諸葛亮から曹真に送られたスパムメールの内容とは?【三国志演義】

2022年3月24日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

三国志演義_書類

 

小説「三国志演義」では正史「三国志」とは違う、様々な創作が行われています。今回紹介するのは「三国志演義」において諸葛亮(しょかつりょう)が魏の功臣「曹真(そうしん)」に送った手紙です。

 

呉の諸将を論破する諸葛亮孔明(セリフあり)

 

これが諸葛亮のイメージと違う、酷いスパムメールだったのです。その手紙と、正史「三国志」の史実の曹真の功績についても今回は見てみましょう。

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



諸葛亮が曹真に手紙を送った経緯

三国志演義_書類

 

「三国志演義」においての諸葛亮が手紙を送った経緯を見てみましょう。

過労死する諸葛孔明

 

「魏への北伐の途中で諸葛亮が倒れた」

との報告を受けた曹真らは、蜀の討伐を皇帝曹叡(そうえい)」に進言します。

皇帝はこれを受け入れ、40万もの大軍を蜀征伐に向かわせます。

 

大軍を指揮するのは曹真と司馬懿(しばい)です。

しかし、魏が大軍を動かしたとき、実は孔明の病は回復していたのです。

 

関連記事:対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの?

関連記事:諸葛亮の真の宿敵は曹真だった?孔明の北伐を阻止した魏の英雄の活躍

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

 

 

孔明、長雨を予想し、魏軍の撤退を確信する

雨の中進軍する曹真

 

蜀軍では魏の大軍に恐れをなしていましたが、孔明(こうめい)は冷静でした。孔明は天文の知識があり、もうすぐ大雨、長雨がやってくることを予想していたのです。実際に長雨が到来し、がけ崩れでの進軍の困難や、食料の不足が発生し始め、魏軍は撤退を余儀なくされます。

 

関連記事:曹操の親衛隊「虎豹騎」とは?曹休と曹真が所属した虎豹騎はその後どうなった?

関連記事:曹真とはどんな人?蜀を滅ぼす計画を立てた魏の大将軍の生涯に迫る

 

呂布

 

 

司馬懿と曹真、賭けをする

司馬懿

 

魏軍が恐れていたのは蜀の追撃でした。弱っていたところを襲われてはひとたまりもありません。しかし、一向に追撃される気配はありません。

 

司馬懿は諸葛亮の追撃を予想しますが、曹真は信じず、二人は賭けをします。もし追撃が無かったら、司馬懿が女装して曹真にひれ伏し、もし追撃があった場合は名馬を贈ると曹真は約束したのです。

 

関連記事:趙雲の最後の戦い!第1次北伐における箕谷の戦いに迫る

関連記事:曹真大雨に泣く!蜀を滅ぼす好機を逸した子午の役

 

魏のマイナー武将列伝

 

曹真敗戦で病に伏せる

曹真

 

司馬懿の予想通り、追撃はあったのです。諸葛亮は魏の兵に偽装した伏兵を曹真の陣に送り込み、彼の軍を散々に打ち破りました。曹真は危機一髪のところを司馬懿に救われます。

 

そして「賭けに負け、多くの将兵を死なしてしまった、すまん。」と司馬懿に謝罪します。

 

流星を見た司馬懿

 

しかし司馬懿は「私が賭けをしたのは曹真さまを引き締めるためです。」とフォローをしました。しかし、曹真はこの時に受けた傷がもとで病に臥せってしまうのです。

 

関連記事:曹真の有能ポイントはどこ?「攻め」か「守り」かそれとも?

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

 

諸葛亮、スパムメールを曹真に送る

孔明による出師の表

 

蜀でも曹真が病に()せっている情報をキャッチしました。しかし、その病が重いのか、軽いのかがわかりません。それによって今後の戦略が変わってくるのです。

 

そこで諸葛亮は曹真に手紙を書くことにしました。それは曹真が激怒するような酷い手紙を送り、もし曹真が怒り、兵を出して来れば病は軽く、出してこなければ病は重い、という理由でした。

 

関連記事:曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~

関連記事:諸葛亮ブチギレ!曹真の凄さが分かる!街亭の戦いと北伐での圧勝

 

三国志主要戦図一覧

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-諸葛亮
-, ,