キングダム760話ネタバレ確定速報「変わらないもの」レビュー考察

2023年6月8日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし 呂布のラストウォー 呂布

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム

760話では李信が人の本質は善でも悪でもなく「火」であると言った続きが語られます。人間の本質が火とはどういう意味なのか?そして韓非は秦へ向かうのか?今回で全てが明らかになります。それでは行ってみよう!キングダム760話がキターーーー

kawausoさんのキングダムがキター!

 

この記事にはキングダム760話のネタバレが含まれます。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



キングダム760話ネタバレ「李信の経験」

李信(キングダム)

 

李信は人の本質について火だと説明した後に、自分の体験談を語ります。

最初、李信は秦王嬴政の弟の成蟜を憎んでいました。それは成蟜の王位への野望のせいで幼馴染の漂や仲間が殺されたからです。しかし時が過ぎると成蟜は改心して嬴政の右腕となり、自分の妻を守る為に敵の刃に倒れました。李信は、この時には成蟜の事を悪人だとは思えなくなっていました。

 

キングダムを100倍楽しむ

 

 

 

 



人を善悪で分けるのは無意味

 

また、桓騎も最初に出会った時は、何度殺そうと思ったか分からないクソ野郎の悪党と感じましたが、桓騎の残虐行為には社会に見捨てられ虐げられる弱い者たちを守り、それを見て見ぬふりしてきた大多数の人間に対する怒りがあったのだと理解しました。李信は善悪は視点を変えてしまえば簡単に入れ替わってしまうもので、また時間の経過で変化するので人を善と悪でレッテル貼りするのは無茶だと言います。

 

人は命と思いの炎を持つ

矛を持った信

 

李信は善悪のレッテルではなく、人間は誰でも持っている2つの火があると言います。それは命の火と思いの火です。人間はそれぞれ、なんらかの思いの火を持っていて、戦場ではこの2つの火をぶつけあって戦うと李信は言いました。

 

そして、戦場では敗北した方が命の火を燃やし尽くして死にますが、思いの火は消えず、勝利した人間の思いに受け継がれると言います。秦が苦戦している李牧も、これまで倒してきた人間の思いを背負っているから強い、だがいつかは李牧は俺がブッ倒して、李牧の思いの火を受け継ぐと李信は答えました。命の火は消えても、思いの火は受け継がれて残り、それはやがて一つの大きな火となり、中華統一へ突き進むというわけです。

 

キングダムネタバレ考察

 

 

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-