伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

水滸伝って何? 書類や本

 

中国の歴史において、現在もっとも古い実在した王朝は、殷王朝だとされています。

ですが、この殷王朝も、かつては伝説の国だと思われていたのです。


伝説の王朝が正式な歴史になった理由

殷の大様002

 

1900年ごろ、研究者の王懿栄という人が、漢方薬店で薬として売られていた骨に文字が書かれているのを発見し、それがきっかけで、殷墟という殷の遺跡が見つかり、殷王朝は実在したのだとわかりました。

 

夏

 

中国国内には、まだ眠っている遺跡がたくさんあります。もしかすると、現在伝説とされている「夏王朝」も、近い未来に正式な歴史となるかもしれません。そこで、近年の発掘調査で興味深い遺跡を二つ、ご紹介したいと思います。


二里頭遺跡

 

河南省偃師市の二里頭村の宮殿遺跡です。1960年頃の大規模な発掘調査で、大宮殿跡が見つかりました。調査の結果、紀元前1800年から紀元前1500年頃のものと見られ、もしかすると、夏王朝の遺跡なのではないかと注目されています。

 

歴史書と適合するような文字資料が見つかっていないため、ここが夏王朝のものだと断定することはできません。しかし、今後の調査しだいで、中国最古の王朝遺跡として認められる日がくるかもしれません。


西高穴二号墓

曹操のお墓(曹操高陵)

 

 

河南省安陽市の西高穴村の墓遺跡です。2009年に調査により、三国志の英雄、曹操の墓であると発表されました。二号墓からは、3人分の遺骨が発見されました。1人は男性、2人は女性のものでした。男性の年齢は、鑑定の結果60代であり、曹操の死亡年齢66歳と適合しています。

 

曹操

 

また、「魏武王」と書かれた石碑が8点出土したことも、墓の主人が曹操であることを裏付けているといいます。しかし、上海復旦大学の研究所が、DNA鑑定をしたいと申し出たところ、遺体の引き渡しは断られたそうです。というのは、この研究所では、現在残っている曹操の子孫の人たちや、曹操の大叔父の歯を調査した結果、曹家特有の染色体を見つけていたのです。

 

このことから、西高穴二号墓が曹操の墓であるという発表には、いまだ疑問が残る状態となっています。

 

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だった?

関連記事:殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた『封神演義』

 

関連記事

  1. 亡くなる袁紹

    デザイン担当:よりぶりん

    曹操の北伐~袁氏の滅亡~

    官渡の戦いで袁紹軍を打ち負かした曹操ですが、戦いが終わ…

  2. 不老不死を求める始皇帝
  3. 同年小録(書物・書類)
  4. 蔡瑁

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP