キングダム727話ネタバレ編集長久々の突っ込み!「桓騎の鉞」レビュー考察

2022年7月21日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なしオンライン授業の講師を務めるkawauso編集長

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム727話では、雷土に続き桓騎軍の主要メンバーから犠牲者が出ました。なんとか李牧の包囲は突破したものの、桓騎の失ったモノは大きいでしょう。

 

kawausoさんのキングダムがキター!

 

それでは行ってみよう!キングダム727話がキターーーーー

 

こちらの記事にはキングダム727話のネタバレが含まれます。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



キングダム727話ネタバレ「矢を跳ね返すゼノウ一家」

三国時代の弓兵(兵士)

 

快進撃を続けるゼノウ一家ですが、趙軍もそこまでバカではありません。ある程度、距離を取ってゼノウ一家に矢を放つ遠距離攻撃に出ました。いかに強くても人間であるゼノウ一家、雨あられと降り注ぐ矢に一時動きが停止します。

 

緊張が走る桓騎軍のメンバーですが、桓騎が笑みを漏らすと同時にハリネズミのゼノウ一家が再び動き出しました。

 

信じられないという表情の趙軍ですが、ゼノウ一家は何事もなかったかのように前進を開始します。しかし、桓騎の表情は口元の笑いとは逆に暗く虚ろなものになっています。

 

キングダムネタバレ考察

 

 

 

キングダム727話ネタバレ「包囲を突破し全滅するゼノウ一家」

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

趙軍の兵士を血祭りにあげるゼノウ軍の姿に李牧もモブ幕僚も驚愕の表情を浮かべます。そして、周囲が暗闇に包まれる頃、桓騎の一団は趙軍の包囲を突破しました。

 

絶望からの生還を果たして喜ぶ桓騎軍ですが、先頭を走っていたゼノウ一家は、緊張の糸が切れたようにバタバタと馬から落ちていきました。本当はとっくに限界を超えて戦っていたようです。

 

摩論がゼノウ一家の全滅を桓騎に伝えると、桓騎は全て知っていたかのように無言でどこかを見つめています。この表情は、雷土がバラバラに斬り刻まれて死んだのを見た時のあの表情です。これから殺戮の嵐が吹き荒れるそんな予感がします。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

 

キングダム727話ネタバレ「李牧の言い訳大作戦」

李牧

 

モブ幕僚が李牧に桓騎が包囲を突破したと分かり切った事を報告しました。李牧は舜水樹と虎白公に包囲を抜ける事が出来なかった桓騎軍を掃討殲滅するよう命令を出します。

 

幕僚達は、桓騎を追わなくていいのかと再度質問しますが、李牧は「今回の包囲突破はゼノウ一家を温存した桓騎の作戦勝ちだ」と述べた後、「ゼノウ一家のパワーは蒙武に匹敵するので馬南慈の騎兵を投入すれば、あるいは足を止められたかも知れないが馬南慈も死んだかも知れないので投入するのは躊躇した」と

 

簡単に言うと桓騎に包囲を突破された負け惜しみを言い出します。

 

 

孔門十哲

 

 

キングダム727話ネタバレ「さらに続く李牧の言い訳」

 

李牧は「馬南慈はまだ使い道があるから、ここで殺すわけにはいかなかった」と言い訳

 

逃げた桓騎については「包囲網が何重にも張り巡らされているので桓騎は生きて秦に戻る事はできない」と希望的な観測を口にしてお茶を濁しました。

 

ポカンとしているモブ幕僚に対しては「重要なのは桓騎軍の壊滅により、秦の趙滅亡作戦は破綻した事でそれを喜べ!」と豪語し、今日の朝まで秦軍は包囲を突破できないとドヤ顔宣言した過去発言隠滅に走ります。

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-