魯粛の煽動!孫権が決断した○○の戦いの[真実]

2024年5月12日


魯粛

 

 

周瑜(しゅうゆ)の親友で孫呉の二代目大都督(だいととく)魯粛(ろしゅく)。そして魯粛や周瑜の君主として孫呉をまとめていた孫権(そんけん)。そして魯粛が孫権を(あおら)らなければ三国志の時代に起きた戦いの中でも一番重要な戦い赤壁の戦いは起きなかったでしょう。

 

 

はじ三倶楽部 スマホの誤変換でイライラする参加者(はてな)

 

 

どうして魯粛が孫権を煽らなけらば赤壁の戦いが起きなかったのか紹介したいと思います。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



どうして魯粛が孫権を煽らなければ、赤壁の戦いは起きなかったのか。

曹操

 

赤壁の戦いが起きた理由は魯粛が孫権を煽ったからと上記で紹介しましたが、どうして魯粛が孫権を煽らなければならなかったのでしょうか。そもそも赤壁の戦いは周瑜が孫呉の反戦論を抑えて、曹操と戦う主戦派を会議の主流にしたことがきっかけで孫権が曹操と戦う決意をしたのも赤壁の戦いが起きた理由の一つと言えるでしょう。。

 

周瑜

 

しかし周瑜が反戦論を抑え主戦派を主流にして孫権を決断させたのは赤壁の戦いが起きた理由の一つに過ぎません。では孫権が赤壁の戦いをしようとした理由は他に何かあるのでしょうか。それは今回のテーマである魯粛が孫権を煽ったことで孫権が曹操と戦う決意をすることになったきっかけと言えると考えられます。でもその前に孫権が決断することになった経緯を紹介していきましょう。

 

 

曹操の大軍が荊州をやって来た!!

劉備を追う曹操

 

曹操は袁紹(えんしょう)を倒し、河北全域を手に入れることに成功すると大軍を率いて荊州へ。魯粛は曹操が大軍を率いて荊州へやってきたことを知ると孫権へ「劉表(りゅうひょう)の息子達と同盟を結べるのかどうか探ってきたいと思いますので、弔問(ちょうもん)の使者として私を荊州へ行かせてください」と進言。孫権は魯粛の進言を採用して荊州へ行かせることにします。

 

こうして魯粛は荊州へ急いで向かいますが、彼が荊州に入った所で荊州はすでに曹操に降伏している事を知ります。

 

 

目標を変更

孫権と劉備を引き合わせる魯粛

 

魯粛はすでに荊州が曹操に降伏している事を知ると、どうすればいいか考えます。その結果、魯粛は劉表の元に身を寄せていながら、荊州の降伏に反対した劉備(りゅうび)を思い出します。そして魯粛は劉備がどこにいるのかを調べさせた結果、当陽にいるとの知らせが入ります。魯粛は直ぐに当陽へ向かい劉備と会見することに決めます。

 

 

劉備と同盟することに決めた魯粛

劉備と同盟することに決めた魯粛

 

魯粛は当陽で劉備率いる軍勢を発見すると直ぐに劉備へ会見を申込みます。劉備は快諾し魯粛と会見することに。魯粛は劉備と会見すると「孫権と一緒に力を合わせて曹操と戦おうではありませんか。」と孫呉と同盟するように提案。劉備は魯粛の提案を快諾し、夏口に到着すると孫呉の使者として諸葛孔明を魯粛につけて送り出すのでした。

 

 

迷う孫権を煽る魯粛!!

孔明と魯粛

 

孫権は魯粛が連れてきた諸葛孔明(しょかつこうめい)と会見し色々とアドバイスを受けることに。孫権は孔明との会見を終えると武将や文官を呼んで会議を開き、曹操と対決するのか否かの話し合いを行います。この時武将や文官は「曹操に降伏するのが良い」との意見を出します。

 

後継者争いで悩む孫権

 

孫権はこれらの意見を聞いて迷ってしまい決断できずに便所に行って少し気分転換をすることに。魯粛は孫権の跡をついて行って、孫権が便所から出てくるところを見計らって一言述べます。魯粛は孫権へ「曹操は強敵と言えるでしょう。袁紹の勢力を吸収したばかりで兵は精鋭であり、士気も高くそのままの勢いで来れば孫呉など一撃で敗北してしまうかもしれません。そこで殿にはご家族を鄴へ家族を送れば今後の生活は安泰となるでしょう。」と意見を述べます。

 

孫権

 

すると孫権は激怒し魯粛をぶった斬ろうと剣を抜くと魯粛が「曹操に降伏したくないと考えるのであれば、私を斬り殺すよりも先に劉備へ兵力を送ってあげるべきではないのでしょうか」と反論。孫権は魯粛の意見を聞いて納得し、会議の席で曹操に抵抗することを発表することになるのでした。こうして魯粛が孫権を煽ったおかげで赤壁の戦いが勃発することになるのでした。

 

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

もし魯粛が孫権を煽らなければどうなっていたのでしょうか。ちょっと妄想してみましょう。孫権は武将や文官の意見が「曹操に降伏すること」を進言。しかし周瑜や魯粛、諸葛孔明は曹操と戦うべしと進言してきます。

 

呉の孫権

 

孫権は魯粛達の意見を採用したいと思っているでしょうが、反戦論が圧倒的であり、この大多数の意見を採用してしまうかもしれません。または迷いに迷い戦をすることに最終的は決めますが作戦を練っている時間が少なく曹操軍に蹴散らされてしまうかもしれません。

 

会見に出たがらない孫権

 

ここまではレンの妄想ですが、どちらにしても孫権が迷っているままではいい事は何一つとしてありません。レンのように妄想を膨らませるのであれば、魯粛が孫権に発破をかけた事で曹操と戦うことの決意をズバット決断することなった要因の一つと考えることができるのではないのでしょうか。

 

参考 ちくま学芸文庫 正史三国志呉書等

 

▼こちらもどうぞ

【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-外部配信