の場所に散っていきます。

 

しかし、李牧を宜安の将軍、袁環が呼び止め宜安の人々にメッセージを求め、李牧も応じました。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

キングダム714話ネタバレ「宜安の勝敗が趙の運命を決める」

ガマンする李牧

 

赤麗では、夜明けと共に秦軍が出撃、桓騎の本隊、楽華軍、飛信隊、壁軍が出陣します。

その頃、宜安では政庁の城壁の上に立つ李牧が宜安の民衆と兵士に言葉を掛けていました。

 

簡単に言うと平陽外で十万を斬首したあの桓騎が率いる14万の軍勢が進軍してきている。

もし宜安が落ちれば、趙の王室は逃げ場を失い、邯鄲が攻略された時に趙は滅びるので宜安の戦いは国の生命線を保つ重要な戦いであるという事です。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-